「共謀罪」再提出を許すな!労働者・市民への弾圧立法/永嶋靖久(弁護士)

「テロ等準備罪」と名前を変えても危険な本質は変わらない


共謀罪新設阻止

 自民党政権がこれまで三度にわたって国会に提出し、そのたびに危険な人権侵害との世論の強い批判を浴び、反対運動が盛り上がって廃案となってきた「共謀罪」。第3次安倍政権がまたも名称を変えて9月26日召集の臨時国会に提出する構えである。
 「テロ対策」のための法案と強調されているが、思想・信条の自由など人権、労働者の団結権などを侵害する「現代の治安維持法」と危険視された「共謀罪」法案の再上程である。戦争法に続いて憲法9条を改憲し、日米軍事同盟強化の下に「戦争のできる国家」へ突き進む安倍政権の狙いは、これに反対する沖縄―本土の労働者・市民や闘う団体を弾圧し、物言えぬようにするためにある。以下、永嶋弁護士に新法案の実態と危険について暴いていただいた。
(注―コモンズ編集部の責任で一部編集しています)

「テロ等準備罪」と名前を変えた新法案
共謀罪 共謀罪法案(組織的犯罪処罰法改正案)は2003年初めて国会に提出され、以後、2009年までの間に、計3度提出され、すべて廃案になった。
 当時国会に提出された共謀罪法案(旧法案)は、法定刑が死刑、無期若しくは長期4年以上の懲役あるいは禁錮刑の罪に当たる行為について、「団体の活動として,当該行為を実行するための組織により行われるものの遂行を共謀」することを犯罪として処罰しようとするものだった。600を越える行為(前回国会提出の当時)について合意だけで処罰するものであり、市民運動や労働組合、会社組織なども含めてとめどなく処罰対象が広がる、思想処罰と紙一重の現代の「治安維持法」などと批判されて繰り返し廃案となった。

 では、「テロ等準備罪(新法案)」はどこが共謀罪と変わったのか。
 法務省は、新法案を「組織犯罪準備罪」と呼んでいるが、その要件を「1、対象となる犯罪は,限定されている。(1)『組織的犯罪集団である団体』の活動として行われる犯罪であること。(2)犯罪の実行のための『組織』により行われる犯罪についての計画であること。(3)重大な犯罪(懲役・禁固4年以上の刑を科すことができる犯罪)であること。2、計画は,具体的・現実的な計画でなければならない。3、計画に加えて、計画した犯罪の準備行為が行われることが必要」と整理した上で、「今回新たに『団体』を組織的犯罪集団に限定し、3の要件を付加」と説明している。

危険な本質は「共謀罪」法案と同じ
治安弾圧を阻止しよう つまり、法務省の説明にしたがっても、「組織的犯罪集団である団体」が限定になっておらず、「犯罪の準備行為が行われること」が新たな要件になっていないなら、旧法案に対する批判がそのまま新法案に妥当することになる。

 旧法案では「共謀」と表現されていたものが、新法案では「計画」と表現されている。しかし、この変更は犯罪の成立要件の変更とは説明されていないから、法務省は「共謀」も「計画」も同じだと考えているのだろう。
 「組織」により行われる犯罪の計画だけを処罰すると言っても、2人以上の間で行為の共謀があるとされれば、そこには行為に向けた「組織」が存在することにされてしまうから、「組織」が何のしばりにもならないのは旧法案と同じだ。

 法務省のいう「重大な犯罪(懲役・禁固4年以上の刑を科すことができる犯罪)」も旧法案と変わらない。これは、公衆便所の落書き(建造物損壊)や万引き(窃盗)をはじめとして、2005年1月1日時点で614、同年4月1日には615(国会で質問された政府委員はどんな行為が増えたか答えられなかった)、同年10月21日には619あるとされた。その後も、長期4年以上の懲役あるいは禁固刑の罪に当たる行為はどんどん増えていき、現在では700近くに及ぶ行為に共謀罪が成立すると言われている。

権力・捜査機関のやりたい放題で弾圧は拡大
戦争できる社会 また、「計画は具体的・現実的な計画でなければならない」というが、「漠然とした相談」「意気投合した程度」と「具体的・現実的な計画」は程度の問題だ。前者と後者をはっきりと区別することなど不可能だ。さらに、法務省自身が、目くばせでも共謀が成立する場合があると国会で答弁している。

 では、「組織的犯罪集団である団体」は限定になっているか。新法案によれば、「組織的犯罪集団」とは、その結合関係の基礎としての共同の目的が死刑若しくは無期若しくは長期4年以上の懲役若しくは禁固の刑が定められている罪等を実行することにある団体だ。しかし、例えば公衆便所の落書きや万引きの相談をした者同士の間では、その相談を始めたことで、公衆便所の落書きや万引きをするという共同の目的を基礎とする結合関係ができたことにならないか。
 つまり、700近いという、長期4年以上の懲役若しくは禁固の刑が定められている行為の相談をすれば、そのことだけで相談者同士が自動的に組織的犯罪集団にされてしまう可能性があり、「団体の活動」を「組織的犯罪集団の団体の活動」としてみたところで、結局、何の限定にもなっていない。

 次に、「犯罪の準備行為が行われること」は新たな要件として意味があるか。この準備行為について,法務省は「予備罪の予備のようにそれ自体が一定の危険性を備えている必要性はなく・・・犯罪についての許画について,当該犯罪が現実に実行される可能性が高まった」と認められればよい、としている。当該犯罪が現実に実行される可能性が高まったかどうかは,捜査機関が判断する。何が「犯罪の準備行為」とされるかは捜査機関の恣意に委ねられているということだ。共謀したとされる者が「がんばろうね」と声をかけあう(何をがんばるのか分からないが)とか、ATMでお金をおろす(何のためのお金か分からないが)とか、捜査機関はほしいままに、実行される可能性が高まったから「準備行為」だというだろう。

 法務省がいう、新たな限定や要件は、何の限定にもなっていないし、新たな要件としての意味もない。結局、旧法案も新法案も法律的にはその内容に変わりはない。「テロ等準備罪」といい、あるいは「組織犯罪準備罪」といっても名前を変えただけの「共謀罪」だ。

人と人のあり方と社会のあり方を変え、戦争へと大きく進めていく
沖縄での警視庁機動隊の暴挙

沖縄での警視庁機動隊の暴挙

 それだけではない。今では、旧法案が廃案になった当時にはなかった、大改悪された盗聴法や司法取引制度がある。これらに加えて「共謀罪」が成立すれば、冗談も言えない社会、人が人を信用できなくなる社会が現実のものになりかねない。また、今では、与党は改憲発議可能の議席を手にして、この秋から改憲に向けて動き出そうとしている。「共謀罪」が成立すれば、改憲反対運動の弾圧に猛威をふるうだろう。

 かつて治安維持法は国体の変革と私有財産の否認の思想を処罰した。では「共謀罪」はどのような思想を処罰するのか。「共謀罪」が処罰するのは「思想」ですらない。処罰されるのは「危険な相談」だ。いや、公衆便所の落書きや万引きに始まる700近い行為の共謀をテロの準備として処罰しようとする人たち、あるいは秘密保護法反対運動を指してテロと変わるところがないと公言する人たちは、相談そのものが危険だと考えているのだ。

 団結どころか人と人との交流の危険視の究極が「共謀罪」なのだ。たとえば公衆便所の落書きは1人だけで考えるなら未遂も予備も犯罪ではなく既遂に至って初めて処罰される。ところが「共謀罪」が新設されると、2人で共謀するだけで処罰される。このことの奇妙さに、人と人との交流それ自体を危険視する思想が如実に表れている。

 戦争に向かう社会に投げ入れられた「共謀罪」は、人々の政治的自由や団結を抑圧することによってだけではなく、あるいはそれ以上に、人と人との関係そのものに働きかけることで、社会のありかたを変え、そして社会をさらに大きく戦争へと進めてしまうかもしれない。共謀罪新法案を国会に提出させてはならない。(8月30日記)

(「コモンズ」99号の目次にもどる)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

    2017-9-5

    8・17島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどいー高校生たちと対話

季刊「変革のアソシエ」No.33

最近の記事

  1. 4・28「屈辱の日」、那覇で300人集会
    前号からのつづき 特別連載】天皇制と闘うとはどういうことか 第三回 Ⅲ.象徴天皇制 起源の欺瞞 …
  2. 10月ハロウィンのイラスト
    沖縄のこれが民意だデニー勝つ オプジーボ悪政ガンに効かないか 改造の内閣というこの程度 …
  3. 勝利したアレクサンドリアさん
    米国に台頭する新しい波!「社会主義」青年たち ――サンダース旋風をおしあげたミレニアル世代の若者た…
  4. 2018年3回目の南北首脳会談
    冷戦の産物、南北分断を終わらせ、平和の地帯に(4/27 板門店宣言) 南北、全ての陸・海・空あらう…
  5. 2018年3回目の南北首脳会談
    民族協和へ、歴史の歯車は後戻りせず 軍事衝突を無くすあらゆる配慮が、南北を緊密に  南北首脳…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

10月
27
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
10月 27 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
11月
17
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
11月 17 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
11月
24
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
11月 24 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
12月
3
19:00 元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さ... @ 元町映画館
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さ... @ 元町映画館
12月 3 @ 19:00 – 21:00
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」/神戸 @ 元町映画館 | 神戸市 | 兵庫県 | 日本
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会 「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」 ■ 日 時:2018年12月3日(月)19:00~21:00(開場18:30) ■ 会 場:元町映画館2Fイベントルーム  〒650-0022神戸市中央区元町通4丁目1-12  https://www.motoei.com/access.html ■ 講 師 井筒高雄さん(元陸自レンジャー隊員) ■ 参加費:1000円   ※お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。  メール:civilesocietyforum@gmail.com まで。 ■ 主 催:市民社会フォーラム  http://shiminshakai.net/post/4784 ■ ご案内  安倍首相は9月3日、防衛省の自衛隊高級幹部会同での訓示で、「全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えるのは、今を生きる政治家の責任だ。私はその責任をしっかり果たしていく決意だ」と述べ、憲法に自衛隊の存在を明記する改正に取り組む考えを改めて示しました。  10月から12月まで開会予定の通常国会でも、安倍首相は憲法改正の自民党案を提出し、早期の発議を目指す方針を明らかにしています。  はたして、自衛隊を憲法9条に明記すれば、日本の平和を保障することになるのか? 9条を現実に合わせて現状追認するだけのことなのでしょうか?  そして、有事があれば命がけで日本を守る自衛官たちも、憲法に自衛隊を明記することを望んでいるのでしょうか?  元自衛官の井筒高雄さんに、改憲発議がされようとする今、自衛隊を憲法に明記することの問題点についてお話しいただきます。 井筒高雄(いづつたかお)さん 1969年、東京都生まれ。 88年、陸上自衛隊第31普通科連隊に入隊。91年にレンジャー隊員に。 92年にPKO協力法が成立すると、武器を持っての海外派遣は容認できないとして翌93年に依願退職。 大阪経済法科大学卒業後、2002年から兵庫県加古川市議を2期務める。 元自衛官の立場から戦争のリアル、コスト、PTSD などリスクを 伝える講演活動を行う。 現在、ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン(VFP) 共同代表。 共著に『安保法制の落とし穴』(ビジネス社)、単著に『自衛隊はみんなを愛している』(青志社)など

特集(新着順)

  1. 4・28「屈辱の日」、那覇で300人集会

    2018-10-20

    天皇制と闘うとはどういうことか(3)/菅孝行(評論家) 第三回 象徴天皇制 起源の欺瞞 ―「国体」護持のために沖縄は売り渡された

  2. 2018年3回目の南北首脳会談

    2018-10-16

    今年3回目の南北首脳会談 実質的な「終戦宣言」合意の重大性

  3. 平成の大逆事件

    2018-10-15

    「平成の大逆事件」組合活動そのものを違法とする関生労組弾圧/佐藤隆

  4. 労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

    2018-10-12

    労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

  5. 玉城デニーさん当選

    2018-10-10

    沖縄県知事選 玉城デニーさん過去最多40万票に迫る圧勝

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る