『関西生コン支部労働運動50年』 出版記念シンポ開催される

今こそ、当たり前の労働運動へ

労働運動の再生を願って開催さる!
『関西生コン支部労働運動50年―その闘いの軌跡』出版記念シンポジウム報告(上)


『関西生コン支部労働運動50年―その闘いの軌跡』 出版記念シンポジウム 連帯ユニオン関西生コン支部は1965年結成以来50年になる。これを記念して、これまでの闘いの軌跡を記録する『関西生コン支部労働運動50年史』(社会評論社)を刊行し、その記念シンポジウムが東京と大阪でそれぞれ開催された。
 東京では変革のアソシエ主催により2月21日、御茶ノ水連合会館2階大ホールにて、東京の諸労組代表や協賛団体や労働者、市民が集まり、補助席を出す盛況のうちに開催された。
 冒頭に、経済学者で変革のアソシエ共同代表の伊藤誠さん、同じく共同代表の大内秀明さんが挨拶した。また関西生コン支部委員長の武建一さんがこれまでの「関生型闘争」の成果と今後の抱負を語った。記念講演として労働問題に詳しい社会学者の木下武男さんが、関生型労働運動が果たしてきた役割、その意義を欧米の労働運動と比較しながら語った。
 今号では、それら報告の概要を紹介し、次号に第一部のシンポジウム概要を報告する。

・会場の様子(写真報告)
・開会挨拶】ともに考えたい3つの課題/伊藤誠(東京大学名誉教授)
関生労組50年の歴史的成果とは何か/武健一(関生労組委員長)
建設問題と東北の農業問題は一体/大内秀明(東北大学名誉教授)
記念講演】関生労組の歴史と日本労働運動の未来(上)/木下武男(元昭和女子大学教授)
記念講演】関生労組の歴史と日本労働運動の未来(下)/木下武男(元昭和女子大学教授)

コモンズ93号の目次にもどる

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. アメリカの時代は終わった

    2017-1-10

    年頭主張】対米隷従の「この国のかたち」を変える時-沖縄と結び安保破棄・安倍打倒へ

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. ■編集後記  大事な仲間がまたひとり亡くなった。松平耕一君は重度の大腸ガンだったが、集会などでよく…
  2. 枯れた花
    ファーストの百合もそろそろ枯れはじめ 放射能A1すらも手におえず 徴用の二字の重さを知っ…
  3. 1982年米国:J・ローダー監督作品 原爆なんて怖くない…黒いジョーク、今も  第2次大戦後…
  4. 借金なし大豆
    (→先月号からの続き) 秩父郡横瀬町の百姓、八木原章雄さんの話を聞いた。 幻の大豆  借金なし物…
  5. technology-slaves2
     スマホの世帯普及率がガラケーを上回ったのは2015年度。つい2年前にすぎない。そして今、電車に乗る…
私たちは戦争を許さない―安保法制の憲法違反を訴える市民大集会

行動予定

特集(新着順)

  1. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  2. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  3. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

  4. 島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

    2017-9-5

    8・17島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどいー高校生たちと対話

  5. 2017-8-14

    種は誰のものか 種子法廃止で思う「種と百姓の物語」(上)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る