沖縄県議選 辺野古阻止訴え 翁長知事与党大勝利!

 米軍犯罪、アメリカ政府に物言えぬ安倍政権を今こそ打倒しよう!

参議院選挙はそのチャンスだ!

0605国会包囲 総がかり

県議選勝利の6月5日、国会・農水省前・日比谷に4万人の人々が結集した(写真レイバーネット・shinya


■「基地のない平和な沖縄」に向かう歴史的闘いが始まった


 沖縄の未来への選択のかかった県議選が6月5日投開票され、安倍政権が強行しようとしている普天間基地の辺野古移設阻止を訴えてきた翁長県知事を支える県議会与党勢力が過半数を超え大勝した。一昨年の名護市長選、知事選、衆議院選と続けて示した辺野古ノーの民意が改めて明確になった。しかしこの勝利はそれにとどまらず、沖縄県民が「基地のない平和な沖縄」の実現に向かって、日米両政府との攻防戦において新しいステージに大きく政治的に踏み出したことを意味する。

■元米海兵隊員の残虐な事件は日米両政府の責任である

沖縄県議選で県政与党が大勝

当選を喜ぶ県政与党候補

 県議選は、告示直前に元米海兵隊員で嘉手納基地米軍属による20歳の女性殺害・遺体遺棄事件への沖縄県民の悲しみと怒りの中で闘われてきた。
 この残虐な事件は、1995年の少女暴行事件を想起させる。あの時、沖縄県民は県民大会を開き「基地の整理縮小、日米地位協定見直し」を日米両政府に迫った。しかしその民意を切り捨て、なおも沖縄を「占領状態」に置き続けてきたのはアメリカ政府である。そして日米安保条約を盾に、沖縄に犠牲と構造的差別を強いる米軍の存在と、その特権的地位を許し続けてきたのは日本政府である。
 今回の惨劇は日米両政府の共犯であり、その責任は日米両政府にある。

■辺野古断念、全米軍基地撤去、米海兵隊の撤退を求める沖縄県民の勝利だ

安倍晋三 事件直後から沖縄県民の「全米軍基地撤去!」「海兵隊は出て行け!」の抗議行動が燃え上がっていった。この民意を背に翁長知事は上京し安倍首相と会談し、「日米地位協定の下では日本国の独立は神話であると思いませんか」と問い、来日するオバマ米大統領との直接会談を求めた。
 しかし、安倍首相はこれらの要請を切り捨て、日米首脳会談で口先だけの「抗議」の上で、日米地位協定改定には触れず米軍犯罪の防止策を求めただけで、あろうことか「辺野古唯一」の政策は変わらないと言い切ったのである。沖縄県民の大衆的怒りの行動は、沖縄各市町村議会をして次々と「抗議決議」を挙げさせて、沖縄県議会の「抗議決議」には「辺野古断念」とともに県議会として初めて「在沖米海兵隊の撤退」を求めたのである。

沖縄県議選の獲得議席

東京新聞(6・6夕)

 こうした中で県議選が始まり、各候補者は「日米地位協定の改定」を打ち出したのである。琉球新報などの事前アンケート調査によれば、県議会当選者の96%が日米地位協定改定を求め、在沖米軍基地について立候補者全員が「基地の大幅な整理縮小」か「全面撤去」、在沖米海兵隊も「全面撤退」か「大幅削減」で、「現状維持」は誰もいない。辺野古新基地については、新議席の70%弱が反対である。
 この県議選の結果に対して、菅官房長官は「この結果が辺野古新基地に与える影響はない」と切り捨てた。繰り返される米軍犯罪についても、日米両政府はそれが自らの責任であることを自覚せず、その解決に向けて日米地位協定の改定でなく「運用」の一部改善で済ませる構えである。

■沖縄とともに全国ですべての在日米軍基地撤去、日米安保条約破棄の闘いを

与党大勝の結果を受けあらためて「辺野古阻止」の決意を述べる翁長知事

沖縄に続け!県議選の結果を受け、あらためて
「辺野古阻止」の決意を述べる翁長知事

 基地あるがゆえに繰り返される米軍犯罪への怒りの民意の表れである県議選の結果は、改めて安倍政権に「辺野古が唯一」の強行路線の破綻を認めて新基地建設を断念し、日米地位協定を改定し、米海兵隊の撤退、普天間基地をはじめ全ての米軍基地撤去への道筋をつける対米交渉をすることを求めている。
 そして同時に本土のわたしたちには、今回の沖縄県民の悲しみと怒りを自分のこととして受け止め、日米地位協定―日米安保条約を容認することで日米両政府の沖縄への犠牲を強いる「構造的差別」を下からの「共犯」として支え続けてきた事を自覚し、全国で在日米軍基地撤去、日米安保条約破棄の闘いのうねりを起こすことが求められている。
06050国会包囲行動
 沖縄に集中して現れている日米関係の矛盾は、憲法前文と9条の平和主義に反し、戦後平和憲法の上に超法規に覆いかぶさって、戦後のわが国の「この国のかたち」と対米隷従の政治・社会のあり方を決めてきた根本的本質問題である。
 安倍政権は、7月参議院選においてアベノミクスの破綻を隠し、消費税10%増税延期の詐欺的手法で民心をかく乱し、沖縄と本土の民意を切り捨て、改憲のための過半数議席の確保をもって、「この国のかたち」をアメリカと共に「戦争する国」への野望を実現しようとしている。こんな安倍政権は打倒するしかない。7月の参議院選は、安倍打倒のチャンスである。
 沖縄の県議選勝利に続き参議院選で安倍政権打倒しよう!

 ※7月参議院選挙に対する方針は次号「参院選特別号」を参照ください

「コモンズ」96号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

    2017-9-5

    8・17島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどいー高校生たちと対話

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 雨傘革命 香港
     香港で民主化を求めて若者たちが立ち上がった「雨傘運動」から3年がたった。香港の中心街を占領した若者…
  2. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者
    [caption id="attachment_21937" align="aligncenter"…
  3. 懇談会で発言する武議長
     (前号より続く)近畿地区の生コン関連団体の労使は8月23日、大阪市西区川口の「学働館・関生」で…
  4. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子
    労働運動再生への灯火 歴史に学び「関西」から全国へ世界へ!! 大阪労働学校アソシエ 特別シンポジウ…
  5. 堺市竹山市長3選
     9月24日投開票の堺市長選では、民進・共産など各党支持、協同会館アソシエ各団体も推薦した竹山修身氏…

特集(新着順)

  1. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す-一体化するアジア経済/大野和興

  2. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  3. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  5. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る