第7期沖縄意見広告6月5日掲載!6・11-12に報告集会

新基地断念へ、安倍政権に攻勢を

沖縄意見広告運動報告集会
 翁長雄志県知事が新基地阻止のために行った前知事による「埋立て承認」の取り消しを不服として安倍政権が起こした代執行訴訟で、安倍政権は沖縄の不屈の大衆的闘いに追い詰められ、敗訴の政治的ダメージを避けるため「暫定和解案」を受け入れた。辺野古新基地工事は中断され、2ヶ月立った現在、沖縄防衛局は浮具やオイルフェンスの撤去を始めた。しかしながら、日米両政府はこの場に及んでも 「辺野古が唯一」 「急がば回れだ」 と言い続けている。

 安倍政権の民主主義と立憲主義を破壊する「安保法制―戦争法」強行と「新基地建設強行」とは、「アメリカと共に世界で戦争する国」作りのための表裏一体の問題で、それは平和憲法の上に超法規的に覆いかぶさり、米軍基地問題の元凶でもある日米安保条約のあり方を問い、「本土」に住む者の「平和に生き、暮らしたい」 との願いと一体の問題である。

 今、沖縄とヤマトの民衆連帯に問われているのは、この工事中断の時期をいかに活かし、攻勢に転じて闘いを発展させ、新基地断念、普天間基地即時閉鎖を実現していくかにある。
 こうした状況に応えていく一つの活動として、今年も、沖縄意見広告運動が6月5日に沖縄タイムス・琉球新報・朝日新聞への全面広告掲載を決めた。(「沖縄意見ニュース」より) また6月11日 (関西)、12日 (東京) には下記要項にて、アメリカよりアン・ライトさん(元米陸軍大佐・国務省外交官)を特別ゲストに迎えて報告集会も予定されている。読者のみなさんには、更なる沖縄意見広告への取り組みをお願いする。(コモンズ編集部)

^^^^^^^^^^^^^^^^^

第7期沖縄意見広告報告集会

■6月5日 意見広告を掲載!(朝日新聞/沖縄タイムス/琉球新報)
※印刷用集会チラシ[PDF]→ 関東集会 関西集会
沖縄意見広告運動関西報告集会
・戦争準備のための新基地はいらない
・オール沖縄の願いをオールジャパンの意思と行動に!
・工事中断! 沖縄の不屈の闘いが安倍政権を追い詰めた!
・今こそ普天間基地の即時閉鎖、辺野古断念を!

ーーーーーーーーーーーー
≪関西報告集会≫
■日時:6月11日(土)午後6時開始
■会場:エルおおさか南館・5階ホール(地図
 〒540-0031 大阪府大阪市中央区北浜東3-14
 TEL. 06-6942-0001
■プログラム
 特別ゲスト:アン・ライトさん(元米陸軍大佐・国務省外交官)
 辺野古現地報告:安次富浩さん(名護・ヘリ基地反対協共同代表)
 ビデオメッセージ:伊波洋一さん(元宜野湾市長)
 発言:武建一(沖縄意見広告運動代表世話人)
■資料代:500円
■主催:第7期沖縄意見広告運動
Tel:06(6328)5677 Fax:06(6328)5777
ーーーーーーーーーーーー
≪関東報告集会≫
■日時:6月12日(日)午後1時より(12時半開場)
■会場:連合会館2階大会議室(地図
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
 TEL. 03-3253-1771(代)
■プログラム
 特別ゲスト:アン・ライトさん(元米陸軍大佐・国務省外交官)
 辺野古現地報告:安次富浩さん(名護・ヘリ基地反対協共同代表)
 ビデオメッセージ:伊波洋一さん(元宜野湾市長)
 連帯挨拶:福山真劫さん(戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会)
  ほか 沖縄意見広告運動世話人・賛同団体より
■参加費:800円
■主催:第7期沖縄意見広告運動
 Tel:03(6382)6537 Fax:03(6382)6538
 mail:info@okinawaiken.org
 web:http://okinawaiken.org
ーーーーーーーーーーーー
〈特別ゲスト アン・ライトさんプロフィール〉
アン・ライトさん 米陸軍で29年間軍務につき、予備軍大佐として退役。その後、国務省の外交官として9カ国、16年間任に着き、4つの米国大使館で副大使を務める。
 モンゴル赴任中の2003年3月にブッシュ政権のイラク戦争の間違いを指摘し、誤った政府の代弁はできないと辞表を提出。以後在野の「平和の外交官」としてアメリカをはじめ世界の紛争国で人権擁護・平和運動の先頭に立つ。コード・ピンクのメンバー。
 著書に『DISSENTー Voices of Conscience 』、『異議あり!』(日本語版 コード・ピンク大阪発行、K9MP編集)、 『怒れ!自由の女神よ』(K9MP刊行ブックレット)に「9条世界会議」でのスピーチを収録。

「コモンズ」95号の目次にもどる

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. アメリカの時代は終わった

    2017-1-10

    年頭主張】対米隷従の「この国のかたち」を変える時-沖縄と結び安保破棄・安倍打倒へ

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. ■編集後記  大事な仲間がまたひとり亡くなった。松平耕一君は重度の大腸ガンだったが、集会などでよく…
  2. 枯れた花
    ファーストの百合もそろそろ枯れはじめ 放射能A1すらも手におえず 徴用の二字の重さを知っ…
  3. 1982年米国:J・ローダー監督作品 原爆なんて怖くない…黒いジョーク、今も  第2次大戦後…
  4. 借金なし大豆
    (→先月号からの続き) 秩父郡横瀬町の百姓、八木原章雄さんの話を聞いた。 幻の大豆  借金なし物…
  5. technology-slaves2
     スマホの世帯普及率がガラケーを上回ったのは2015年度。つい2年前にすぎない。そして今、電車に乗る…
私たちは戦争を許さない―安保法制の憲法違反を訴える市民大集会

行動予定

特集(新着順)

  1. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  2. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  3. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

  4. 島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

    2017-9-5

    8・17島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどいー高校生たちと対話

  5. 2017-8-14

    種は誰のものか 種子法廃止で思う「種と百姓の物語」(上)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る