復帰後初の144名の大直訴団  安倍首相と政府に「建白書」

「ウチナー(沖縄)は本当に日本の一員ですか?」
これは日本全体の問題である!!


復帰後初の144名の大直訴団  安倍首相と政府に「建白書」


 1月27―28日、沖縄全県41市町村長、全市町村議会議長、県議会48名中33名の県議ほか、沖縄選出国会議員、県民大会実行委各団体代表を含めて総勢144名からなる「政府直訴代表団」が東京総行動に打って出て、「建白書」を安倍首相と政府に突きつけた。この壮挙は、日米安保・日米軍事同盟の下、国土面積0・6%の沖縄に74%の米軍基地が押し付けられ、死の恐怖を背負わされてきた不条理と差別の構造を訴え、この国と民主主義のあり方を問い、沖縄の自立・自律に向けた尊厳と自己決定権をかけた復帰後初の歴史的な総行動―「平成の沖縄一揆」である。
「ウチナー(沖縄)は本当に日本の一員ですか」。この直訴代表団が前日の日比谷野音集会で発した問いは、沖縄に「構造的差別」を強制して戦後の「平和」「経済的繁栄」を享受してきたことに何らの痛みも感じない日本政府、そして「人ごと」「無関心」の本土の人々への強烈な不信感の表明であり、問いかけでもある。

復帰後初の144名の大直訴団  安倍首相と政府に「建白書」


復帰後初の144名の大直訴団  安倍首相と政府に「建白書」

↑ 上の写真をクリックすると大きな写真に変わります

復帰後初の144名の大直訴団  安倍首相と政府に「建白書」


復帰後初の144名の大直訴団  安倍首相と政府に「建白書」


復帰後初の144名の大直訴団  安倍首相と政府に「建白書」


詳しい記事は「コモンズ」(2013年2月号)紙PDFで

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. フランス老人ホームでストライキ

    2018-3-6

    世界潮流】ストライキで未来切り開く労働者たち 独・仏・韓からの報告

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 2019日比谷メーデー ジグザグ会
     5月1日、今年も第90回になる日比谷メーデーが6300人の参加で開催されました(詳報次号…
  2. 新年天皇一般参賀(2019)
    ■ 編集後記  コモンズ4月号をお届けします。なお、今号は、統一自治体選挙のため、発行日を前倒…
  3. 淵上太郎さん
    昭和ファシズムそして令和を重ねあい 新元号また忖度をする輩 令和とは民に命令下す気か …
  4. 淵上太郎さん
     去る3月20日朝、私たちの大切な仲間である淵上太郎さんがご逝去されました。  淵上太郎さ…
  5. 辺野古新基地断念を!3・19国会議員会館前行動
    辺野古新基地建設は断念を! 政府は沖縄の民意に従え! 安倍9条改憲 NO! 憲法審査会を始動させる…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

  2. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

  3. ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

    2019-4-5

    ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

  4. bansky ther is always hope

    2019-3-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(8)/菅孝行(評論家) 国家への幻想を超える隣人相互の信認の形成へ

  5. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る