連載(寄稿)(その83)
協同組合運動とは何か アジア・オセアニアの協同組合運動の歴史〇56

協同組合運動とは何か アジア・オセアニアの協同組合運動の歴史 近畿生コン関連協同組合連合会専務理事 増田幸伸
連載第83回

■産業民主化と労働組合

関西地区生コン支部 労働運動50年(社会評論社)

社会評論社より刊行


 ここまで「世界の協同組合運動」(その39)から、日本の戦後中小企業運動や政府の中小企業政策を追いかけ、さらに、生コン関連の事業協同組合について言及してきた。
 さて、生コン関連の事業協同組合運動をリードしてき関西地区生コン支部(関生支部)が、2015年10月に「関西地区生コン支部 労働運動50年-その闘いの軌跡 共生・協同を求めて1965~2015」(50年誌)を出版した。
 すでに、関生支部については詳しく述べてきたが、あらためてこの50年誌から、関生支部労働組合運動の特徴(それはそのまま、関西の生コン関連事業協同組合運動の特徴につながる)を明らかにしたい。

 50年誌には、「第Ⅱ部 関生労働運動の社会的意義」の項に、木下武男元昭和女子大学教授、本山美彦京都大学名誉教授、熊沢誠甲南大学名誉教授、丸山茂樹参加型システム研究所研究員、大内秀明東北大学名誉教授の論考が掲載されている。ここで、木下から関生型労働運動が日本の労働運動再生の鍵を握るとの重要な指摘があった。

 1つは、戦後日本では、世界基準と比較して特異な組合組織形態である企業別労働組合が主流であったが、例外的に、産業別業種別労働組合として、全日本海員組合や全日本港湾労働組合、そして関生支部があった。関生支部は結成のころ、海員組合から学んでいる。木下は、関生支部執行機関が、欧米で一般的な、企業の枠を超えた業種別統一指令部として機能し、執行権・財政権・人事権は末端の企業組織ではなく、支部に集中していることが強力な統一闘争を可能にした組織的保障だという。
ウェッブ夫妻

ウェッブ夫妻/イギリスの社会運動家で、1894年のフェビアン協会に参加。夫のシドニーと妻のベアトリスは1894年に結婚、夫妻ともにその理論的指導者となった。彼らは社会主義の立場に立つが、革命による変革ではなく、言論と議会を通じて漸進的な社会主義の実現を目指した。後に夫のシドニーは労働党内閣で商務相や植民相を歴任した。


 19世紀、英国で労働組合が爆発的に拡大した。エンゲルスやマルクスは、労働者の悲惨な状態は資本家の搾取から生まれているが、これが維持されるのは労働者間の競争であるとし、組合こそがこの競争を排除するのだとした。さて、日本ではどうか。日本の賃上げは、年功賃金を基礎に企業内の労働者(主として男性正規雇用)の賃上げを対象とする。産業・業種全体の労働者間競争を排除しようとはしない。日本の主流の労働運動は、組合の本来の機能を持っていない。
 この労働者間競争を規制する方法を定式化したのがウェッブ夫妻である。労働者の競争は個人取引から生まれる。労働組合が労働条件の共通規則を作って、個人ではなく、労働組合がまとめて集合取引(団体交渉)で経営者に押し付けるとした。日本の主流の労働運動は、企業横断的な共通規則・集合取引に取り組まない。関生支部では、1973年以降、企業ごとの賃金格差のない統一賃金(業種別・職種別賃金体系)などの共通規則を作って、多数の企業を集めて集団的な労使交渉を行い、実現させている。

 さらに、日本の産業構造では大企業が重層的な下請構造を形成し、中小零細企業の過当競争を利用し、収奪している。この構造を変えない限り、日本の労働者数の過半を占める中小零細企業下の労働者の賃金・労働条件は変わらない。そして、この構造に挑んだのが、関生支部の産業政策である。生コン業界の中小企業をまとめて事業協同組合に組織し、大企業(生コンの原料であるセメントメーカー、生コンを購入するゼネコン)と対等な取引関係を形成する。共同受注共同販売によって、適正料金の収受、生コンの品質管理、安定供給を果たしていく。この闘いこそが日本資本主義の根幹を穿つのだ。

 2つには、関生支部が所属していた全自運が1978年に運輸一般と名称変更した。当時の英国最大の組合であった運輸一般労働組合から学び、日本労働運動の限界を乗り越えるために、新たな運動を模索した。世界では、一般労働組合(ゼネラルユニオン)は各種の産業や職業の範囲を越えて、半熟練・不熟練労働者を、単一の労働組合として広範に組織し発展した。英国の運輸一般(名称に拘束されず、運輸ばかりか建設やサービス業など多様な領域にまたがっている)や米国のチームスターという巨大組織が存在する。
 木下は、総評解散後、連合・全労連・全労協の3つの全国組織が作られたが、この25年間、それぞれの勢力を減退させてきただけであるとした。今の日本の労働運動にとって必要なことは、関生型労働運動を各産業・業種・職種に広げることだと指摘する。生コン業界が特殊だと逃げないで、全国様々な業界で業種別職種別ユニオンを作り、互いに連携し合同していけば、ゼネラルユニオンの大きな全国組織が日本に出現する。これが日本労働運動を衰退の淵から再生していく唯一の方途であるとした。(つづく)

「コモンズ」94号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2018年3回目の南北首脳会談

    2018-10-16

    今年3回目の南北首脳会談 実質的な「終戦宣言」合意の重大性

季刊「変革のアソシエ」No.33

最近の記事

  1. 2018年3回目の南北首脳会談
    冷戦の産物、南北分断を終わらせ、平和の地帯に(4/27 板門店宣言) 南北、全ての陸・海・空あらう…
  2. 2018年3回目の南北首脳会談
    民族協和へ、歴史の歯車は後戻りせず 軍事衝突を無くすあらゆる配慮が、南北を緊密に  南北首脳…
  3. 平成の大逆事件
     連帯労組関西生コン支部の組合員20名の逮捕と昨年9月18日以来12回に及ぶ強制捜査、関係協組経…
  4. 労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会
    9・22集会 目次 ・主催者挨拶/樋口万浩さん(全港湾大阪執行委員長) ・資本主義の根幹に触れる…
  5. 永嶋靖久さん
    9・22集会 目次 ・主催者挨拶/樋口万浩さん(全港湾大阪執行委員長) ・資本主義の根幹に触れる…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

10月
21
13:30 変えよう!日本と世界!第12回反戦... @ 円山公園音楽堂
変えよう!日本と世界!第12回反戦... @ 円山公園音楽堂
10月 21 @ 13:30 – 17:00
変えよう!日本と世界!第12回反戦・反貧困・反差別共同行動in京都 稲嶺進さん・雨宮処凛さん 他 @ 円山公園音楽堂 | 京都市 | 京都府 | 日本
9条改憲阻止!東アジアの平和を妨害し、 政治を私物化する安倍政権を倒そう! ■ 日時:2018年10月21日(日)13:00開場 13:30~   *雨天決行・集会後デモ ■ 場所:京都円山公園野外音楽堂 ■ 講演:  アベノミクスの失敗と貧困/雨宮処凛(評論家)  沖縄辺野古への米軍新基地建設許すな  /稲嶺進(前名護市長・「オール沖縄」共同代表)   安次富 浩(沖縄/名護・ヘリ基地反対協共同代表) ■ 歌:趙 博/川口真由美/よしだよしこ ■ 主催:反戦・反貧困・反差別共同行動In京都  連絡TEL090-5166-1251(寺田)
10月
27
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
10月 27 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
11月
17
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
11月 17 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
11月
24
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
11月 24 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
12月
3
19:00 元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さ... @ 元町映画館
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さ... @ 元町映画館
12月 3 @ 19:00 – 21:00
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」/神戸 @ 元町映画館 | 神戸市 | 兵庫県 | 日本
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会 「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」 ■ 日 時:2018年12月3日(月)19:00~21:00(開場18:30) ■ 会 場:元町映画館2Fイベントルーム  〒650-0022神戸市中央区元町通4丁目1-12  https://www.motoei.com/access.html ■ 講 師 井筒高雄さん(元陸自レンジャー隊員) ■ 参加費:1000円   ※お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。  メール:civilesocietyforum@gmail.com まで。 ■ 主 催:市民社会フォーラム  http://shiminshakai.net/post/4784 ■ ご案内  安倍首相は9月3日、防衛省の自衛隊高級幹部会同での訓示で、「全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えるのは、今を生きる政治家の責任だ。私はその責任をしっかり果たしていく決意だ」と述べ、憲法に自衛隊の存在を明記する改正に取り組む考えを改めて示しました。  10月から12月まで開会予定の通常国会でも、安倍首相は憲法改正の自民党案を提出し、早期の発議を目指す方針を明らかにしています。  はたして、自衛隊を憲法9条に明記すれば、日本の平和を保障することになるのか? 9条を現実に合わせて現状追認するだけのことなのでしょうか?  そして、有事があれば命がけで日本を守る自衛官たちも、憲法に自衛隊を明記することを望んでいるのでしょうか?  元自衛官の井筒高雄さんに、改憲発議がされようとする今、自衛隊を憲法に明記することの問題点についてお話しいただきます。 井筒高雄(いづつたかお)さん 1969年、東京都生まれ。 88年、陸上自衛隊第31普通科連隊に入隊。91年にレンジャー隊員に。 92年にPKO協力法が成立すると、武器を持っての海外派遣は容認できないとして翌93年に依願退職。 大阪経済法科大学卒業後、2002年から兵庫県加古川市議を2期務める。 元自衛官の立場から戦争のリアル、コスト、PTSD などリスクを 伝える講演活動を行う。 現在、ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン(VFP) 共同代表。 共著に『安保法制の落とし穴』(ビジネス社)、単著に『自衛隊はみんなを愛している』(青志社)など

特集(新着順)

  1. 2018年3回目の南北首脳会談

    2018-10-16

    今年3回目の南北首脳会談 実質的な「終戦宣言」合意の重大性

  2. 平成の大逆事件

    2018-10-15

    「平成の大逆事件」組合活動そのものを違法とする関生労組弾圧/佐藤隆

  3. 労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

    2018-10-12

    労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

  4. 玉城デニーさん当選

    2018-10-10

    沖縄県知事選 玉城デニーさん過去最多40万票に迫る圧勝

  5. 天皇・米長

    2018-10-3

    天皇制と闘うとはどういうことか(2)/菅孝行(評論家) 第二回 「天皇の護憲」をどう考えるか

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る