アン・ライトさん(元米軍大佐・外交官)の講演 ‐ 6・12集会より(2)

2.アン・ライトさん アメリカからの特別ゲスト講演(要旨)
米陸軍退役大佐・元外交官・平和のための退役軍人の会

アン・ライトさん 第7期沖縄意見広告・東京集会 私は29年間米陸軍に勤め、大佐で退役した後、外交官としてニカラグア、グレナダ、ソマリア、ウズベキスタン、キルギス、シエラレオネ、ミクロネシア、アフガン、モンゴルの米国大使館に勤務していました。
 しかし2003年3月、ブッシュ政権のイラク戦争に反対して辞表を提出しました。現在は平和のための退役軍人の会、コードピープルリメンバーフォーピース、平和と正義のための連合など様々な平和団体で活動しています。
 さきほど上原さんが私を「平和のための外交官」と紹介しましたが、それは大変うれしいことばです。なぜなら多くの外交官は残念ながら平和のためには仕事をしていないからです。

■「問題を暴力で解決する」訓練を受ける兵士たち

 私はまず沖縄で起きた事件について、米軍に29年間在籍した者として謝罪しなければなりません。私は沖縄に4日間ほど滞在中、基地・軍隊をゆるさない行動する女たちの会の高里鈴代さんに沖縄を案内していただきましたが、その団体は沖縄での米軍による暴力を記録してきて、現在それが28ページになっています。私は沖縄の女性たちとともに、20歳の被害者が発見された現場にも行き、追悼いたしました。

映画『ONE SHOT ONE KILL 兵士になるということ』予告編
人は人を殺せるようには、できていない。では、どうすれば、普通の若者が
戦場で人を殺せるようになるのか?サウスカロライナ州パリスアイランド。
米海兵隊ブートキャンプ、12週間の新兵訓練のドキュメント。公式サイト


 軍隊の任務は国際的紛争や対立を暴力を使って解決することです。軍人はそのために暴力に対して暴力で返す訓練を受けています。
 米軍による暴力は軍隊の中だけでなく個人の私生活の中でも起こっています。家族や友だち、他人との関係の中でも怒り、憎しみ、優越感などを暴力で解決しようとします。

 本日は軍隊の暴力の被害者で、力強くたたかってきたキャサリン・ジェーン・フィッシャーさんもおいでになっています。キャサリンさんは、最近日本語の本を出版されましたが、その中では米軍だけでなく、日本の警察の暴力についても書いています。

 米軍の暴力は基地の中や外に住んでいる家族の家庭内暴力も多いです。軍関係者による軍関係者への暴力も多く、統計によれば平均6年の勤務期間に3人に1人の女性が暴力を受けています。米国防総省の統計によると軍隊内の性暴力事件は毎年2万件も発生しています。またその起訴率が非常に低いのも特徴です。起こった事件のうちたった7%しか起訴されていません。

■環境破壊と犯罪は基地を撤去するまでなくならない

20130725基地環境問題 10日ほど前にオバマ大統領が日本を訪問した時、最近の米軍元兵士による殺人について大変残念と発言しましたが、70年にもわたる米軍による沖縄占領について何の謝罪のことばもありませんでした。また、最近発表された基地による環境破壊についての8500ページにもわたる報告書に関しても何も言及しませんでした。その報告書には生物・化学、そして兵士による環境破壊について詳細に書かれています。その環境破壊の実態は日本政府にさえ報告されていません。

 悲劇的なことですが、70年間の在沖米軍の歴史を見ると、米軍が沖縄に存在するかぎり、このような犯罪行為は続きます。沖縄の女性や子どもに起きている被害を止めるためにも、基地による環境破壊を止めるためにも、基地そのものを撤去しなければなりません。
 この背景には日米地位協定があります。大変不平等なこの協定によって米軍は報告の義務がありません。また基地の中での犯罪行為についても報告の義務がありません。この地位協定によって基地の中でどれだけ多くの犯罪が行われているかわかりません。いまこそ日米地位協定見直し交渉をするべき時です。そして米軍に責任をとってもらうということです。

 数日前、辺野古と大浦湾を見ましたが、軍用施設のひとつもない美しい海でした。その光景に涙が止まりませんでした。2015年12月にも訪問しましたが、その時には大浦湾にはたくさんの軍用施設(編集部注:正確には埋立て工事設備)がたくさんあって悲しい思いをしました。
 沖縄の市民の皆さん、そして選挙で選ばれた皆さんが成し遂げた辺野古での一時的な基地建設差し止めは前例がない事です。沖縄の皆さんと支援者の皆さんが基地建設阻止のために日米政府に立ち向かっている事は素晴らしいことです。
韓国済州島・江汀村の抵抗運動

韓国済州島・江汀村の抵抗運動


 東北アジアでは沖縄の他にもうひとつ、韓国済州島の江汀(カンジョン)村では海軍の巨大な基地建設を阻止するための活動を8年間続けてきましたが、残念ながら止めることはできませんでした。その大きな理由のひとつは政府が建設を推進したからです。政府は建設に対する妨害だとして116人の市民と5つの村の団体を損害賠償請求で訴えました。

■世界の反基地運動と連帯して闘おう

平和のための退役軍人会(アメリカ)Veterans For Peace

アメリカ・平和のための退役軍人会 Veterans For Peace

 次に沖縄基地撤去のための国際的連帯運動をどう作っていくかについて一緒に考えていきたいと思います。米軍基地が沖縄の2割もの土地を占領していることを考えると、これは国際的にもこの問題を拡げていかなければならない問題だと考えています。

 米軍は全世界に800もの基地を持っています。最も多い順にドイツに174箇所、日本に113箇所、韓国に83箇所あります。
 アメリカ以外に国外に基地を持つ国は8カ国ですが、それらの国々の基地を全部合わせても30箇所に過ぎません。イギリスは7箇所、フランスは5箇所、そしてロシアは8箇所持っています。

ドイツ・ラムスタイン米空軍基地反対運動

ドイツ・ラムスタイン米空軍基地反対運動

 これらのほぼ全ての米軍基地には、それに対抗してたたかう市民運動があります。そしてこれらの市民たちこそが沖縄のたたかう市民の仲間なのです。
 私は国際的に様々な運動団体と一緒に活動しています。それらの団体は沖縄のたたかいに共感を持ち、自分たちにどのような連帯活動ができるかを考えています。そうした団体が例えば「ノーベース・オキナワ」(沖縄基地反対)というメッセージをメルマガやニュースレターなどでインターネットを通して発しようとしています。もうひとつ、海外から沖縄にもっともっと代表団を送ることです。

 全世界の800の米軍基地をぜひ閉鎖させましょう。
 海外で活動している団体を紹介します。私たちはフェイスブックで連絡しあっています。

イタリア・NoMUOS運動

イタリア・NoMUOS運動

  • 平和のための退役軍人会(アメリカ)。
    アンさんも参加している。
  • オーストラリア反基地キャンペーン連合
  • ドイツ懲役拒否の団体
  • ドイツ・ラムスタイン米空軍基地反対運動
  • ストップ・ザ・ウォー(イギリス)。
  • 済州島の市民団体
    何度も沖縄に代表団を派遣している。
  • NoMUOS。イタリア・シチリア島の団体。京都のXバンドレーダーに似ている米軍レーダー基地への反対運動。
  • 創造的な非暴力のための声。済州島やアフガニスタン、パキスタンに代表を派遣している。
  • 第4回平和・海外基地廃止のための国際セミナー(キューバ)。113年前からの古いグァンタナモ米海軍基地がある。
  • スコットランドの原子力潜水艦に対する非常に強い反対運動
  • ピースボート。日本の世界の現場に船で連れていく運動。
  • イタリアのピチェンツァで建設されようとしている基地に反対する運動
  • アイルランド、イランやアフガンへの出兵にシャノン空港を使わせる事に反対する運動
  • アメリカ、ネバダ砂漠の核実験現場を見学し核兵器に反対する運動
  • 本当の安全保障のための女性の会(アメリカ)。
  • スクールオブウォッチ(アメリカ)。子供たちに米軍から軍事訓練を受けさせるのをやめさせる運動
  • パッチェエーベネ。非暴力で戦争に反対するキリスト教の団体。
  • DMZハワイ

3.質疑応答 会場からの質問に答えて

 休憩のあと、参加者からあらかじめ配布されていた質問用紙でのたくさんの質問が提出された。一部を紹介する。

【質問】沖縄海兵隊の新人教育が沖縄にとって屈辱的な内容であるのはなぜなのか。ドイツなどの基地でもそうなのか。
ジョン・ミッチェルさんの特ダネを紹介する琉球新報(5/26)

ジョン・ミッチェルさんの取材
を紹介する琉球新報(5/26)

【アンさん】マニュアルになっているという事は上層部からそのような意識であることを示している。基地が沖縄に存在する限りこのような問題は続く。全ての沖縄基地を無くす事が解決の道です。
【安次冨さん】これを暴露したのはジョン・ミッチェルさんでした。これを読んで「沖縄人はゆすりたかりの名人でゴーヤも作れない」と言った元沖縄総領事のケヴィン・メアを思い出しました。沖縄は彼らにとって「植民地」なんです。だからヨーロッパに派遣される時のマニュアルは違うと思います。

【質問】8500ページの沖縄環境破壊に関する資料はどうやって入手できるか。
【アンさん】その資料もジョン・ミッチェルさんが情報公開法を使って手に入れたものです。本当に素晴らしいジャーナリストです。彼はこのページを全部スキャンして彼のホームページで公開しています。彼が記事を書いている『ジャパン・タイムズ』でも公開されています。

【質問】全世界に800もの基地があることについてアメリカ人はどう考えているのか
【アンさん】ほとんどのアメリカ人は海外に800もの米軍基地があることや皆さんのお金で米軍基地を維持しているという事実を知りません。

(「コモンズ」97号の目次にもどる)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 6・15東京「業種別職種別ユニオン運動」研究会発足記念シンポ

    2017-8-10

    6・15東京「業種別職種別ユニオン運動」研究会が発足ー関生型運動プログラム始動

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 武洋一さん
     今回行動は、2010年の歴史的な建設ゼネストの最終決着としてのスト貫徹である。いわば全産業通じ…
  2. スト中に車を手入れする労働者
    下請け業者権益を守り、建設労働者の雇用安定、産業の公平性原理訴え 関西ゼネコン支配を震撼させた、2…
  3. 獅子舞イラスト
    世直しへどっと新年明けてくる 新しい主体よ我よ年新た この国の劣化破断の日までする …
  4. 20171103 国会前 改憲阻止
    新年の闘いへの決意 もう一つの「日本列島弧自治共和連邦」構想を 昨12月の沖縄集会とストライキ…
  5. コモンズ最新号目次
    一面 年頭にあたって 年頭にあたって 対米従属の「この国の形」を変える時安倍改憲阻止・辺野古…

行動予定

1月
24
11:30 『警視庁機動隊の沖縄への派遣は違... @ 東京地方裁判所
『警視庁機動隊の沖縄への派遣は違... @ 東京地方裁判所
1月 24 @ 11:30 – 12:00
『警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 住民訴訟』第5回口頭弁論/霞ケ関 @ 東京地方裁判所 | 千代田区 | 東京都 | 日本
きたる2018年1月24日(水)、警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 第5回口頭弁論がおこなわれます。 ぜひとも今回も傍聴席を満員にして、東京地裁に誠実な審議を求めていきましょう! ご参加をよろしくお願いします。 ■日時:2018年1月24日(水)午前11時半 開廷 ■場所:東京地方裁判所103号法廷  東京メトロ「霞ケ関」駅A1出口1分、東京都千代田区霞が関1-1-4 ▶︎ 傍聴券が抽選の場合があります。開廷40分前までにお越しください。 ▶︎ 10時半から地裁前アピールをおこないます。こちらもご参加ください。 ▶︎ 終了後に報告会をおこないます。 ぜひとも傍聴を!  米軍新基地建設の警備と称して、全国から機動隊が派遣され、暴力的に市民を排除するようなことを二度とさせないためには、警視庁機動隊が沖縄に派遣された経緯を明らかにし、現地での弾圧行為をしっかり問う実態審理が本訴訟で行われることが不可欠です。  前回の第4回口頭弁論でも、東京都側はまともな回答をしていませんでしたが、次回以降は法案に沿って話を進めようということになりました。次の口頭弁論が注目されます。  これまでの口頭弁論は傍聴席が満員となりました。ぜひとも今回も傍聴席を満員にして、東京地裁に誠実な審議を求めていきましょう! 1月24日 当日の動き 1. 東京地裁前アピール:午前10時30分〜(東京地裁前、東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ケ関」駅A1出口からすぐ) 2. 第5回口頭弁論:午前11時30分〜(30分程度、東京地裁103号法廷 ※傍聴者が多い場合は抽選になります。傍聴希望のかたは10時50分までにお越しください) 3. 報告会:口頭弁論後におこないます。 ■お問い合わせ:警視庁機動隊の沖縄への派遣中止を求める住民監査請求実行委員会 ▶︎E-mail:juminkansaseikyu[at]gmail[dot]com (※[at]を@に、[dot]を.に変えてご利用ください) ▶︎Facebook:「警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 住民訴訟」
1月
25
18:30 デマで沖縄への偏見をあおった「ニ... @ 東京MXテレビ本社前
デマで沖縄への偏見をあおった「ニ... @ 東京MXテレビ本社前
1月 25 @ 18:30 – 19:30
デマで沖縄への偏見をあおった「ニュース女子」 東京MXテレビは訂正と謝罪を!  第31回抗議行動/半蔵門駅 @ 東京MXテレビ本社前 | 千代田区 | 東京都 | 日本
◆日 時:2018年1月25日(木)18:30~19:30 ◆場 所:東京MXテレビ本社前      千代田区麹町1-12      地下鉄半蔵門線「半蔵門」駅 3A番出口      地図→http://s.mxtv.jp/company/map.php ◆呼びかけ:沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志       https://twitter.com/nonewsjyoshi ◆連絡先:nonewsjyoshi@gmail.com 朗報です! 12月14日、BPO(放送倫理・番組向上委員会)が、「ニュース女子」(東京MXテレビ、2017年1月2日放送)には「重大な放送倫理違反があった」とMXに意見しました。  沖縄の基地建設反対運動への取材がなかったことを見過ごし、事実の裏付けの確認も怠ったなどの問題点を挙げ、「本来放送してはいけない番組だ」と厳しく批判しました。  しかし、MXは同日、「考査体制の改善に着手している」「再発防止に努める」というコメントを発表しただけで、訂正も謝罪もしていません。  「捏造、虚偽があったとは認められない」という自社の見解も撤回していません。  「再発防止」と言うからには、悪いことをしたという自覚があるはず。  大前提となる「訂正と謝罪」を示すまで、抗議を続けます。 【行動のねらいとガイドライン】  ・MXの良心を励まし、訂正と謝罪を求めます。  ・人をおとしめるような言葉は使いません。  ・妨害されても挑発に乗らず、抗議に集中しましょう。  ・単独で動かず、相談してみんなで動きましょう。  ・動画撮影は許可制です。顔がわかる撮影は本人の了解を得てください。  抗議行動やデモのための諸経費がかかります。支援カンパをお願いします。  口座名:中央労働金庫 新宿支店 普通149400 沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民 *MX前での抗議行動は第2・第4木曜日です。  最新情報はTwitter @nonewsjyoshiでご確認下さい。 〔毎日新聞 2017年12月14日 14時33分(最終更新12月14日15時05分)〕  沖縄県の米軍基地反対運動を取り上げた東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)のバラエティー・情報番組「ニュース女子」に「誤解や偏見をあおる」などと批判が出ている問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長・川端和治弁護士)は14日、MXが番組をチェックする際に「抗議活動を行う側に対する取材の欠如を問題としなかった」「放送内容の裏付けを制作会社に確認しなかった」などとして「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。  審議の対象となったのは1月2日放送の「ニュース女子」。  沖縄県の米軍ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設への抗議活動について「過激デモで危険」「テロリストみたい」などと伝え、放送後に「事実関係が誤っている」などと批判が出ていた。同委員会は2月、番組の審議入りを決めた。  「ニュース女子」は制作会社のDHCシアター(現DHCテレビジョン)などが制作。MXは同月、番組について「事実関係において捏造(ねつぞう)、虚偽があったとは認められず、放送法及び放送基準に沿った制作内容だったと判断している」とする一方、「適法に活動されている方々に関して誤解を生じさせる余地のある表現があったことは否めず、当社として遺憾」との見解を示していた。  同局は「ニュース女子」を「今後も適切な考査をした上で放送していく」としている。  1月放送の「ニュース女子」を巡っては、人材育成コンサルタントの辛淑玉(シン・スゴ)さんが番組内で中傷され人権を侵害されたとして、BPO放送人権委員会(委員長・坂井真弁護士)に申し立て。  同委員会は5月に審理入りを決め、今後、結果を公表する。 【屋代尚則】
1月
27
18:00 BPOがついにダメ出し!放送倫理違... @ 文京区民センター
BPOがついにダメ出し!放送倫理違... @ 文京区民センター
1月 27 @ 18:00 – 20:00
BPOがついにダメ出し!放送倫理違反の東京MX「ニュース女子」沖縄報道を問うシンポジウム/文京  白石草氏、安田浩一氏、泰真実氏 @ 文京区民センター | 文京区 | 東京都 | 日本
■と き:2018年1月27日(土)17:45開場、18:00開始 ■ところ:文京区民センター 2A  東京都文京区本郷4−15−14 地下鉄「後楽園」「春日駅」  地図→http://skc-net.jp/info/map/map-kumin-center.htm  ※文京シビックセンターとのお間違えにご注意ください。 ■シンポジウム登壇者:  白石 草(しらいし・はじめ)さん(非営利ネット放送局 OurPlanet-TV 代表)  安田浩一さん(ジャーナリスト)  秦 真実(やす・まこと)さん(医療職、一市民) ■資料代:500円 ■主 催:沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志     https://twitter.com/nonewsjyoshi     nonewsjyoshi@gmail.com  2017年12月14日、BPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理検証委員会が、「ニュース女子」(東京 MX)テレビ放送・2017年1月2日)の沖縄基地問題の特集について、審議の結果、重大な放送倫理違反があったと発表しました。  これを受けて、東京MXテレビは再発防止に努めると表明しながら、いまだに具体的な訂正も謝罪も行っていません。  私たちは、ネット上にあふれるウソやデマが公共の電波を使ったテレビでも流されるようになったことを大変懸念しています。  事実に基づかない、基地に反対する沖縄の人々を誹謗中傷する報道番組が蔓延すると、沖縄への偏見が社会に根付いてしまいます。  基地に反対する沖縄の人々は弾圧しても構わないという世論が形成されていくことにもつながるのではないでしょうか。  私たちは東京MXテレビに「ニュース女子」の沖縄基地問題特集の報道について、訂正と謝罪を求めています。  このシンポジウムでは、BPOの勧告を踏まえ、東京MXの「ニュース女子」の事例を中心にしながら、様々なフェイクニュースが報道される背景について論じ、ウソやデマの報道を許さない社会のつくり方を考えます。
1月
31
19:00 世界を揺るがすエルサレム問題とは... @ ピースボートセンターとうきょう
世界を揺るがすエルサレム問題とは... @ ピースボートセンターとうきょう
1月 31 @ 19:00 – 20:30
世界を揺るがすエルサレム問題とは?トランプの首都認定がもたらすもの  講師:高橋真樹さん/高田馬場 @ ピースボートセンターとうきょう | 新宿区 | 東京都 | 日本
<要予約> ■日 時:2018年1月31日 19:00〜20:30(開場18:30) ■場 所:ピースボートセンターとうきょう  東京都新宿区高田馬場3-13-1-B1  JR/西武新宿線/地下鉄東西線 高田馬場駅 早稲田口より徒歩7分 ■参加費:500円 ■予約方法 :予約ボタンまたはお電話にて03-3363-7561(10:00-19:00)  http://peaceboat.org/event/event-apply.html?event_id=21833  トランプ大統領が、「エルサレムはイスラエルの首都」と認める宣言を行ったことで、中東のみならず国際社会を揺るがす大問題に発展しています。  でも、そもそもいったい何が問題で、エルサレムはどこに属しているのか、ニュースを見てもよくわからないのではないでしょうか?そこで、世界的に有名な町なのに世界一わかりにくい状況に置かれているエルサレムをめぐる問題について、『ぼくの村は壁に囲まれた』(現代書館)でパレスチナ問題を伝えたノンフィクションライターの高橋真樹さんに解きほぐしていただきます。  パレスチナ問題への理解だけでなく、これからの世界や日本のあり方にも関わってくるお話です。 ■講師:高橋真樹さん(ノンフィクションライター)  ノンフィクションライター。放送大学非常勤講師として「パレスチナ難民問題」の授業を長年担当。平和、人権、環境、エネルギーなどをテーマに、日本全国、世界70カ国以上で取材。著書に『ぼくの村は壁に囲まれた-パレスチナに生きる子どもたち-』(現代書館)、『イスラエル・パレスチナ 平和への架け橋』(高文研)など多数。2018年2月公開のドキュメンタリー映画「おだやかな革命〜これからの暮らしを巡る物語〜」では、アドバイザーを務める。また、自身のエコハウス生活をリポートするブログ「高橋さんちのKOEDO低燃費生活」も好評。 ■主催:ピースボート  http://peaceboat.org/21833.html

特集(新着順)

  1. スト中に車を手入れする労働者

    2018-1-22

    関西生コン2労組のストライキ 年内で決着みる 労働者が業界全体のコンプライアンス改善を求めた「利他的スト」の歴史的意義

  2. 吉村洋文

    2017-12-28

    維新・吉村大阪市長「慰安婦像」めぐり姉妹都市断絶宣言 -米国紙の論調にさぐる・日本の平和イメージをぶちこわした暴挙

  3. 2017-12-26

    人民新聞社に弾圧 いいがかりの家宅捜索で編集長を逮捕

  4. 2017年衆議院選 新潟野党結集

    2017-12-25

    選挙分析】農村部の動きをどうみるか? 農村部でリベラル・革新が互角でたたかえる条件はそろっている

  5. 2017-12-21

    ロヒンギャ問題の背景をさぐる -これは国家主導の人種差別政策・アパルトヘイトだ!

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る