沖縄県民大会に呼応し6・19国会前に1万人

怒りと悲しみの沖縄県民大会に呼応する命と平和のための6・19大行動

国会正門前に1万人が参加


 繰り返される米兵犯罪に、沖縄の怒りは頂点に達している。沖縄では6月19日、那覇市奥武山公園陸上競技場において怒りと悲しみの沖縄県民大会が開催され、6万5千人の市民が参加した。これに呼応して本土でも全国40箇所以上で集会が行われた。
 東京では戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会と、「止めよう! 辺野古埋立」国会包囲実行委員会の共催で国会議事堂正門前で開催され、1万人の人々が参集した。参加する多くの人々が、黒い服に身を包み、弔意を表しての参加であった。

沖縄県民大会に呼応し6・19国会前に1万人 沖縄県民大会に呼応し6・19国会前に1万人

●県議会で初めての海兵隊撤退要求決議

菱山南帆子さんのリードでコール

菱山南帆子さんのリードでコール

 集会は午後2時、犠牲者に対する1分間の黙祷で始められた。
 開会のあいさつを沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックの外間三枝子さんがおこなったあと菱山南帆子さんのリードでコールが行われた。

 続いて、沖縄から駆けつけた沖縄平和運動センター事務局長の大城悟さんがあいさつを行なった。大城さんは、沖縄県議会で初めて、海兵隊の撤退を求める決議を挙げたことを報告し「今の沖縄の怒りを表す決議です」と訴えた。
「沖縄の怒りを表す決議だ」大城悟さん

「沖縄の怒りを表す決議だ」大城悟さん


 続いて、国会議員からの発言があった。民進党衆議院議員の初鹿明博さん、共産党副委員長の田村智子さん、社民党の吉田忠智党首が次々と登壇し、野党共闘で自民党政府を倒そうと訴えた。

 沖縄出身の島袋みえ子さんは「基地建設をやめさせるまで絶対負けません。勝つまで闘います」と語った。沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックの青木初子さんは名護での追悼集会で「未来を断ち切られた娘の悲しみはこれで最後にして欲しい、娘を失った親の悲しみはこれで最後にして欲しい」と語ったご両親のことばを紹介し、「怒りが渦巻きます。なんで沖縄がこんな目に会い続けなければならないのか。この問題は皆さんの問題でもあります」と訴えた。
 日音協の音頭で「沖縄を返せ」を歌ったあと、再びコールを行なった。
延々と続く人波で国会前は埋め尽くされた

延々と続く人波で国会前は埋め尽くされた


 沖縄現地からの翁長知事の声が会場に流された。知事は殺害された場所に行って花を手向け手を合わせた事を報告した。また安倍総理は「日本を取り戻す」と言ったが、その中に沖縄は入っているのかと問い掛け、日米地位協定の見直しを強く要望したが、安倍総理はいまだに「辺野古が唯一の解決策」だと言っている。この大きな壁を勇気と誇りを持って乗り越えて行こうと訴えた。また県民の生命と財産、尊厳と人権を守り、県民の先頭に立って日米地位協定の見直し、海兵隊の撤退を求める不退転の決意を表明したとき、参加者一同から大きな拍手が湧き起こった。

●私たちは私たちの民主主義を破壊している

発言に立つ落合恵子さん

発言に立つ落合恵子さん

 次に作家の落合恵子さんがあいさつに立った。
 落合さんは、まず太平洋戦争末期に沖縄では4人に1人が犠牲となった事、またその人たちの中に日本軍から集団自決を強制された人々が少なからずいた事を想起しようと訴えた。また戦後1955年のゆみこちゃん事件以来数え切れないほど繰り返された暴力犯罪の一部を数え上げ、「この沖縄の暴力を許している限り、私たちは私たちの民主主義を破壊している」と訴えた。そして沖縄と連帯するためにもそれぞれの生きている所で政治家を落選させていこうと語った。

 日弁連憲法問題対策本部の山岸良太さんが登壇し、自民党改憲草案の問題点を指摘した。自民党の草案では「個人の尊厳」を「人の尊厳」に変え、「公共の福祉」を「公の秩序」に変えることで戦前のような国家制度に変えてゆく危険性を指摘した。個人の尊厳を大切にし基本的人権を守るために共に頑張ろうと結んだ。

6・19国会前 乱鬼龍さん

乱鬼龍さん

ジグザグ会

ジグザグ会


 続いて戦争をさせない1000人委員会の清水雅彦さん、戦争する国づくりストップ 憲法を守り・いかす共同センターの小田川義和さんがそれぞれ発言したあと、最後に解釈で9条壊すな実行委員会の高田健さんが「諸悪の根源は安倍晋三内閣にある。この内閣を何としても打倒する。野党共闘で闘おう」と訴えた。そして最後に参加者全員でコールを行なった。晴れわたる空のもと、「女性の殺害徹底糾弾!」「辺野古新基地建設反対!」の声が霞ヶ関一帯に鳴り響いた。



「コモンズ」97号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 映画『ユーターン』

    2017-10-28

    映画評『ユーターン』(2015年・ルーマニア) 遺伝子組み換え問題への新らしい視野を提示

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る