主張】追い詰められた安倍独裁政治を全国から包囲し倒そう!

追い詰められた安倍政権、一ヶ月の新基地工事停止

辺野古・「戦争法案」阻止へ正念場

安倍独裁政治を全国から包囲し倒そう!

1、敗戦70年。戦争か平和か歴史の分岐点に立つ

7・26国会前

7・26国会前

 70年前、8月15日の昭和天皇の「玉音放送」があり、2週間後に厚木飛行場に連合国軍最高司令官マッカーサーが降り立ち米単独占領が開始され、9月2日に米戦艦ミズリー号上で「大日本帝国」は無条件降伏文書に署名した。
 この時、沖縄における地上戦での20万余の犠牲者、広島・長崎の原爆、東京・大阪大空襲など300万以上の命の犠牲者とともに、中国・朝鮮などアジアで奪いつくし・殺し続け、2000万以上の犠牲者をだした「大日本帝国」のアジア・太平洋侵略戦争が終わった。

 翌46年11月に永久に戦争を放棄した9条を掲げた「平和憲法」が公布(施行52年4月)され、51年9月のサンフランシスコ講和条約(施行52年)をもって日本は独立した。しかしこの独立は占領軍である米軍がそのまま駐留し、超法規的にふるまうことを許す日米安保条約(旧)・日米地位協定とセットであった。ここに、戦後憲法の〈絶対平和主義〉が日米安保の軍事的原理との抱き合わせの関係にある戦後日本の「この国のかたち」の特徴、その対米従属構造が形成された。それは、昭和天皇が天皇制維持のために「米占領軍に売り渡した」沖縄の切り捨てと米軍支配、復帰後の現在にも続く沖縄への米軍基地の犠牲を強制する「構造的沖縄差別」と一体のシステムである。
7・16国会前

7・16国会前


 敗戦70年の今夏。侵略戦争と植民地支配の過去清算はおろか未だに国交すらない日朝関係をそのままに、「南京虐殺」「従軍慰安婦」「強制連行」など国家による戦争犯罪をなかったとする立場に立って「戦後レジームからの脱却」「日本を取り戻す」という安倍首相と自公政権がこの節目でやろうとしていることは、「中国脅威」をもって平和憲法を投げ捨て、対米追従と沖縄差別を強め、再び世界で「戦争する国家」への逆行―大転換である。
 これは、日本の金融独占資本と産軍複合体の意を受けたものであり、違憲の「安保―戦争法案」、沖縄の辺野古米軍新基地建設、川内原発再稼働強行などはこの現れである。
 わたしたちは「戦争か平和か」の歴史的岐路に立っており、安倍政権の暴挙を絶対に許さない。

2、追い詰められた安倍政権辺野古新基地工事を1ヶ月停止

安倍政権支持率 安倍政権の民意無視、「改憲クーデター」ともいえる違憲の安保-戦争法案の衆院強行採決の強権的・独裁的やり方への怒りの声と平和を願う大衆行動が諸階層・諸分野から、高校生から高齢者まで世代を越えて、空前の規模でのうねりとなって全国から沸き起こっている。(本号の報告記事を参照)

 安倍政権の支持率は過去最低へと急落し、新国立競技場白紙撤回の策も支持率上昇に効き目なく、政権内部からは「軍事活動で核兵器を輸送できる」(中谷防衛相)発言、「法的安定性は関係ない」(磯崎首相補佐官)など暴言が相次ぎ、広島・長崎の被爆者からも安保・戦争法案の撤回が求められ、9月6日投票予定の岩手県知事選では自民党候補が「負けるのは確実」と出馬を取り消すなど、安倍首相は行く先々で批判の矢を浴び、追い詰められてタジタジしているのは安倍政権である。

翁長知事 こうした中で8月4日、安倍政権が「唯一の解決策」とした「日米合意」を盾に、問答無用と沖縄の民意を踏みにじって強行してきた辺野古での米軍新基地建設に伴う工事を、8月10日から9月9日までの1ヶ月間、全面停止すると表明した。
 何よりも、沖縄県民の「新基地ノー」の島ぐるみの闘い、昨年8月より辺野古の海上、キャンプシュワブゲート前で、昼夜を分かたず身体を張って闘われてきた非暴力直接行動とその全国への拡がりと世論が、安倍政権を大きく追い詰めた結果である。

 と同時に、安倍政権がこの時期に工事を停止し、沖縄県との協議の場を設定したのは、翁長県知事が「埋立て承認には瑕疵あり」とする第三者委員会の報告を受けて、「(前知事の)埋立て承認取り消し」の意向を表明し、その時期を8月末にも検討していたことを恐れたである。
 そしてこの中断には、安保―戦争法案の参議院での審議と空前の世論の高まりとこの時期に予定していた辺野古埋め立て本格着工がぶつかり、沖縄の怒りと全国の安保-戦争法案への怒りとが重なり、増幅することを恐れて、安保-戦争法案成立を優先させて、時期をずらして沖縄の闘いを鎮め、時間稼ぎをする安倍政権の狡猾な魂胆が透けて見える。

 であれば工事中断の1ケ月を、沖縄と連帯し、安保―戦争法案反対の空前の民衆運動とを結び付けてさらに政権を包囲し、中断ではなく最終的に断念させ、辺野古阻止への好機とすることである。
 闘いは正念場。まずは、8月30日、国会を10万人以上の怒りの声で埋め尽くし、全国で100万人以上の総決起で、安倍政権には、安保―戦争法案も辺野古新基地建設も断念し、即刻退陣する道しかない、と思い知らせてやろう!

『コモンズ』86号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2017-8-14

    種は誰のものか 種子法廃止で思う「種と百姓の物語」(上)

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 尾形憲さん
     さわやかな秋風が吹く今日この頃、皆様方には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。  「元法政大学…
  2. カタルーニャ独立闘争
    10月1日に実施されたスペイン東部カタルーニャ州の独立をめざす住民投票をめぐってカタルーニャ州と…
  3. 雨傘革命 香港
     香港で民主化を求めて若者たちが立ち上がった「雨傘運動」から3年がたった。香港の中心街を占領した若者…
  4. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者
    [caption id="attachment_21937" align="aligncenter"…
  5. 懇談会で発言する武議長
     (前号より続く)近畿地区の生コン関連団体の労使は8月23日、大阪市西区川口の「学働館・関生」で…

特集(新着順)

  1. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す-一体化するアジア経済/大野和興

  2. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  3. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  5. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る