読者からの便り】山河破れて「国」なし/三村洋明

投稿情況への提言詞
山河破れて「国」なし


国破れて山河あり
国などなくなっても民衆は新しい生活を始められる
山河破れて「国」はない 「日本」死ぬ

この国の政治家は、金の亡者の企業のために奉仕する政治家
すぐ側の火山が次々に噴火し、大地震が起きているのに
地震や火山の予知は難しいということが
ますます明らかになっているのに
まだ原発を動かし続けている
想像力のかけらもない
危機管理のイロハもしらない政治家たち

この機に乗じて、憲法の緊急事態条項の話をしている
歴史を知らない政治家達

関東大震災の時に何が起きたのか
権力や権力側のニンゲンが虐殺事件を起こしたのに
必要なのは緊急事態法制度ではなくて
緊急事態を宣言して無法な殺人を起こすことを取り締まる法律
緊急事態宣言制止法ではないか

特定秘密保護法や有事立法を作ってきた政治家たち
必要なのは情報公開で
秘密隠蔽・操作罰則法のはずだった
それがスピーディー情報の非公開で被曝したフクシマの教訓
風評被害は情報隠蔽や歪曲をし続ける政治家が作りだしている
そのことがなぜ分からないのか

真逆なことをやり続ける政治家達

「美しい日本」を謳った政治家よ
放射能除染の黒いフレコンパックが積み上げられている風景を
「美しい」と言えるのか

武器を輸出する死の商人の政治営業本部長を務める首相
事故の原因も究明しない事故収束しない原発の輸出を進める
金の亡者の企業に協力し、推進主体になっている首相
一体何が「美しい」のか

空母に乗って戦闘機にのって得意げに写真を撮らせている
戦争の道具はおもちゃや架空のゲームではない

ひとりひとりのかけがえのない命や生活や被害者の思いを
これっぽっちも理解しようとしない首相や政治家達
「日本」死ぬぞー

「反障害通信」より(http://www.k3.dion.ne.jp/~ads/

「コモンズ」95号の目次にもどる

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-12-2

    現在に生き続ける植民地主義<連載第3回> 日本における植民地主義

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 借金なし大豆
    (→先月号からの続き) 秩父郡横瀬町の百姓、八木原章雄さんの話を聞いた。 幻の大豆  借金なし物…
  2. technology-slaves2
     スマホの世帯普及率がガラケーを上回ったのは2015年度。つい2年前にすぎない。そして今、電車に乗る…
  3. シンポジウム:イタリアの連帯思想とその実践
    シンポジウム「イタリアの連帯思想とその実践       -社会的連帯経済のネットワーク形成に向けて…
  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム
     関西地方の労使双方の有志によって「社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム-」が、大阪…
  5. ウオール街占拠デモ
    国際援助団体「オックスファム」が2014年に公表した報告書によれば、多くの国で経済格差が拡大しており…
さようなら原発 さようなら戦争全国集会

行動予定

特集(新着順)

  1. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  2. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  3. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

  4. 島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

    2017-9-5

    8・17島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどいー高校生たちと対話

  5. 2017-8-14

    種は誰のものか 種子法廃止で思う「種と百姓の物語」(上)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る