書評】原村政樹著『無音の叫び声』生活と平和への祷り

無音の叫び声

(画像↑:映画版公式サイトより)
 山形の寒村牧野(まぎの)に小作人の長男として生まれた木村迪夫(みちお)こそ、農民詩人としてわが国表現者の中で畏怖されつつこれからも語られるに足る巨大な存在だ。 
 
書籍版「無音の叫び」 (Amazon書店で見る)

書籍版「無音の叫び」

 父・叔父を戦争で亡くし、農に生きる以外に選ぶ術なく戦後に投げ出された木村。
 出稼ぎそして廃棄物収集に関わり生き続ける、痛切な体験から紬ぎ出された多くの詩とともに進んだ彼の生涯。
 それは「村」と「土」とに結びつけられ、戦後日本の「農」の変遷を痛切に伝える語り部として彼の姿は大きく、全ての表現者に向け、〈芸術は、芸術家だけのものなのか?〉なる重いテーゼを、著者・原村政樹映画監督の口から語らせる…。

 山形映画祭などで喝采をあびた話題の同名ドキュメンタリー映画で、木村の戦後に追った原村。
 その問いそのままに、それら映画を貫く木村の詩の精華を折り込んだこの書は、木村自身のモノローグで詩作と彼が対面した戦後背景とを咄々とした肉声で語らせる。
 表現者の史伝テキストとして、詩人の作品編年史と思索の背景にまで触れた最上質の〈農民詩人・木村迪夫〉入書書としてさらに…丹念な紹介の書として、必見だ。

原村政樹『無音の叫び声―農民詩人・木村迪夫は語る』農山漁村文化協会刊(Amazon書店へ)

【目 次】ーーーーーーーーーーーーーーーーー
はじめに
木村迪夫さん

木村迪夫さん

1.農民詩人・木村迪夫の誕生
・大地に生きる詩人
 「夢の棲処」※詩集「光る朝」より
・自我の目覚め
 「百姓」※詩集「雑木林」より
・研ぎ澄まされた精神
 「朝」※詩集「雑木林」より
 「立ちあがる木」※詩集「光る朝」より

2.逆境の中で
・反戦詩人・木村迪夫
 「父」※詩集「雑木林」より
・戦争未亡人となった母
 「出征の日」※詩集「生きている家」より
 「帰郷」※詩集「いろはにほへとちりぬるを」より
・祖母の慟哭
 「祖母のうた」※詩集「わが八月十五日」より
・非情な村
 「とほうもないならわし」※詩集「何かが欠けている」より
・戦争で父を失って
 「十年」※詩集「わが八月十五日」より

3.村を描く
・真壁仁との出会い
 「峠」※真壁仁詩集「日本の湿った風土について」より
 「米」※詩集「生きている家」より
 「おはんのうた」※詩集「わが八月十五日」より
・結婚
 「えたいのしれない季節のうた」※詩集「飛ぶ男」より
・青年団・青年学級活動

4.村の外から
・変わりゆく村
 「行方」※詩集「何かが欠けている」より
 「喪牛記」※詩集「喪牛記」より
・出稼ぎ
 「大地」※詩集「何かが欠けている」より
 「東京だより」※詩集「詩信・村の幻へ」より
 「魔の季節」※詩集「喪牛記」より
 「東京だより」(抜粋)※詩集「詩信・村の幻へ」より

5.村で生きる
・「ゴミ屋」開業(廃棄物収集車「人民服務号」)
・減反(コメを作るな)
・小川プロダクションを村に呼ぶ
 「春の兆し―追悼・小川紳介」※詩集「マギノ村・夢日記」より
・村の精神風土を描く
 「マギノ村・夢日記」※詩集「マギノ村・夢日記」より

6.埋もれさせない
・戦没者たちの怨念を伝える(飢餓地獄のウェーキ島)
 「夢の島Ⅲ」※「八月十五日 遙かな日の叢書 別冊」より
・果たせぬ夢
 「建国記念日」※詩集「飛ぶ男」より
・村よ 永遠に
 「夢の島」※詩集「飛ぶ男」より
 「牧野部落」

追記 まぎの村へ帰ろう
あとがき

【映画版予告編】ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【完成版2分バージョン】


【3分バージョン】


【11分バージョン】


映画公式サイト

【推薦のことば】ーーーーーーーーーーーーーーーーー
○田中泯
 どんな言葉も、無言を連れている。
 どんな言葉にも、父や母がいる。
 どんな言葉でも、世界は聞いている。

 どんな言葉から、僕は生まれたのだろう。
 本当の言葉を僕は大地の生き物から教わった。
 無言を解し許しあう世界こそ、人間の言葉だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
○村上龍
 今、最優先されるべきは、「最優先事項の再発見」だと思う。「戦禍からの回復」「経済成長」という過去の最優先事項を失った今、国民の多くが、「どう生きればいいのかわからない」という、本質的な問いを抱えている。
 本書は、「人間にとって、日本人にとって、もっとも大切なこと、大切なもの」を提示する。闘うことで、混乱と苦難をサバイバルしてきた農民詩人の言葉は、針路を照らす灯りとして、現在、さらに輝きを増している。

【著者略歴】ーーーーーーーーーーーーーーーーー
原村政樹(はらむらまさき)1957年(昭和32年)3月18日生まれ。
 上智大学卒業後フリーの助監督としてグループ現代、ドキュメンタリージャパンなどで映像の仕事を始める。1988年桜映画社入社。その年、熱帯林破壊と持続的開発をテーマにした短編映画「開発と環境」で監督デビュー、以後、短編映画、TV番組を製作した。
 2004年、長編記録映画「海女のリャンさん」で映画館上映や自主上映の長編記録映画の製作を開始。2015年「無音の叫び声」製作を機に、フリーの監督として独立。

・主な製作作品、受賞歴(2000年以降)
2004年 「海女のリャンさん」 キネマ旬報ベストテン第一位/文化庁文化記録映画大賞、他
2006年 「いのち耕す人々」 キネマ旬報ベストテン第四位/文化庁文化記録映画優秀賞、他
2008年 「里山っ子たち」 キネマ旬報ベストテン第三位/アースビジョン厚生労働省社会保障審議会特別推薦賞、他
2009年 「里山の学校」 PTA全国協議会特別推薦他
2011年 「原発事故に立ち向かう農家」 農業ジャーナリスト賞
2013年 「天に栄える村」 キネマ旬報ベストテン第五位

(「コモンズ」97号の目次へもどる)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 安倍は辞めろコールの広がり

    2018-4-17

    「森友疑獄」発覚の一歩から一年 渦中の木村豊中市議に聞く(下) ― 官僚に責任押し付ける権力の末路

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. サンフランシスコ「慰安婦」像
    編集後記  先月ここで紹介された映画 『主戦場』 であるが、新しい事態が起きた事でまたまた注目を浴…
  2. てるてる坊主のイラスト
    盗聴法すでにあなたも丸ハダカ 天安門大道遥か道遠し 南北と日本の平和重ねあい 解…
  3. 映画「記者たち」ポスター
    『記者たち-衝撃と畏怖の真実』 「もし他のメディアが全て政府の広報になるならやらせとけ。我々は…
  4. 映画「バイス」
    米国映画2018年Gグローブ賞受賞『バイス』 監督・アダム・マッケイ 最も愚劣な戦争が、こんな男に…
  5. 大阪労働学校アソシエ
     連帯労組関西生コン支部は労働者の賃上げだけでなく、広く社会的な支援活動を広げてきた。その一環として…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 錦旗を掲げて行軍する維新軍

    2019-6-27

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(2)/菅孝行(評論家) 天皇制と日本資本主義(上)

  2. 日本円札束イメージ

    2019-6-22

    松尾匡教授との往復書簡 前号書評をめぐって

  3. 関西生コン支部の青木さんご夫妻

    2019-6-19

    5・10 組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会

  4. 軍事施設として建てられた靖国神社

    2019-5-22

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(1)/菅孝行(評論家) 天皇制国家にいかにして始末をつけるか

  5. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る