協同の力で復興を~南三陸町・共同食堂 農漁家レストラン「松野や」オープン

近畿地区生コン関連団体から建設資金を寄付
地元・南三陸町の杉材を使用し共同食堂を昨年12月に完成!

共同食堂「松野や」全景

 宮城県南三陸町の森林を活用して共同食堂「松野や」の建設が始まったのは昨年の11月。南三陸町では全国生協のパルシステムが支援し、被災者の住宅再建を地元の木材を活用してすすめようという試みが始まっています。その第一号が、近畿の生コン業界で応援してきた共同食堂「松野や」です。

「松野や」内部 共同食堂建設を支援しようと昨年、近畿地区生コン関連団体で寄付金を400万円集めました。そして、3年前の仙台でのシンポジウムでつながったパルシステムの協力で今回、建設がはじまったのです。

 昨年11月、南三陸町では住宅再建にむけて「南三陸木の家づくり互助会」が発足しました。「結い」の精神を受け継ぐ新たな相互扶助の取り組みとし、会員同士が作業を手伝い、互いにもつ技術技能をもちよって家造りをすすめようというものです。

 今回、建築された「共同食堂松野や」は一部2階で、延べ床面積は約100平方メートルで、材料には、松野さんの所有林を含む地元産の杉材を使ったとのことです。そして毎日、大工と互助会員の地元住民が作業に加わり完成させました。
伝統的な工法で建設される「松野や」 建築法は板倉構法を採用し、これは伝統的な工法で柱と柱の間に厚い板を落とし込んでいくものです。複雑な作業がないことで素人が手伝いやすく、さらに耐震性や断熱性に優れ、安価で工期が短いというのが特徴です。

 現在、互助会の会員は約25人。互いに協力し合い住宅の建築を進めることによって建築費用を抑え、被災地での住宅再建を促進しようというのが目的です。
 2年前に開催された仙台でのシンポジウムで「協同の力で復興を」と呼びかけ始まった連帯が実った取り組みとなりました。食堂は1月20日(月)オープンしました。

共同食堂「松野や」看板

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 二月 節分イラスト
    ※今号の編集後記と次号予告は、紙面割りの都合で割愛しました。 購読のお申し込み・投稿…
  2. 募ってはいるが、募集はしていない by 安倍
    コロナウィルス アベウィルスとからみあい 安倍打倒 同士を募る 募集する …
  3. 月歩双書『プラットフォーム新時代』
    大阪労働学校アソシエの運営・企画の月歩双書Ⅰ『プラットフォーム新時代』(社会評論社発行、定価900…
  4.  関西で頑張っておられる古賀さんに敬意を評します。献身的な努力にはいつも頭が下がる思いがい…
  5. アヘン戦争
    右から左まで 香港で「自由・民主」を求めて、直接には逃亡犯条例改正問題をめぐって100万人以上のデモ…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. FOLLOW-THE-LEADERS

    2020-2-28

    世界資本主義の危機と崩壊、それにどう立ち向かうか/斉藤日出治

  2. 2020-2-26

    香港からの報告(2)區龍宇(アウ・ロンユー) 衛香港戰2019~香港防衛の戦い

  3. 2020-2-25

    新年労働者座談会<下> 関生弾圧のピンチをチャンスに「当り前の労働運動」を守り、反転攻勢へ

  4. 2020-2-22

    組合弾圧に抗議する「全国自治体議員声明」の成立と今後 -市民派・連帯議員ネット5氏による座談会-

  5. 2020-1-18

    韓国】ろうそく民衆の検察改革は勝利へ前進/村山和弘 -2020年「韓国の民主的な国家改造」が本格化する

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る