速報】代執行訴訟和解 沖縄の不屈の闘いが工事中断へ追い込んだ

沖縄の不屈の闘いが工事中断へ追い込んだ

安倍政権は「辺野古が唯一」の破綻認め、新基地建設を断念せよ!

「辺野古が唯一」の破綻認め、新基地建設を断念するしかない

「辺野古が唯一」の破綻認め、新基地建設を断念せよ


 オール沖縄の民意を受けて翁長雄志県知事が新基地阻止のために行った(前知事の)埋立て承認の取り消しを撤回させようと安倍政権が起こした代執行訴訟で、福岡高裁那覇支部が示した和解案を、当初には拒否していた安倍政権が突然受け入れ、国と県の和解への合意が成立した。新基地工事は中断され、県と国の協議が始まる。

 これは、辺野古での海上とゲート前での不屈の大衆闘争・オール沖縄の闘いが、民意を踏みにじり地方自治を破壊する安倍政権を追い込み、新基地建設強行を破綻させたものである。安倍政権が受け入れた背景には、「このまま行けば国敗訴」への危機感、6月沖縄県議選挙、7月参議院選挙を見据えた思惑がある。米議会に「移設の遅れは反対運動や県民の不支持にある」とする危機感が拡がり、米政権より何らかの対応を迫られた事は言うまでもないだろう。日米両政府は、この期に及んでも「辺野古が唯一」と言い続けている。

 沖縄の闘いが切り拓いたこの局面を、新基地建設の断念、普天間基地の無条件閉鎖・返還へ、安倍政権をさらに包囲し追い詰めるべく、沖縄―本土を結ぶ大衆闘争を強めていく好機としよう!      3月4日 コモンズ編集局   (詳細は次号)

『コモンズ』93号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-11-27

    なぜ安倍政権は南スーダンに「駆けつけ警護」を行うのか/村山和弘

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. フランス政府の公式ロゴ、自由・平等・博愛
    グローバリズムへの対抗軸として 2014年にフランスで制定 スペイン・エクアドル・メキシコ・ポルト…
  2. ブランコ・ミラノビッチ
    前号(こちら)からのつづき 4、帝国主義の世界支配からのパワー・シフト [caption id=…
  3. 木畑壽信さんを偲ぶ会 献杯の様子
     7月1日に急逝した木畑壽信さん(享年66歳)を偲ぶ会が、9月8日、東京中野の中野産業振興センター1…
  4. 尾形憲さん
     さわやかな秋風が吹く今日この頃、皆様方には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。  「元法政大学…
  5. カタルーニャ独立闘争
    10月1日に実施されたスペイン東部カタルーニャ州の独立をめざす住民投票をめぐってカタルーニャ州と…

特集(新着順)

  1. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す-一体化するアジア経済/大野和興

  2. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  3. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  5. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る