書評「砂川判決と安保法制」/まっぺん(コモンズ編集局)

土屋源太郎・著「砂川判決と安保法制―最高裁判決は違憲だった!」 (情況ブックレット)

土屋源太郎・著「砂川判決と安保法制―最高裁判決は違憲だった!」 (情況ブックレット) この本の「基金公文書の発見」の冒頭をまず引用してみる。

 「それは偶然の発見だった。二〇〇八年四月、国際問題研究者の新原昭治は、メリーランド州にあるアメリカ国立公文書館で、日米安保条約関連の解禁文書の調査を行なっていた。
 明日で調査も終わりという日のことである。手にしたファイルの中に「SUNAKAWA」という文字が飛び込んできた。これは砂川事件のことだろうか……。

 思わず手にしたファイルは、まがうことなく一九五〇年代後半の砂川闘争およびその裁判に関する外交資料だった。米軍駐留が合憲か違憲かをめぐって争われた、あの砂川裁判の公文書がアメリカに残っている。資料のコピーをホテルに持ち帰り、夜通し目をとおした。それは司法を巻き込んだ日米の密議だった。

 まちがいない。あの逆転有罪判決は、アメリカの外交圧力によるものだったのだ。アメリカ大使館(マッカーサー大使=ダグラス・マッカーサー二世)や在日米軍司令部(バーンズ将軍)はいうにおよばず、国務省・国務次官・国防総省、ひいてはホワイトハウスまでがこれに関与していたのは疑いない。日本側は藤山愛一郎外務大臣が窓口となり、一審判決(いわゆる伊達判決)ののち、なぜか東京高裁への控訴ではなく、いきなり最高裁に跳躍上告された。あの不可解な跳躍上告の謎を、いま目のまえにある公文書が明瞭に語ってくれているのだ。

 (略)読みすすむにつれて、新原はこの公文書のもつ政治的な衝撃に興奮した。国とアメリカ側が伊達判決をくつがえそうとするのは当然だが、なんと最高裁の田中耕太郎裁判長までがマッカーサー大使およびレンハート主席公使と密会して、判決の内容と時期をうち合わせているではないか――――。」

 まるでテレビのドラマでも観ているような驚愕すべき「世紀の謎」発見の瞬間である。発見者の興奮がリアルに伝わってくる。日本の最高権力機関による政治犯罪がこのパンフレットには、詳細に紹介されている。

 アメリカではどのような公文書も50年後には必ず国民の前に公開されなければならない。少なくとも国民主権と民主主義が尊重される国である証拠だ。それが今回の砂川裁判のウラの事情を暴露するきっかけとなった。しかし日本ではこの事実を突きつけられても政府は居直りを続けている。日本の民主主義がいかに形式主義で無内容であるかを示す資料だ。

『コモンズ』88号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 卑劣な組合攻撃を許さない報告集会(東京)

    2018-3-18

    差別・排外集団を使った労組攻撃に負けず たたかい抜く連帯労組・関生支部 これは安倍政権の「働き方改革」-過労死・労組解体攻撃の先取りだ

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 2019日比谷メーデー ジグザグ会
     5月1日、今年も第90回になる日比谷メーデーが6300人の参加で開催されました(詳報次号…
  2. 新年天皇一般参賀(2019)
    ■ 編集後記  コモンズ4月号をお届けします。なお、今号は、統一自治体選挙のため、発行日を前倒…
  3. 淵上太郎さん
    昭和ファシズムそして令和を重ねあい 新元号また忖度をする輩 令和とは民に命令下す気か …
  4. 淵上太郎さん
     去る3月20日朝、私たちの大切な仲間である淵上太郎さんがご逝去されました。  淵上太郎さ…
  5. 辺野古新基地断念を!3・19国会議員会館前行動
    辺野古新基地建設は断念を! 政府は沖縄の民意に従え! 安倍9条改憲 NO! 憲法審査会を始動させる…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

  2. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

  3. ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

    2019-4-5

    ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

  4. bansky ther is always hope

    2019-3-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(8)/菅孝行(評論家) 国家への幻想を超える隣人相互の信認の形成へ

  5. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る