9.19さよなら原発1000万人アクション、明治公園に6万人!!

原発独占と国家の犯罪、
政・官・財・学・マスコミの共犯を撃つ大行動へ!


9.19さよなら原発1000万人アクション、明治公園に6万人!!
明治公園に溢れる参加者

「太陽と風、大地、自然の恵みをエネルギーに!」9月19日、東京・明治公園は開会の1時間前には参加者であふれ、1時半の開会時には周辺歩道や隣接する緑地帯、千駄ヶ谷駅前から国立競技場周辺を抜けて坂道を下り明治公園に至るまでの一帯は原発廃止を求める6万人もの人の波で埋めつくされた。「さようなら原発1000万人アクション」実行委員会により開催されたこの集会には、全国から平和フォーラムなどの市民団体、また全労協、全労連などの労組や諸団体、個人が結集し、政府の原発政策に対する抗議の意思を表した。福島の被災者も「怒」の旗を掲げて、数百名規模で参加した。

千駄ヶ谷駅改札口。会場までの周辺は人で溢れている
↑   千駄ヶ谷駅改札口。会場までの周辺は人で溢れている

やっと辿り着いた会場は足の踏み場もない
↑   やっと辿り着いた会場は足の踏み場もない

■再稼働は人民への敵対
 脱原発運動は、意識を変えていく文化革命だ(鎌田慧さん)


 集会は「寿」のコンサートで始まり、脱原発のポスターが掲げられた。そして、呼びかけ人の鎌田慧さん(ルポライター)、大江健三郎さん(作家)、落合恵子さん(作家)、内橋克人さん(経済評論家)、澤地久枝さん(作家)ほか、ドイツ環境団体代表でミュンヘン大学教授のフーベルト・ヴァイガーさん、反原発行動により注目された俳優の山本太郎さん、地元福島で「ハイロアクション福島原発」を立ち上げた武藤類子さんらが発言した。

 最初に登壇した鎌田さんは、「野田首相は国連に行って、原発の安全性を高めて再稼動していく演説をすると、発表している。しかし安全性と信頼性は、既に破たんしている。それでもなおかつ、再稼動するというのは、人民に対する敵対です。いま日本の8割近い人たちは、『原発はいやだ』、『原発はやめてくれ』、『原発のない社会に生きたい』と言っている。その声を無視して、政治ができるわけはない。」「脱原発運動は、意識を変えていく文化革命。核と人類は、絶対に共存できない。それは、広島・長崎、今回の福島の事故でも証明されている。」「また会う」意味ではなく「もう絶対合わない」という意味を込めて「さようなら」を言おうと訴えた。

原発いらニャい!
↑   原発いらニャい!

明治公園、別の角度から
↑   明治公園、別の角度から

■抵抗する意思を経団連や政党に思い知らせる必要がある、
 民主主義のための集会とデモをやろう!(大江健三郎さん)


 大江さんは、原子力エネルギーは必ず荒廃と犠牲を伴うと訴えた。またイタリアでは国民投票によって9割が反対し原発廃止が決まった時、これを自民党の石原伸晃幹事長が「事故の後で集団ヒステリー状態になった」と評した事実をあげ、イタリアではもう決して、人間の命が原発によって奪われることはない。しかし私たち日本人は、これからもさらに原発の事故を恐れなければならない。私たちは、それに抵抗する意思を持っている。その意思を、想像力を持たない政党の幹部や、経団連の実力者たちに思い知らせる必要がある。と述べ、民主主義のための集会とデモをやろうと結んだ。

 内橋さんは、「新たな安全神話」が作られようとしている事への警戒を呼びかけ、今でも地下に洞窟・穴を作ってそこに原発をつくり持ち続けたいという政府の意図の裏には核武装の潜在能力獲得の意図があると指弾し、原発でなく命のエネルギーが輝く国にしよう、と訴えた。
 また、落合さんも世界から、原発と核が消える私たちのゴールに向かって、歩き抜きましょうと呼びかけた。

周辺の道路まで明治公園に入りきれない人でいっぱいだ!
↑周辺の道路、歩道、隣接の緑地まで明治公園に入りきれない人で溢れかえった

やっと辿り着いた会場は足の踏み場もない
↑   やっと出発できた。思い思いのスタイルでアピール

■できるのかできないのか、ではなく
 やるのかやらないのか、だ(フーベルトさん)


 手術後の身体を押して登壇した澤地久枝さんは、「きょうまで一人の戦死者も出さなかった戦後は、二度と戦争はさせないと決心し、戦争を体験した、日本の女たちの力だ」とのべ、「東電、国の責任を追及してゆかねばならない。ここで私たちは負けることはできない。地球と命を守り、平穏な未来を確保するべく、血縁を問わず、国境を越えて、命を守る闘いに、皆で一緒に、力を合わせていきたい」と話した。

 ドイツからのゲストであるフーベルト・ヴァイガーさんは、福島の事故が世界を変えたと指摘し、イタリアなどヨーロッパの国々に変化をもたらし、ドイツでは2022年までに停止が決定された事を報告した。また「脱原発は、もはや、『できるのか』、『できないのか』ではなく、『やるのか』、『やらないのか』の話であり、それは私たちの力で可能である」、と訴えた。

 次に俳優の山本太郎さんが登壇し、「3・11以降、僕の人生は大きく変わった。原発を一斉停止するしかない。テレビや新聞では、本当のことは、ほとんど流れない。原発推進派によって、お金によって、去勢されて、骨抜きにされていると思う。」「いま大人がするべきことは、子どもたちを守ること。そのためには、行動を起こそう」と提起した。

 最後に福島からやってきた武藤類子さんが挨拶をした後(→全文を3面に掲載)、実行委の音頭で脱原発コールが会場参加者全員で行った、その後、3方向に分かれて音楽も賑やかにパレード行進が行われ、旗、横断幕、色とりどりのリボンや風船、着ぐるみや作り物で飾られ、太鼓や楽器も交えながらの脱原発の叫び声が轟いた。

思い思いのスタイルで脱原発の叫び声が轟いた

思い思いのスタイルで脱原発の叫び声が轟いた

■民衆の大行動を起こそう!
 脱原発へ力を合わせていこう!


 この明治公園の集会は、原発を国策として推進してきた原発独占と国家の犯罪を撃つ本格的な闘いの出発点である。国連の席上で世界に向かって恥知らずにも原発再稼動と原発輸出を宣言した野田民主党政権をはじめ、原発推進する財界、電力独占など政財官学メデイアとの闘いに、1000万署名の成功とさらに大きな民衆の大行動を起こそう!
 脱原発へ―再稼動を止め、全ての原発の停止をもとめ、異なった立場の人々との連携・共闘・連合の大きなうねりを創りだそう!

パレードは新宿駅南口前を通過
↑   パレードは新宿駅南口前を通過

脱原発の叫び声は続く

コモンズ40号2011年10月5日より)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-9-26

    破局に向かうアベノミクス「もうひとつの社会」を模索しよう

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. 第10期沖縄意見広告運動スタート集会
    ■あきらめない、声を上げ続けよう ■ 日時:2019年1月18日(金)18時開始 ■ 会…
  2. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗
    9条改憲・辺野古新基地・関生「共謀罪」弾圧阻止の正念場 安倍政権打倒の年に 敵の弱点に刺さりこむ…
  3. 大阪府警本部前に翻る連帯旗
    年頭に当たって――― 日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時  わたくしたち…
  4. コモンズ最新号目次
    ※次号発売日までに、順次Web上でも公開していきます。お急ぎの方は書店売り・郵送・定期購読を是非ご利…
  5. 明けましておめでとうございます
    旧年中はご購読、アクセス、暖かい励ましのお便りやメール、それに数々のご支援、本当にありがとうございま…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 第10期沖縄意見広告運動スタート集会

    2019-1-16

    1・18 第10期沖縄意見広告運動スタート集会へ

  2. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

  3. 支援学校で苗を植える

    2018-12-27

    農が人と地域を変える/西沢江美子 ―地元の特別支援学級の子どもたちと小さな直売所をつくってみた

  4. 帝国憲法を発布する明治天皇

    2018-12-25

    特別連載】天皇制と闘うとはどういうことか(5)/菅孝行(評論家) 第五回 近代天皇制の起源・展開・終焉

  5. 労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・15東京緊急集会

    2018-12-16

    動画速報】労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・15東京緊急集会

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る