テント裁判控訴審不当判決 これが法治国家か! 理由も告げず30秒で閉廷

テント裁判控訴審不当判決  10月26日、経産省前テントの撤去・賠償を巡る控訴審の日だ。東京高等裁判所正門前にはおよそ200名の人々が集まり、2時から門前集会を行なった。3時からの裁判はあっという間に終わり、門前で待機している人々に「控訴棄却」判決が出たことが知らされた。しかし中に入った98名の傍聴人は誰も出て来ない。被告人・弁護団と共に中で抗議行動を行なっているとのことだ。
 高裁前ではシュプレヒコールが始まった。「不当判決を許さないぞ!」「テントを守りぬくぞ!」「撤去すべきは原発のほうだ!」「再稼働反対!」
 やがて、4時から衆議院第二議員会館で行われる報告集会へ向け参加者は移動した。

■廷内では
テント裁判控訴審不当判決
 裁判は、午後3時の予定が少し遅れ、3時8分に始まった。ところが冒頭、高野伸裁判長は「本件控訴をいずれも棄却する」と主文だけ述べ、わずか30秒で閉廷となった。判決理由も何もなし。判決の不当性ももちろんだが、公正な裁判を受ける権利をないがしろにするあまりにも粗雑極まりない扱いに傍聴者たちは激昂した。「判決理由を説明してください!」「裁判長!出てこい!」口々に叫びながら廷内に座り込み、裁判長の登場を待ち続けた。
 しかし法廷は、民主主義を求める当然の要求にも全く答えることなく、1時間半後、裁判長が再び顔を出し傍聴者の排除を命令した。これにより最後まで残っていた30人以上の傍聴者たちは衛士たちにより一斉に実力排除された。これが法治国家のすることか! 法の正義はどこにあるのか!

テント裁判控訴審不当判決 ■報告集会

 最初に、裁判を傍聴してきたテント応援団の鎌田慧さんは裁判報告のあと、この経産省前テントが霞ヶ関官庁街の中心を占拠し原発廃炉を全国に訴えてきたことの意義を強調した。テントはひとつの運動として拡がっている。辺野古にも、キャンプシュワブゲート前や高江にも、テントは拡がり、川内原発前にも現れている。これを支え、次の闘いへ向かっていこうと述べた。
 この裁判は全国の脱原発運動を闘う人々が傍聴に来ていた。参加した浜岡原発反対運動の仲間からのあいさつのあと、川内、伊方などからのメッセージが読み上げられた。
 法廷内で抗議していた弁護団長の河合弘之さんが会場に到着し、1つの裁判の勝ち負けに一喜一憂することなく、裁判、選挙も含めしぶとく粘り強く闘い続けることの重要性を強調し、脱原発と自然エネルギーの社会を実現して行こうと語った。
 次に被告人の正清太一さん、淵上太郎さんからそれぞれ今後に向けた決意表明があった。たとえテントが無くなっても闘いは終わりではない。原発が無くならないかぎり、この闘いは続く。(東京M)

『コモンズ』89号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-1-24

    日本を犠牲にする米軍新戦略 辺野古はその最前線基地/伊波洋一(元宜野湾市長)

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

10月
7
18:30 「私たちは戦争を許さない 安保法... @ 日本教育会館
「私たちは戦争を許さない 安保法... @ 日本教育会館
10月 7 @ 18:30
「私たちは戦争を許さない 安保法制の憲法違反を訴える」市民大集会 @ 日本教育会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 2020年7月9日(木)(延期)  日時:2020年10月7日(水)18:30~ ■ 会場:日本教育会館  〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2  都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分  都営三田線神保町駅(A1出口)下車徒歩5分  https://www.jec.or.jp/access.html ■ 内容(予定):  主催者挨拶:寺井一弘(安保法制違憲訴訟全国ネットワーク代表)  基調講演:又坂常人(信州大学名誉教授)「安保法制違憲訴訟の歴史的意義」  特別報告:伊藤真(安保法制違憲訴訟の会・東京共同代表)「違憲訴訟の現状と課題」  リレートーク:宮崎礼壹(れいいち)(元内閣法制局長官)/飯島滋明(名古屋学院大学教授)/新井 章(弁護士)/半田 滋(東京新聞論説委員)/市民代表:全国弁護団からの報告(群馬、横浜、女の会、釧路、山口等)  メッセージ:山田洋次(映画監督)/青井未帆(学習院大学大学院教授)(オーストラリアから) ■ 参加費¥500 ■ 予約:チケットぴあPコード:645395 ■ 主催:安保法制違憲訴訟全国ネットワーク ■ 協賛:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 ■ 連絡:安保法制違憲訴訟の会  〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-6 渋谷協栄ビル6階  Tel 03-3780-1260 E-mail office@anpoiken.jp)  http://anpoiken.jp/

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る