書評】『孤立し漂流する社会を生きる私』―市民がつくる“憲活”レポート

市民がつくる“憲活”レポート

市民がつくる“憲活”レポート


『孤立し漂流する社会を生きる私』
日本消費者連盟/消費者・生活者9条の会 編

 ある労働組合の相談窓口で聞くと、相談に来る若い男性のほとんどは心を病んでいる。労災相談でもその大半は精神の障害だ。本書の一節にこんなくだりがある。
「職が定まらず、契約切れのたびに職探しとなれば、そりゃ人はうつになりますわね」。
「自分の経験も含めて話しますと、仕事がないと人前に出る必要がなくなりますわね。身だしなみを整える、家を片づけるというのは人前に出るからこそ。そもそも朝起きる必要がないから昼間も布団で過ごし、結果、夜眠れなくなる。で、夜には不安が襲ってくる。俺はこのまま人生を食いつぶしてしまうのか。そんな想念がぐるぐる回って、余計眠れなくなる・・・」

 安倍政権のもとで、憲法9条が空洞化され、日本は戦争ができる国になった。そして改憲がすぐ目の前の問題となった。ほんの数年前まで、こんな時代がこんなに早く来るとは想定できなかった。だが危機は9条だけではない。この20年、経済や企業活動のグローバル化が進む中で、格差の拡大、貧困層の増大が目に見えて進んだ。それと並行して、安心して平穏に生きる権利、健康で文化的な生活をする権利、労働者の働く権利、中小零細業者の生業の権利、教育を受ける権利、搾取と貧困・抑圧を受けない権利、地域でくらす権利、これらすべてがこわれてしまった。思想・信条の自由や知る権利が抑制され、社会は息苦しさが増している。

資本家のモラルは崩壊した これらはすべて憲法で保障されている権利であるにもかかわらず、私たちはそれを個別の問題としてとらえ、そのすべてが憲法の問題であるととらえきれていなかった。その結果、生活や労働の足元で、憲法そのものが空洞化してしまったのである。憲法をないがしろにされても黙っている国民だから、9条の解釈改憲にも何も言わないだろうと、そうして集団的自衛権行使容認が決まった。

 本書は、こうした憲法状況を生活と労働の足元から見つめ直し、憲法を活かす活動をつくりあげることをめざして編まれた。帯に「市民がつくる“憲活”レポート」とある。本書「はじめに」で編者を代表して大野和興・日本消費者連盟共同代表は、その思いを次のように述べている。

 「日本消費者連盟はその50年近い歴史を、『すこやかないのちを未来につなぐ』を合言葉に、『消費者・生活者の権利』を掲げて活動してきました。活動の根拠はすべて憲法にありました。憲法の平和主義のもとで、『健康で文化的な生活』を営み、個人が尊重され、おだやかに、のびのびと自由に、尊厳をもって働き、生きることができる社会をめざして活動を積み上げてきたのです。その憲法が危うくなってきていると感じた2014年秋、日本消費者連盟が軸となって呼びかけ、『消費者・生活者9条の会』を多くの人たちと立ち上げました。憲法をくらしの足元から改めて見つめなおし、自分のものにしていく活動を積み上げなければならないと考えたらからです。」

地域で支え合って貧困に立ち向かう 本書は、子ども、高齢者、女性、非正規労働者、野宿者、崩壊寸前の地域社会、医療や教育の現場に分け入り、現実に起こっている人権侵害を具体的に生き生きと紹介する第Ⅰ部と、そうした現実に向き合い、対抗する運動の現場のリーダーの寄稿と専門家によるあるべき社会に向けての方向性の提示からなるⅡ部で構成されている。

 冒頭紹介した一節は、Ⅰ部の労働現場の実態を描いた「働けど働けど」の一部である。ここでは、山間地域の村の崩壊という現実の傍らで、都内で社会保険事務所が北関東を対象に生活保護費つきで高齢者を送りこめる施設を探している実態も報告される。いま、東京23区内では長年生活し、仕事をし、友人も知人もいる地域に住めなくなっているのだ。

 Ⅱ部では、生存権、住む権利、平和に生きる権利、地域の自然を守る権利、生業を営む権利などを求めるさまざまの運動が紹介される。社会の崩壊の根底にある働く権利の解体に対しては、連帯労組関西生コン支部が50年のたたかいを通して切り拓らいてきた“競争させない”仕組みづくりが紹介されている。人と社会がかくも壊れてしまった大本のところに労働現場の劣悪化があること、関西生コンの運動はその状況と真っ向から対決、この国で唯一成功している事例であるからだ。

 戦争と平和の問題では、憲法学者の清水雅彦日本体育大学教授が述べている「戦争違法化」への道が興味深い。それは安倍政権が進める「戦争ができる国」への道とは眞逆の方向であり、世界の潮流はこちらがメインストリームになっているのだという(本書Ⅱ部3章)。
市民がつくる“憲活”レポート 清水さんの論考でもう一つ興味深いのは、単なる復古主義とみられている自民党改憲草案には、企業の儲ける自由だけは保障する条文が埋め込まれているという指摘である。詳しくは本書をお読みいただきたい。

 改憲が目前にきている今、草の根からの運動づくりの一助として、ぜひ手にとっていただきたい一冊である。コンパクトな新書版で、読みやすい。(編集部)


『孤立し漂流する社会を生きる私』(Amazon書店へ)
(七つ森書館、2015年5月刊、税込1000円)

「コモンズ」96号の表紙にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 在韓米軍演習

    2017-10-26

    米国「軍産複合体(MIC)」のおそるべき戦後世界史(上)/関西M

季刊「変革のアソシエ」No.31

最近の記事

  1. 値上げイラスト
    収入が増えないのに負担だけが拡大 4月から暮らしが変わる  4月から暮らしに関する様々な制度…
  2. 3・30「働き方改革」=残業代ゼロの過労死法案許すな国会前行動
    「働き方改革」=「過労死」法案を許すな! 残業代もゼロに!  安倍晋三内閣は4月初旬にも「働き…
  3. 原発のない福島を!3・17県民大集会
     3月17日、福島県楢葉町天神岬スポーツ公園において「2018原発のない福島を!県民大集会」が同…
  4. 桜イラスト
    官邸の入口にある地獄門 安倍打倒そだねーの声充ちる 美ら海にドシャドシャ入れることならぬ…
  5. 官邸前行動レポート写真1
    官邸前行動レポート/直接行動(DA)高屋直樹 森友学園の全貌解明と関係者の責任追及を行い 民衆の…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

4月
21
18:30 ゆれる歴史認識 トロントから「南... @ エルおおさか
ゆれる歴史認識 トロントから「南... @ エルおおさか
4月 21 @ 18:30 – 20:30
ゆれる歴史認識 トロントから「南京」「慰安婦」問題を巡って @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
 皆さんは ALPHA(第二次世界大戦歴史事実を守る会)をご存知ですか?  この会は1997年から第二次世界大戦のアジアでの戦争の歴史を学生たちやカナダの市民に正しく伝えようとカナダトロントで結成されました。現在 ALPHA の団体は、カナダやアメリカなどの都市で歴史認 識活動を展開しています。  「悲惨な戦争の歴史事実を知ってこそ、平和を大切に思い築いていける」との考え方は、カナダの歴史教師や中国系、韓国系市民に共感を受け多くのメンバーが活動に参加しています。私達「南京の記憶をつなぐ」会の趣旨とも重なります。  アジアの戦争中に起きた南京大虐殺や「慰安婦問題」731、細菌戦など、これまで日本やアメリカによって隠蔽されてきた歴史事実を、市民や若者に伝えようと教育界に働きかけて副読本作成や学生シンポ、サマーキャンプ、スタディーツアーなどの 幅広いグローバルな歴史教育を企画し実践しています。  カナダやアメリカでもここ数年、「慰安婦」少女像の建設、また昨年「南京大虐殺記念日」の制定をめぐって、日本の歴史修正主義者たちが攻撃をしかけました。私達は、今回トロント ALPHA のフローラ氏、 トロントと日本で取材活動をしている田中裕介さんを大阪に招請しました。北米での歴史認識活動の意義やそれを巡る状況、圧力などホットな話題をお話ししていただきます。皆さんぜひご参加ください。 ■日時:2018年4月21日(土)  午後6時10分開場 6時半開演 ■場所:エルおおさか 7階 734 号室  京阪地下鉄天満橋西へ5分 ■講演:フローラ・チョング(トロント MPHIAL副議長)     田中裕介(トロント在住ジャーナリスト) ■協力費:800円 ■主催:「南京の記憶をつなぐ」準備会 フローラ・チョングの略歴と講演: 「なぜアジアでの戦争の歴史を明らかにするのか」 香港出身。1987年にカナダへ移住。英国で修士号(社会正義及び教育学)取得。2005年から正規採用のボランティアとして勤務。以来、アジア太平洋戦争の文脈における人間性の価値と社会正義を批判的に理解する能力を養うための教育と一般社会の啓蒙のため助力してきた。高校、大学、コミュニティを訪問し講演し、国際会議などにアルファ・エデュケーションを代表して出席し発表してきた 現在、アルファ理事会の副議長及び所長として勤務している。 田中裕介の略歴と講演: 「カナダから見える『南京』や『慰安婦』の歴史認識」  北海道出身。早稲田大学卒業。1986年にカナダへ移住。日系コミュニティ新聞の日本語編集者として20年以上勤務し、取材過程で多くの日系人会議、日系史発掘、エスニック問題、人権運動と取り組んできた。1994年以来、民話や創作を英語で語る「語りの会」を主宰し、自らカナダのみならず NY、韓国などでも活動してきた。また、日本の大学などでカナダに関する講演もしている。現在はフリーランスとして、日系メディアや「戦争責任研究」等の学術誌に執筆してきた。訳書に「ほろ苦い勝利」(現代書館)「暗闇に星が輝く時」(朔北社)等。 アルファ教育財団とは  非営利慈善団体。アジア・太平洋戦争史の中でしばしば看過されてきた史実の啓蒙と批的理解を高め、正義と平和、和解の価値を探ることを使命とし4つの方向性を伴う教育と代表発言活動を行っている。 1. 教育者、学生と共に活動する・学校でのワークショップ、会議開催・教材制作、教育者のために研修旅行、会議を開催 2. 青年層の強化・学生主体で大学でのアルファ支部・夏季集中研修、インターンシップ 3. 研究支援 ・記録・資料館のデジタル化事業・大学研究インターンシップ・学生への支援 4. コミュニティの連携 ・映像制作:「アイリス・チャン・レイプ・オブ・南京」、「アポロジー」等・出版:松岡環著「南京引き裂かれた記憶」
4月
23
18:00 第14回怒りのデモ 森友問題の核心... @ 大阪城公園「世界連邦平和像」前
第14回怒りのデモ 森友問題の核心... @ 大阪城公園「世界連邦平和像」前
4月 23 @ 18:00 – 20:00
第14回怒りのデモ 森友問題の核心は安倍昭恵と晋三だ! @ 大阪城公園「世界連邦平和像」前 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■日時:2018年4月23日(月)18時集会、19時デモ出発 ■場所:大阪城公園「世界連邦平和像」前  大阪市中央区大阪城1-1 (大阪城公園 大手前広場)  大阪城の西側。大阪府庁のほぼ正面の道路を渡った広場にあります。 ■主催:「森友問題」疑獄を許すな!実行委員会  連絡FAX06-6304-8431
4月
26
18:00 沖縄意見広告運動全国キャラバン ... @ 連合会館
沖縄意見広告運動全国キャラバン ... @ 連合会館
4月 26 @ 18:00 – 20:00
沖縄意見広告運動全国キャラバン 歓迎と激励の集い @ 連合会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 沖縄から出発した全国キャラバン隊が東京に来ます 4.26「歓迎と激励の集い」に参加ください  1月17日に沖縄辺野古現地を出発点とした沖縄意見広告運動の全国キャラバン隊が、沖縄コースを経て、2月には四国コースを、さらに九州コースなどを回り、4月には23日名古屋、24日静岡、25日千葉を経て26日東京に入ります。  そこで、全国キャラバン隊の皆様を迎え、各地での行動報告を聞き、その労をねぎらい、激励する集いを持ちます。是非、ご参加ください。 ● 日時:2018年4月26日午後6時~ ● 会場:「連合会館」2階201号室  東京都千代田区神田駿河台3丁目2−11   東京・JR御茶ノ水駅より徒歩3分 ● 主催:第9期沖縄意見広告運動  http://www.okinawaiken.org/ 沖縄意見広告運動とは? 沖縄の痛みを、全ての人びとの痛みとして、みんなで受けとめよう! 「普天間即時閉鎖、辺野古(海・陸)やめろ、海兵隊いらない」 このような想いのもと、沖縄意見広告運動は2010年3月に発起されました。国内外の新聞各社への意見広告掲載を中心に様々な活動を行なっています。 意見広告には、公表可能な賛同者の方々のお名前を掲載しています。 【第8期 国内向け意見広告】 掲載日:2017年6月3日 掲載紙:琉球新報、沖縄タイムス、朝日新聞 各朝刊 賛同者総数:12,548件 公表可:10,481件 匿名希望:2,067件 賛同団体:437件 ■ 第9期広告の掲載日は6月3日(日)予定 1万5000件の賛同目標実現にお力を!  賛同者のみなさま。いつもご賛同、ご支援をありがとうございます。  第9期沖縄意見広告の掲載日は6月3日(日)を予定し、沖縄2紙と全国紙との交渉に入りました。9期の目標は、第8期の1万件越えの成果を受け、さらに15000件の賛同を目標に、運動拡大に取り組んでいます。  どうぞ、友人、知人へ賛同の輪を広げて下さい。  振込表付きの第9期新チラシが必要な方は事務局まで連絡ください。  すぐに、お送りします。 沖縄意見広告運動事務局 ● 電話 03ー6382ー6537 ● FAX 03ー6382ー6538 ● mail info@okinawaiken.org (「コモンズ」117号の目次にもどる)

特集(新着順)

  1. 官邸前行動レポート写真1

    2018-4-18

    青年たちは今(3)官邸前行動レポート/高屋直樹(直接行動)

  2. 安倍は辞めろコールの広がり

    2018-4-17

    「森友疑獄」発覚の一歩から一年 渦中の木村豊中市議に聞く(下) ― 官僚に責任押し付ける権力の末路

  3. 2018-4-13

    今、関西でなにが起きているのか ― 在特・ネオナチ一掃の市民連携へ

  4. 痛いウヨキャラ

    2018-4-1

    ネットウヨ・ヘイト団体と化したか「公益社団法人」日本青年会議所 ー ヘイトキャラ「宇予くん」が問題化

  5. ナ・ヤンイルさん

    2018-3-31

    安倍が煽る米朝戦争の危機を止めよう ー 2・24 平和集会での発言から

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る