書評「砂川判決と安保法制」/まっぺん(コモンズ編集局)

土屋源太郎・著「砂川判決と安保法制―最高裁判決は違憲だった!」 (情況ブックレット)

土屋源太郎・著「砂川判決と安保法制―最高裁判決は違憲だった!」 (情況ブックレット) この本の「基金公文書の発見」の冒頭をまず引用してみる。

 「それは偶然の発見だった。二〇〇八年四月、国際問題研究者の新原昭治は、メリーランド州にあるアメリカ国立公文書館で、日米安保条約関連の解禁文書の調査を行なっていた。
 明日で調査も終わりという日のことである。手にしたファイルの中に「SUNAKAWA」という文字が飛び込んできた。これは砂川事件のことだろうか……。

 思わず手にしたファイルは、まがうことなく一九五〇年代後半の砂川闘争およびその裁判に関する外交資料だった。米軍駐留が合憲か違憲かをめぐって争われた、あの砂川裁判の公文書がアメリカに残っている。資料のコピーをホテルに持ち帰り、夜通し目をとおした。それは司法を巻き込んだ日米の密議だった。

 まちがいない。あの逆転有罪判決は、アメリカの外交圧力によるものだったのだ。アメリカ大使館(マッカーサー大使=ダグラス・マッカーサー二世)や在日米軍司令部(バーンズ将軍)はいうにおよばず、国務省・国務次官・国防総省、ひいてはホワイトハウスまでがこれに関与していたのは疑いない。日本側は藤山愛一郎外務大臣が窓口となり、一審判決(いわゆる伊達判決)ののち、なぜか東京高裁への控訴ではなく、いきなり最高裁に跳躍上告された。あの不可解な跳躍上告の謎を、いま目のまえにある公文書が明瞭に語ってくれているのだ。

 (略)読みすすむにつれて、新原はこの公文書のもつ政治的な衝撃に興奮した。国とアメリカ側が伊達判決をくつがえそうとするのは当然だが、なんと最高裁の田中耕太郎裁判長までがマッカーサー大使およびレンハート主席公使と密会して、判決の内容と時期をうち合わせているではないか――――。」

 まるでテレビのドラマでも観ているような驚愕すべき「世紀の謎」発見の瞬間である。発見者の興奮がリアルに伝わってくる。日本の最高権力機関による政治犯罪がこのパンフレットには、詳細に紹介されている。

 アメリカではどのような公文書も50年後には必ず国民の前に公開されなければならない。少なくとも国民主権と民主主義が尊重される国である証拠だ。それが今回の砂川裁判のウラの事情を暴露するきっかけとなった。しかし日本ではこの事実を突きつけられても政府は居直りを続けている。日本の民主主義がいかに形式主義で無内容であるかを示す資料だ。

『コモンズ』88号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 軍事施設として建てられた靖国神社

    2019-5-22

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(1)/菅孝行(評論家) 天皇制国家にいかにして始末をつけるか

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 〈資本VS労働〉の大きな分岐点 資本主義の根幹揺るがす関生産別労働運動戦後最大の弾圧は労働運…
  2. 反緊縮積極財政を市民側施策の中心に  コモンズ136号既報の通り、10月27…
  3. 国有地売却額不開示 二審も違法認定…1月6日国側上告断念  学校法人森友学園への国有…
  4. 国会政党へ弾圧事件の存在と真相を知らせる<公開質問書>急ぐ  いま腐敗の極みにある首…
  5. オール沖縄とともに辺野古新基地阻止へ安倍政権は破綻した新基地を断念すべきだ  1月1…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 2020-2-25

    新年労働者座談会<下> 関生弾圧のピンチをチャンスに「当り前の労働運動」を守り、反転攻勢へ

  2. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

  3. 2020-1-29

    香港からの報告(1)協力と緊張~香港デモにおける非暴力派と直接行動派

  4. 2020-1-10

    新年労働者座談会<上>「関西生コン支部弾圧事件」の背景と本質、労働運動再生と反撃の展望を語る

  5. 2019-12-26

    120名超える議員が全国から賛同 関生労組への大弾圧に反対する自治体議員の声明から一ヶ月

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る