生コン産業の非正規労働化打破―2016春闘での確認点

 連帯労組が主体となった2016年春闘交渉は、昨年から6労組で連合化した関西生コン関連労働組合連合会と、経営者窓口である大阪兵庫生コン経営者会との間で、3月に計4回の集団交渉、その他代表交渉等を経た結果、本勤月額1万円、日々雇用日額500円増、一時金138万円等、労働側要求の大半で妥結した。
春闘イラスト さらに輸送運賃増と、今年度の課題である人員補充での本勤化では、正規比率を5割に上げるとの画期的な目標数値が確認され、双方は10月末までに結論を出す事で一致した。

 2016春闘で論議された政策課題は、全て生コン産業の体質改善に必須の各点であり、その内「人員補充(本勤化)」こそ、労組対策とコスト削減策で、日々雇用と雇車に依存した不正常な業界環境を正すもので最大の論点であった。
 これに続き、傭車に依存しているにも関わらず、半日稼働など劣悪な取引を強いてきた生コン業界の不正常な業態を正すべく「輸送運賃引き上げ」も重要事項として交渉が進み、これも1車あたり4万6千円を上限に、3千円増と、具体的数字として今後、反映される事となった。

「コモンズ」95号の目次にもどる

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-12-2

    現在に生き続ける植民地主義<連載第3回> 日本における植民地主義

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 借金なし大豆
    (→先月号からの続き) 秩父郡横瀬町の百姓、八木原章雄さんの話を聞いた。 幻の大豆  借金なし物…
  2. technology-slaves2
     スマホの世帯普及率がガラケーを上回ったのは2015年度。つい2年前にすぎない。そして今、電車に乗る…
  3. シンポジウム:イタリアの連帯思想とその実践
    シンポジウム「イタリアの連帯思想とその実践       -社会的連帯経済のネットワーク形成に向けて…
  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム
     関西地方の労使双方の有志によって「社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム-」が、大阪…
  5. ウオール街占拠デモ
    国際援助団体「オックスファム」が2014年に公表した報告書によれば、多くの国で経済格差が拡大しており…
私たちは戦争を許さない―安保法制の憲法違反を訴える市民大集会

特集(新着順)

  1. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  2. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  3. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

  4. 島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

    2017-9-5

    8・17島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどいー高校生たちと対話

  5. 2017-8-14

    種は誰のものか 種子法廃止で思う「種と百姓の物語」(上)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る