投稿】戦争法案採決阻止を闘って/ジグザグ会

投稿 今年の夏の安保法制関連法案採決阻止・安倍政権打倒の闘争では、国会前に多くの人びとが結集した。私たち反原発ジグザグ会は、7月中旬の衆院強行採決阻止闘争と9月中旬の参院採決阻止闘争を闘った。とりわけ参院に焦点が移った8月以降の闘争では、ハンガーストライキにより法案制定の阻止と安倍政権打倒を訴える学生ハンスト実行委員会のハンスト闘争を全力で支えるという方針のもと、反安保法制闘争を闘い抜いた。

学生ハンスト実行委員会

学生ハンスト実行委員会

 学生ハンスト実の闘いは、この夏の反安保法制闘争に明確な分岐をつくりだした闘いだった。すなわち、警備公安警察との24時間の睨み合いと妨害という緊張関係の中で、ドクターストップがかかるまでの7日間にわたって続けられた壮絶な国会前ハンガーストライキは、一方でネット上でのネトウヨどもによる執拗なまでの猛反発をひきおこしたが、それ以上に国会前での予想以上の共感・連帯の広がりを生み出し、国内外のマスコミにも大きく取り上げられたのだ。それによって警察もうかつに手が出せない状況がつくりだされた。

 さらには、「ただ国会前でシュプレヒコールを挙げているだけで良いのだろうか?」という素朴な苛立ちを持つ参加者に、非暴力・不服従・直接行動といった一定の方針と明確な方向性を示すことで、戦闘的に闘えば闘うほど仲間が増えていく好循環がうまれた。ハンスト終了後の9月6日の辺野古連帯国会包囲闘争、さらには中旬以降の闘いでは、ハンストをはじめとする運動の中で出会った多くの仲間たちと、国会前での座り込み行動を共同し「沖縄のように闘おう!」という方針を、運動に参加する人々に実践をもって提起することができた。

9月16日の攻防

9月16日の攻防

 9月中旬(16日)の国会正門前大量逮捕は、もっとも戦闘的に闘っていた中心的な仲間への狙い撃ち弾圧、運動潰しであった。8月30日、9月14日と国会正門前の10車線ある車道が完全に人びとにより占拠されたこと、地方公聴会(新横浜)の会場周辺も抗議参加者の座り込みにより車道が封鎖されたことは、警備警察にとって由々しき事態と受け止められたようだ。それにたいする報復弾圧が9月16日の13名不当逮捕だった。公安警察の指揮者が次々と学生実のメンバーを指差して隊列から暴力的に引きずり出し、無抵抗の人間の顔を殴りつけて連行するという、もはや隠そうともしないあからさまな政治・思想弾圧だった。

 ジグザグ会も当初より弾圧された仲間たちへの救援活動を支え、警察署に不当に勾留されている仲間を激励する行動に積極的に参加した。逮捕によりかえって運動が広がる様相が生み出される中、9月25日には救援の仲間や弁護士の尽力もあって、勾留延長がついていた仲間も含め全員の早期解放を勝ち取ったのである。
0925奪還集会 奪還報告集会には、ツイッターなどで急を聞いて駆けつけた人々が、急ごしらえの狭い会場に100名以上集まって入りきれない状態となり、もはや私たちの運動がこの程度の大量逮捕ではびくともしない質と広がりを持ちつつあることを示した。
 何よりもこの勝利は、不当弾圧の被害者が獄中でもひるまず非妥協・不服従を貫いたことによってはじめて可能となったものであり、彼らの勇気ある行動と態度は、弾圧に負けない運動つくりのためにも広く共有されるべき事実である。

 反原発ジグザグ会は、安保関連法案が制定されてしまった現在も闘い続けている。当面の課題は、沖縄辺野古の基地建設を阻止する闘いへの連帯である。この闘いに勝利しなければならないし、この闘いは勝つことができる。安保関連法の具体化、安倍政権の戦争遂行に歯止めをかける闘いとして、また、私たちが反原発運動をはじめた原点である「他人を犠牲や踏みつけにして得られる『平和』も『繁栄』もまやかしであり、それを拒否する」という運動の初心に今一度たちかえり、沖縄辺野古連帯の闘いを、安保法制反対の中で新たに合流した仲間たちとともに担っていきたいと考える。(反原発ジグザグ会)

『コモンズ』89号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 帝国憲法を発布する明治天皇

    2018-12-25

    特別連載】天皇制と闘うとはどういうことか(5)/菅孝行(評論家) 第五回 近代天皇制の起源・展開・終焉

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る