共謀罪成立を企む安倍政権 – 治安弾圧立法を廃止・廃案へ! 永嶋靖久(弁護士)

写真

11月21日、東京日比谷の集会は参加者が野音会場に入りきれず付近一帯を埋め尽くした

 昨年12月6日、万余の市民の抗議に囲まれながら秘密保護法が自公両党の参議院強行可決で成立した。同月13日に公布され、1年以内に施行とされているが、菅官房長官は可能な限り早期に施行するとしている。

 秘密保護法に続いて、共謀罪法案の4度目の国会上程と盗聴法の改悪が迫っている。

 共謀の処罰は秘密保護法にも規定されたが、共謀罪法案は組織的犯罪処罰法を改悪して、600以上の犯罪について共謀しただけで犯罪として処罰しようとするものだ。関電前で再稼働反対のビラをまこうと相談しただけで組織的威力業務妨害の共謀、要求に応じるまで社長を帰さないでおこうと相談しただけで組織的監禁の共謀に当たりうる。国会では目配せだけで共謀が成立すると答弁されている。

 また、現行の盗聴法が許すのは、薬物や銃器犯罪を中心に、NTTなどの施設で事業者の立会のもと電話・メール・ファックスなどを対象として必要最小限の範囲で行われる断片的な盗聴だけだ。これを、傷害・逮捕監禁・窃盗・詐欺など軽微な犯罪にまで広げ、警察施設で立会人なしにすべての会話を記録する仕組みに変え、さらに室内や車内の会話までをも対象にしようとしている。

写真

特定秘密保護法は強行採決された

 秘密保護法成立直後、共謀罪法案が今通常国会に上程されるという報道が一斉に流れた。菅官房長官は「上程は予定していない」と述べたが、「今はまだ閣議決定していない」だけだ。盗聴法改悪は、現在、法制審で審議されており今秋の国会上程が予想される。共謀罪と盗聴法の同時強行成立はいくらなんでも大変だろう。反対運動の様子をみながら、予算案成立後わずかな修正で共謀罪法案が上程される可能性が高い。

 安倍―自公政府は9条改憲を行わないまま、憲法解釈を変え集団的自衛権の名で地球の裏側にまで派兵しようとしている。原発を次々再稼働させ、さらに解雇特区を初め世界で一番ビジネスしやすい環境を目指す「大胆な規制改革」を狙っている。秘密保護法―共謀罪―盗聴法の3点セットは、市民が政府の政策に疑問を持ち、反対の声をあげることをためらわせ、自由な言論を封殺するものとして機能するだろう。治安弾圧立法3点セットを廃止・廃案に追い込まなければならない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2018年3回目の南北首脳会談

    2018-10-16

    今年3回目の南北首脳会談 実質的な「終戦宣言」合意の重大性

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 2019日比谷メーデー ジグザグ会
     5月1日、今年も第90回になる日比谷メーデーが6300人の参加で開催されました(詳報次号…
  2. 新年天皇一般参賀(2019)
    ■ 編集後記  コモンズ4月号をお届けします。なお、今号は、統一自治体選挙のため、発行日を前倒…
  3. 淵上太郎さん
    昭和ファシズムそして令和を重ねあい 新元号また忖度をする輩 令和とは民に命令下す気か …
  4. 淵上太郎さん
     去る3月20日朝、私たちの大切な仲間である淵上太郎さんがご逝去されました。  淵上太郎さ…
  5. 辺野古新基地断念を!3・19国会議員会館前行動
    辺野古新基地建設は断念を! 政府は沖縄の民意に従え! 安倍9条改憲 NO! 憲法審査会を始動させる…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

  2. 労働運動研究の権威 熊沢誠氏(甲南大学名誉教授) が3・10集会に出席、特別講演

    2019-4-6

    特別講演】熊沢誠氏「関生の弾圧状況は19世紀当時の英国と酷似」

  3. ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

    2019-4-5

    ストライキが犯罪か!3・10集会に600名超

  4. bansky ther is always hope

    2019-3-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(8)/菅孝行(評論家) 国家への幻想を超える隣人相互の信認の形成へ

  5. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る