山城博治さんが多田謡子反権力人権賞を受賞!

第27回「多田謡子反権力人権賞」受賞発表会 12月19日、東京御茶の水の連合会館で、「多田謡子反権力人権賞」受賞発表会が行われた。第27回となるこの日、伊方原発反対の運動を続けてこられた斉間淳子さん、日本軍「慰安婦」問題解決に向けて長年がんばってこられた方清子(パンチョンジャ)さん、そして沖縄の平和運動を担ってきた山城博治さんが受賞した。斉間さんは、残念ながら同日は現地で大事な用があり出席できなかったが、ビデオレターで参加した。

 悪性リンパ腫に冒され10月に退院したばかりで体調が心配されていた山城さんが受賞あいさつで登壇した時、会場内は地響きのような喜びの拍手が湧き起こった。
 山城さんは、まず衆議院議員の照屋寛徳さんが毎週お見舞いに来られたことや、全国から沢山の手紙や折り鶴が届けられた事を報告しお礼を述べたあと、沖縄の問題について話した。パンチョンジャさんが語った朝鮮人差別の実態を例に出して「沖縄も同じだ。戦後、14万人も沖縄の人たちを殺した責任や謝罪のことばは一言もない」と日本政府を糾弾し、その態度は今も続いていると語った。

 またオール沖縄結成大会に翁長知事が登場したとき、会場は総立ちで迎え、割れんばかりの拍手で迎えたと語り、知事のもとに県民が一丸となって団結し突き進んでいる様子を語ってくれた。そして本土での闘いに対しても「安倍の猛威にあきらめてはならない。勇気を持って起ち上がろう」と語った。

第27回受賞発表会 2015/12/19


多田謡子反権力人権基金サイトより


1.第27回「多田謡子反権力人権賞」受賞者の決定

 2015年10月下旬の運営委員会において、14団体・個人の推薦候補者の中から下記の方々が第27回受賞者に決定されました。受賞者の方々には12月19日(土)の受賞発表会で講演していただき、多田謡子の著作「私の敵が見えてきた」ならびに賞金20万円が贈呈されます。

● 斉間淳子さん (伊方原発反対の闘い)
● 方清子(ぱんちょんじゃ)さん (日本軍「慰安婦」問題解決のための闘い)
● 山城博治さん (沖縄における平和運動)

2.受賞発表会の開催

第27回「多田謡子反権力人権賞」受賞発表会

受賞発表会の模様

 受賞者の皆さんをお迎えして、12月19日(土)、東京・連合会館において受賞発表会を開催します。受賞者の方々には講演をお願いしています。参加費は無料です。本年も多数の皆さんのご参加をお待ちしております。

3.受賞者を囲むパーティー

 受賞発表会の終了後、引き続き同じ会場で、午後5時から7時をめどに、受賞者を囲んで懇親会を開催します。参加費は無料です。パーティーのみのご参加も歓迎いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第27回多田謡子反権力人権賞受賞者選考理由
2015/11/03

● 斉間淳子さん(伊方原発反対の闘い

斉間淳子さん第27回「多田謡子反権力人権賞」受賞発表会《受賞理由》
 斉間淳子さんは、伊方原発から直線距離で約10kmの八幡浜市に居住し、1981年9月におきた伊方原発近海での魚の大量死をきっかけに、子どもたちを守りたいという気持ちから、原発反対運動を始めました。チェルノブイリ原発事故後の1988年2月、四国電力が伊方原発の出力調整実験を行うことを発表したのに対し、斉間さんが中心となって「八幡浜・原発から子どもを守る女の会」を結成し、伊方町へのビラ入れや反対署名を繰り広げ、全国的な反対運動の広がりを地元で支えてきました。
 地元で反対運動を続ける斉間さんに対しては、匿名の人物からの脅迫電話や嫌がらせの手紙、ニセ注文などの卑劣な嫌がらせが続けられましたが、斉間さんはこれに屈することなく闘いを続け、現在も、伊方原発3号機再稼働反対運動の中心的存在となっています。安倍政権と原発推進派が、川内原発に続き伊方原発3号機の再稼働を目論み、今後も厳しい状況が予測される中、さらなる闘いの継続と昂揚に期待して多田謡子反権力人権賞を贈ります。

● 方清子(ぱんちょんじゃ)さん (日本軍「慰安婦」問題解決のための闘い)

方清子(ぱんちょんじゃ)さん第27回「多田謡子反権力人権賞」受賞発表会《受賞理由》
 日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク(関西ネット)の共同代表である方清子さんは、日本でまだ「慰安婦」問題が広く知られておらず、取り組みもなかった1990年代はじめから、在日の女性としての主体性をかけて、日本軍「慰安婦」問題解決のために闘ってこられました。2009年に結成された関西ネットは、政府に誠実な対応を求める自治体意見書運動や大阪駅前の水曜デモ、被害者自身を迎えての集まりなど、様々な闘いを取り組んでいます。
 困難の中で立ち上がった被害者と支援団体は、日本政府が国の関与を明確に認め、謝罪し、賠償することなどを求めていますが、安倍政権は歴史を歪曲する動きを強め、「慰安婦問題は法的に解決済み」として、日本政府の責任を否定し続けています。
 在特会など右派勢力による差別的言辞の横行や暴力的な妨害など、日本社会に拡大する排外的土壌のなかで、困難に立ち向かい、戦時性暴力の連鎖を断ち切るために闘い続ける方清子さんに、心からの連帯と、共に闘う決意を込めて多田謡子反権力人権賞を贈ります。

● 山城博治さん(沖縄における平和運動)

山城博治さん第27回「多田謡子反権力人権賞」受賞発表会《受賞理由》
 サンフランシスコ講和条約で沖縄が米国に売り渡された1952年、山城博治さんは米軍基地が集中する沖縄中部の旧具志川市に生まれました。「銃剣とブルドーザー」と象徴される軍事基地が沖縄の人々に与えた数々の苦渋を肌で感じながら、米軍政府、さらに日本政府の国策と向き合ってきました。沖縄県職員として、日本政府の「日の丸・君が代」強制と闘い、その後沖縄県平和運動センター事務局長として反基地闘争の最前線に身を投じ、新たな基地建設阻止のために奔走し奮闘する日々を送っています。
 東村高江のヘリパッド建設工事阻止の闘い、オスプレイ配備阻止のための普天間基地ゲート4日間の座り込み完全封鎖。そして今まさに、日本政府が新基地を建設しようしているキャンプ・シュワブ(辺野古)ゲート前、そこには常に山城さんの姿があります。
 山城さんのリーダーシップのもと、辺野古では市民と労働者が自主的に集い、信頼と友情による新たな島ぐるみの連帯を生み出しています。悪性リンパ腫との闘いにも勝利して、辺野古ゲート前に立ち続けることを期待して、多田謡子反権力人権賞を贈ります。

『コモンズ』91号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-4-17

    関生労組の歴史と日本労働運動の未来(上)/木下武男(元昭和女子大教授)

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 書評『中国の情報化戦争』ー米中戦争の熱い核心に迫る
    本書は、アメリカの保守系シンクタンクの中国系米国人研究者が人民解放軍の軍事戦略・情報化戦争を解析した…
  2. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」
    反安倍政権の大衆運動を展開してきた勢力の支配的言論は、何故かくも天皇に対して恭(うやうや)しいのだろ…
  3. 中国が建造した空母「遼寧」
    前号でのインタビューに続いて軍事専門家小西誠さんのお話を聞く。自衛隊基地は、具体的にどのような目的の…
  4. 不正ハンター・たかひら正明さん
    スーパー市民派 ウヨ・維新退治に挑む不屈の日々 ムラ型政治に新風吹込む たかひら正明さん  大…
  5. なかま イメージ写真
     昨年12月18日、関西「業種別職種別ユニオン運動」連絡会結成シンポジュームが、関西生コン支部が資本…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

  2. 中国が建造した空母「遼寧」

    2019-2-22

    連載】要塞化すすむ南西諸島(2)/小西 誠 米軍の対中封じ込めに高まる緊張と自衛隊

  3. なかま イメージ写真

    2019-2-19

    関西「業種別職種別ユニオン運動」研究会発足の意義/木下武男

  4. ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?

    2019-2-18

    緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

  5. 1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

    2019-2-14

    1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る