映画「顔のないヒトラーたち」を観る みんなヒトラーだった!!そして今

映画「顔のないヒトラーたち」を観る
乱鬼龍(川柳作家)

みんなヒトラーだった!!そして今

 この映画は、戦後、西ドイツは経済復興の波に乗り、多くの人びとが自分たちの犯した罪を過去のものとして忘れ去ろうとしていた、そんな時、一人のジャーナリストと一人の若き検事が、様々な圧力や苦悩を抱えながら、ナチスがアウシュヴィッツでどのような罪を犯したのか、その詳細を生存者の証言や実証を基にして明らかにしていくという、実に厳しく、重い映画である。

映画「顔のないヒトラーたち」 しかし、この映画が描く重い歴史は、かつてのナチスドイツが、多くの「顔のないヒトラーたち」によって行なわれたのと同様に、かつての日本は、天皇ヒロヒトのもとに「顔のないヒロヒトたち」によってその数々の戦争犯罪が行なわれたと考えなければならないということを示しているとも言えると思う。
 そして、戦後70年の今日、新たなる日本軍国主義の復活とも言えるような、反動潮流の激化する日々の中で、それは、かつての「顔のないヒトラーたち、ヒロヒトたち」の犯罪だけではなく、正に、今日を生きる私たちひとりひとりの問題でもあり、厳しく、重い問いかけでもあると言えると思う。

 この映画を観て「昔はひどいことをしたものだ」というようなことではなく、今日には今日の、大きく、深く、重い課題に、私たちは真剣に向きあい、かつての犯罪的時代を繰り返さないための、深い思考力、そして実行力を、求められていると言うべきだろう。
 ひとりでも多くの皆さんに鑑賞をおすすめしたい。

「コモンズ」89号にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-1-24

    日本を犠牲にする米軍新戦略 辺野古はその最前線基地/伊波洋一(元宜野湾市長)

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 書評『中国の情報化戦争』ー米中戦争の熱い核心に迫る
    本書は、アメリカの保守系シンクタンクの中国系米国人研究者が人民解放軍の軍事戦略・情報化戦争を解析した…
  2. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」
    反安倍政権の大衆運動を展開してきた勢力の支配的言論は、何故かくも天皇に対して恭(うやうや)しいのだろ…
  3. 中国が建造した空母「遼寧」
    前号でのインタビューに続いて軍事専門家小西誠さんのお話を聞く。自衛隊基地は、具体的にどのような目的の…
  4. 不正ハンター・たかひら正明さん
    スーパー市民派 ウヨ・維新退治に挑む不屈の日々 ムラ型政治に新風吹込む たかひら正明さん  大…
  5. なかま イメージ写真
     昨年12月18日、関西「業種別職種別ユニオン運動」連絡会結成シンポジュームが、関西生コン支部が資本…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

  2. 中国が建造した空母「遼寧」

    2019-2-22

    連載】要塞化すすむ南西諸島(2)/小西 誠 米軍の対中封じ込めに高まる緊張と自衛隊

  3. なかま イメージ写真

    2019-2-19

    関西「業種別職種別ユニオン運動」研究会発足の意義/木下武男

  4. ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?

    2019-2-18

    緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

  5. 1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

    2019-2-14

    1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る