経産省前テントひろば撤去!真夜中に寝込みを襲う卑劣さ

経産省前テント強制撤去! 21日未明 寝込みを襲う卑劣と臆病!
夕刊報道を恐れて異例の日曜未明に執行、現場を記録していたカメラマンを逮捕・封殺

経産省前テントひろば撤去は、普段は朝9時以降にしか執行しない役人が、深夜就寝中に寝込みを襲い、夕刊報道での反発を恐れて通常は行わない日曜に執行するなど異例づくめの卑劣でビクビクとした強制執行だった。

普段は朝9時以降にしか執行しないくせに深夜就寝中に寝込みを襲い、夕刊
報道での反原発世論への刺激を恐れて通常は行わない日曜に執行する卑劣さ

 8月21日、間もなくテント建設5周年を迎えるこの日、まだ夜も明けぬ午前3時半に裁判所執行官20名、作業員40~50名、警官など総勢100名が東京霞ヶ関の経産省前テントひろばを包囲し、テント内で泊まり番の5名を排除。続いてテントの強制撤去を行なった。そして撤去後の跡地は、およそ身長ほどの高さのバリケードで誰も立ち入りできないように覆ってしまった。

 撤去後、現場で記者会見が行われ、テント撤去裁判の被告を代表する淵上太郎さんは「日曜の寝込みを襲うとは卑劣だ! テントを無くすことはできても私たちの脱原発の意志は無くせない」と怒りに声を荒らげた。
経産省前テント跡地では今も毎日座り込みが続けられている

テントは破壊されたが今も毎日座り込みは続いている

 撤去の報せを受けて、都内近在の市民が続々と結集し、テント跡地のバリケードの前の歩道に椅子をならべ、抗議の座り込みを続けた。

 午後1時より緊急抗議集会が開かれ、約100人の市民が集まった。福島県浪江町の畜産農家吉沢正己さんも参加し、ウシのオブジェを持ってきたが、丸の内警察がこれを力ずくで奪い取ろうとした際、その様子を撮影していたカメラマンを大勢で取り囲み、逮捕していった(後日釈放)。

 日曜日に執行したのは、新聞の夕刊による報道を避けるためだと考えられる。テント撤去を市民の目からできるだけ遠ざけ、こっそりと行なったところに、カメラマンの逮捕とあわせて警察権力の「うしろめたさ」を見て取れる。
 この日はテント建設1807日目。これからも経産省前「テント跡地」前での抗議は原発廃炉までつづく。(東京M)

■テント撤去後の記者会見(2016年8月21日)


■テントはなぜあるのか、その思いと被災者の訴え(2013年4月10日)


(「コモンズ」99号の目次にもどる)

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-12-31

    現在に生き続ける植民地主義<連載第4回> 「戦後」という名の植民地主義

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 枯れた花
    ファーストの百合もそろそろ枯れはじめ 放射能A1すらも手におえず 徴用の二字の重さを知っ…
  2. 1982年米国:J・ローダー監督作品 原爆なんて怖くない…黒いジョーク、今も  第2次大戦後…
  3. 借金なし大豆
    (→先月号からの続き) 秩父郡横瀬町の百姓、八木原章雄さんの話を聞いた。 幻の大豆  借金なし物…
  4. technology-slaves2
     スマホの世帯普及率がガラケーを上回ったのは2015年度。つい2年前にすぎない。そして今、電車に乗る…
  5. シンポジウム:イタリアの連帯思想とその実践
    シンポジウム「イタリアの連帯思想とその実践       -社会的連帯経済のネットワーク形成に向けて…
私たちは戦争を許さない―安保法制の憲法違反を訴える市民大集会

行動予定

特集(新着順)

  1. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  2. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  3. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

  4. 島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

    2017-9-5

    8・17島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどいー高校生たちと対話

  5. 2017-8-14

    種は誰のものか 種子法廃止で思う「種と百姓の物語」(上)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る