「アラブの春」から6年 中東の今を見る/佐藤隆

2010年「アラブの春」から6年 中東の今をみる

佐藤隆/愛知連帯ユニオン

■膨大な民衆の犠牲を生みだす帝国主義の「対テロ戦争」
テロリストたちが米兵の相手だ、と聞かされていました。しかし、実際のテロリストは自分たちであって この占領自体がテロそのものだ、と悟りました(イラク戦に参加した米軍兵士の証言)

テロリストたちが米兵の相手だ、と聞かされていました
しかし、実際のテロリストは自分たちであってこの占領
自体がテロそのものだ、と悟りました(イラク戦に参加
した米軍兵士の証言)出典 tabilabo.s3.amazonaws.com


 アメリカ帝国主義と有志連合、及びロシア帝国主義による「対テロ戦争」は、中東の民衆に膨大な犠牲を日々生みだして強行されている。許せない!(→参考情報)
 日本の安保関連法は憲法を踏みにじってアメリカの軍事政策に協力していくものだが、それは東アジアにおける対中国封じ込めとともに、中東地域における「対テロ戦争」によって構成されている。
 「対テロ戦争」の非人道性はアメリカの戦争政策とそれに追随する日本の安保政策の不正義を端的に示すものである。

■アメリカ帝国主義支配政策の破綻がもたらす今の中東紛争

中東MAP_アラブの春その後 中東を自らと自らの同盟国の力で単一的に支配することができなくなったアメリカは、中東の地域権力を個別に支援し、対立させ、分断して支配するという政策を現在は取っている。
 それが、サウジアラビアなどスンニ派の勢力とイランの影響を受けたシーア派に連なる勢力の対立を泥沼化させ、この地域を際限のない紛争の地域としてしまっている。
 紛争の根源はアメリカなど欧米帝国主義にあるといえる。欧米帝国主義が、「テロとのたたかい」などといって自らを正当化することほど恥知らずなことはない。
 アメリカは「人権外交」などと称しながら、一方では「絶対君主制・政教一致」のサウジアラビアを支援し、他方ではイラクのマリキ政権を支援しているのである。
 「テロ」を作り出した根源は地域の対立を煽ってきたアメリカの支配にあるのだ。

■地域権力の対立各宗派~民族の相克

トルコ政府の対ISIL融和政策とISILによるクルド人へのテロに抗議するデモ隊を拘束するトルコ警察(2015.7)

トルコ政府の対ISIL融和政策とISILによるクルド人へのテロに抗議するデモ隊を拘束するトルコ機動隊(2015.7)

 現在の中東では、サウジアラビアなど湾岸諸国及びトルコが支援するスンニ派勢力と、イラン政府―イラク・マリキ政権(イスラム法治国家連合)-シリア・アサド政権(アラウィ派)-イエメンのフーシ派―レバノンのヒズボラ等のシーア派系勢力の対立が激化している。
 アメリカは1979年イラン革命以後、サウジなど湾岸諸国とエジプトを枢軸に中東の支配を実現していたが、2003年イラク・フセイン政権を崩壊させて以降、イラクに親米政権を築けず、自らが「テロ支援国家」に指定するイランとの繋がりの深いシーア派のジャファリーやマリキなどと同盟関係を築くという矛盾した政策をとることとなっている。
 他方、同じスンニ派でも、トルコ政府はクルド人を弾圧する国内の政治体制から、シリアやイラクのクルド人勢力とは対立を深めている。

■ISIL=「イスラム国」ダーイシュ台頭の背景

イラク軍に殺害されたISILとされる死体(2016.7)

イラク軍に殺害されたISILとされる死体(2016.7

 イラク・マリキ政権のスンニ派住民弾圧が、スンニ派住民と旧フセイン政権の幹部、イラクアルカイダ機構を結びつけ、「イスラム国」を誕生させたという。
 「イスラム国」とアメリカ帝国主義は現在、激しく対立しているが、アメリカがイラク戦争を遂行し、その後のイラクをマリキ政権に任せたことが「イスラム国」を誕生させたといえる。
 イギリスより広大な地域を支配する「イスラム国」について、「反帝国主義的だ」という評価がある一方、アメリカがイラク戦争当時からイラクの3分割支配(北―クルド、中―スンニ、南―シーア)という絵を描いていたこと、2014年6月に「イスラム国」がイラク第2の都市モスールを難なく制圧したことをもって「イスラム国」建設はアメリカ謀略だとする評価もある。
 共に極端な見解で正しくないであろう。アメリカは地域権力を相互に支援して対立を煽り、分断支配を狙いながら、コントロールを失って地域の紛争を拡大していると見るべきと思う。

■「アラブの春」は何だったのか

「アラブの春」の発端となったチェニジア「ジャスミン革命」(2010)

「アラブの春」の発端となった
チェニジア「ジャスミン革命」(2010)

 2010年12月17日、チュニジア中部シディ・ブジドで、失業中だった26歳の男性モハメド・ブアジジが警察に抗議するために焼身自殺を図った。そこから民主化闘争が一気に拡大、チュニジアでベン・アリ政権、エジプトでムバラク政権を相次いで打倒し、アラブ社会全域に広がった。それはアラブ民衆の積年の怒りの発出として、アラブに新しい世界を築くための偉大な一歩であった。しかし、この「アラブの春」は、リビア内戦、シリア内戦となって現在の混沌へと至っている。
 2011年リビア内戦でNATO軍がカダフィ政権打倒のために空爆で介入した事実などから、「アラブの春」自体を「帝国主義の謀略」だとする評価もある。しかし、真っ先に打倒されたベン・アリ政権やムバラク政権が親米政権としてアメリカの中東支配の支柱だったことを考えると、これも極端な評価に思われる。
シリア内戦で米無人攻撃機の90%、ロシア空爆機の98%が誤爆。ほとんどが民間人だった。写真はロシアに空爆された地域

ロシアに空爆された建物の写真(2015.7)
シリア内戦で米無人攻撃機の90%、ロシア空爆機の
98%が誤爆。ほとんどが民間人や民間施設だった。


 シリア内戦では、アメリカは、アサド政権への空爆をひかえ、反政府派の国民戦線や自由シリア軍への対空砲火の提供を拒否するなど、反政府闘争の支援に抑制的な態度で臨んでいる。他方、アサド政権を支持するロシアは反政府派地域への空爆を強行している。アメリカのシリア政策の基本は、リビア等の無政府状態の出現の教訓から、「バシャール・アサドなき現体制の保持」であると見受けられる。その点では、アサド政権を支持するロシアの政策とバシャール・アサドの退陣を求めるアメリカの政策は似通っているともいえる。

 偉大な「アラブの春」から6年、現在の中東は苦難の時を迎えている。平和とすべての民衆の生存権が保障されることが未来ある社会を築いていく礎だ。資本主義自身はフランス革命から続く100年の内乱を経て歴史に誕生してきた。「資本主義に代るもうひとつの世界」は、現在の苦難を越えてその姿を現すに違いない。

■ヨーロッパにおける「テロ」を越えて
フランス労働法改悪反対デモ

警察の「対テロ厳戒」を突破して決起した、
フランス労働法改悪阻止50万人デモの参加者


 中東・アラブ地域の紛争の拡大と連動して、2015年1月7日、フランス・パリにおける「シャルリー・エブド」事件、2015年11月13日、パリ市街と郊外のサッカー競技場とコンサート会場における銃撃・爆弾事件、2016年3月22日、ベルギーのブリュッセル空港及びマールベーク駅における連続爆破事件などが起きている。
 他方、このような事件をも契機に、ヨーロッパでは移民排斥を訴える極右の排外主義暴力が多発している。ヨーロッパにおけるイスラム系移民の問題は、失業や貧困など、アメリカにおけるアフリカ系住民(黒人)の問題に似ている。
 資本主義を変革する左翼運動が、移民の権益闘争と固く連帯していけるかどうかが、「テロ」を乗り越えいく試金石だと思う。

(「コモンズ」98号の目次にもどる)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 【コモンズ号外】2018・8・31

    2018-9-1

    号外】滋賀県警が大阪広域協・極右と結託し関生労組 武建一執行委員長を不当逮捕

季刊「変革のアソシエ」No.33

最近の記事

  1. 辺野古埋立承認撤回支持!世界の識者133人が共同声明
    承認撤回支持!海外識者133人が共同声明(出典:琉球新報9月8日より) [caption id="…
  2. 翁長知事の遺志を継ぐ8・30東京緊急集会
     8月30日、東京永田町の星陵会館にて「翁長沖縄県知事の遺志を継ぐ、8・11沖縄県民大会の訴えに…
  3. 0811沖縄県民大会に呼応する首都圏大行動
     8月11日、東京・東池袋において、「美ら海を砂で埋めるな!沖縄県民大会に呼応する8・11首都圏…
  4. 8・11 沖縄県民大会
    土砂投入を許さない!ジュゴン・サンゴを守り、辺野古新基地建設断念を求める8・11県民大会決議(全…
  5. 8・11 沖縄県民大会
     8月11日、沖縄県那覇市の奥武山(おうのやま)陸上競技場にて辺野古基地建設断念を求める県民大会…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

9月
22
14:00 憲法、沖縄、市民のちから 9・2... @ 兵庫県私学会館 大ホール
憲法、沖縄、市民のちから 9・2... @ 兵庫県私学会館 大ホール
9月 22 @ 14:00 – 17:00
憲法、沖縄、市民のちから 9・22兵庫県集会 仲村未央さん講演/神戸 @ 兵庫県私学会館 大ホール | 神戸市 | 兵庫県 | 日本
■ 日 時:2018年9月22日(土)14:00~17:00 ■ 場 所:兵庫県私学会館4階 大ホール  兵庫県神戸市中央区 北長狭通4丁目3−13  http://www.hyogo-shigaku.or.jp/map.html ■ 参加費:800円(学生、生活困難者400円) ■ プログラム:  お話:仲村未央さん(沖縄県議会議員)    アピール:  ストップ改憲・兵庫のとりくみ  辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動   ■ 仲村未央(なかむら・みお)さんプロフィール ■  1972年沖縄市(旧コザ市)生まれ。この年は戦後27年間続いた米軍占領から沖縄が日本に返還された年で、この年生まれの者は沖縄で「復帰っ子」と呼ばれる。  琉球新報記者として米軍用地の強制収容、米軍基地から発生する爆音被害や事件事故、日米地位協定など、住民の命とくらしに直結する基地問題を追う。その原点として沖縄戦と住民の犠牲、国策と地方自治についても掘り下げてきた。  2008年から沖縄県議会議員(現在3期)。凄惨な地上戦を経て、いまなお軍地基地の被害が絶えない沖縄において、県民の願いは9条(戦争の放棄)。いのちを後回しにしない政治を訴え、基地の県内移設阻止、日米地位協定改定、海兵隊撤退の取り組みを進める。 ■ 呼びかけ文  安保関連法の採決強行から3年。  森友、加計問題のウソと開き直り、近隣諸国への好戦的外交、沖縄基地負担の推しつけ、働かせ放題「改革」など、民意に逆らうひどい政治が続きました。  9月に「三選」されれば、安倍時代は9年!改憲の動きを加速させ、私たちのいのちとくらしはさらに脅かされます。  「あきらめない。ねばり強く」復帰っ子として「返還」後の沖縄を生き、向き合ってきた仲村未央さんから、「辺野古新基地建設、沖縄のいま、憲法」についてお聞きします。  どうぞ、ご参加ください。 ■ 主催・問い合わせ先:  こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGO  http://shimindemohyogo.blog.fc2.com/  090-3652-8652(高橋)  saltshop@kobe.zaq.jp(高橋)  
18:00 労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・... @ エルおおさか南館
労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・... @ エルおおさか南館
9月 22 @ 18:00
労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会 @ エルおおさか南館 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 日 時:2018年9月22日(土)18時より ■ 場 所:大阪 エル大阪 5F南館ホール  大阪市中央区北浜東3−14  ●京阪・Osaka Metro谷町線「天満橋駅」より西へ300m  ●京阪・Osaka Metro堺筋線「北浜駅」より東へ500m  ●Osaka Metro御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m  ●JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m  地図:http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 内 容:  現状報告―空前の組合つぶし、いま何がおこっているのか  実行委員会参加組合・団体からの発言、訴え! ■ 主 催:9・22集会実行委員会  連絡先:全港湾関西地本大阪支部  電話 06-6575-3131 FAX06-6575-3134  すでにご存知のように滋賀県警組織犯罪対策課による8月9日、8月28日に連帯ユニオン関生支部への連続的弾圧が開始されている。28日には武建一執行委員長のほか支部役員2人が逮捕され、8月9日の1名の役員を含め計4人を不当逮捕したうえ、大阪市内の関西地区生コン支部事務所など多数ヶ所を家宅捜索した。その中には無関係箇所も含まれ、家宅捜索は違法で暴力的なのものであった。さらに大阪府警などの関西の各県警も弾圧拡大に動いている。  この弾圧は労働組合活動を恐喝未遂容疑とするものであり、さらに他の警察権力は共謀罪などの適用をほのめかしている、労働組合活動の刑事免責を除外した一昔前から比べ、法律も変わらないまま一切の組合活動を刑事罰としようとするものである。これを許すなら憲法28条も必要ないとされ、資本家に有利な社会が作られていくことは明白である。今回の特徴は組織犯罪対策課が中心となり「警察庁の指示」といっていることである。いち労働組合への弾圧としては近年ない規模であり政府主導の新たな労働組合つぶしの開始といえる。 日本において生コン業界を切り口に本格的産業別職種別の労働運動をめざし幾多の弾圧・妨害を乗り越えてきた連帯ユニオンの関生支部の闘い。これへの全面的破壊攻撃の開始である。断じて許すことは出来ない。滋賀県警は業者に対し「関生と手を切れ」といい、組合員には「組合加入の動機はなにか」と産業別中小企業労働運動破壊を公言している  今こそ大企業の収奪とたたかい、辺野古新基地建設を許すな、原発再稼働阻止、戦争法・共謀罪廃止、憲法改悪反対を求め、安倍政権とたたかう労働組合つぶしを許すなの声をあげよう。  そこで、こころある人々の9・22集会への賛同(無料)・参加を強く訴えます。滋賀県警への抗議を訴えます。
9月
23
14:00 映画「蒼のシンフォニー」福岡上映... @ 福岡市市民福祉プラザ
映画「蒼のシンフォニー」福岡上映... @ 福岡市市民福祉プラザ
9月 23 @ 14:00
映画「蒼のシンフォニー」福岡上映会~日本で生まれ育った朝鮮学校生徒たちの物語 @ 福岡市市民福祉プラザ | 福岡市 | 福岡県 | 日本
■ 日 時:2018年9月23日(祝)13:30開場 14:00上映 ■ 会場:福岡市市民福祉プラザ(ふくおかプラザ)視聴覚室  〒810-0062 福岡県福岡市中央区荒戸3丁目3−39  http://www.fukufukuplaza.jp/info/access.html ■ 上映カンパ¥500 ■ 主催:排外主義にNO!福岡 どんがめの会  連絡TEL092-651-4816(合同労組気付) https://youtu.be/BjNmsJ0rlC4
9月
27
18:30 天皇代替わりと民主主義の危機~主... @ エルおおさか・南館ホール
天皇代替わりと民主主義の危機~主... @ エルおおさか・南館ホール
9月 27 @ 18:30 – 20:30
天皇代替わりと民主主義の危機~主権在民と政教分離に反する天皇代替わりを問う/大阪 @ エルおおさか・南館ホール | 大阪市 | 大阪府 | 日本
◆と き:2018年9月27日(木)18:30~ ◆ところ:エルおおさか・南館ホール  大阪市中央区北浜東3−14  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ◆講 演:横田耕一さん(九州大学名誉教授) ◆資料代:¥1000 ◆主 催:天皇代替わりに異議あり!関西連絡会 (反天皇制市民1700ネットワーク/京都「天皇制を問う」講座実行委員会/兵庫反天皇制連続講座/参戦と天皇制に反対する連続行動/反戦反天皇制労働者ネットワーク/関西共同行動/9条改憲阻止共同行動/反戦・反貧困・反差別共同行動in京都/釜ヶ崎パトロールの会/労働者共闘 ※5月1日現在) ◆連絡先:090-5166-1251 寺田
10月
21
13:30 変えよう!日本と世界!第12回反戦... @ 円山公園音楽堂
変えよう!日本と世界!第12回反戦... @ 円山公園音楽堂
10月 21 @ 13:30 – 17:00
変えよう!日本と世界!第12回反戦・反貧困・反差別共同行動in京都 稲嶺進さん・雨宮処凛さん 他 @ 円山公園音楽堂 | 京都市 | 京都府 | 日本
9条改憲阻止!東アジアの平和を妨害し、 政治を私物化する安倍政権を倒そう! ■ 日時:2018年10月21日(日)13:00開場 13:30~   *雨天決行・集会後デモ ■ 場所:京都円山公園野外音楽堂 ■ 講演:  アベノミクスの失敗と貧困/雨宮処凛(評論家)  沖縄辺野古への米軍新基地建設許すな  /稲嶺進(前名護市長・「オール沖縄」共同代表)   安次富 浩(沖縄/名護・ヘリ基地反対協共同代表) ■ 歌:趙 博/川口真由美/よしだよしこ ■ 主催:反戦・反貧困・反差別共同行動In京都  連絡TEL090-5166-1251(寺田)

特集(新着順)

  1. 翁長さん、あなたの勇姿を忘れない

    2018-9-13

    翁長知事の遺志を継ぐ「承認」撤回と県知事選に臨むわたしたちの態度

  2. 労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

    2018-9-12

    労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会 のお知らせ

  3. 【コモンズ号外】2018・8・31

    2018-9-1

    号外】滋賀県警が大阪広域協・極右と結託し関生労組 武建一執行委員長を不当逮捕

  4. 松尾匡さん

    2018-8-29

    著者インタビュー『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう―レフト3.0の政治経済学』松尾匡さんに聞く

  5. 最後の資本主義

    2018-8-28

    書評】ロバート・B・ライシュ『最後の資本主義』を読む(上)/佐藤隆 「持てる者」に一方的に有利に変貌する社会のルール

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る