国際有機農業映画祭2016 10周年の今年も12月18日に開催

国際有機農業映画祭2016

 有機農業を主なテーマに内外の秀作を上映してきた国際有機農業 映画祭は、今年で10回目を迎えます。今年のテーマは「未来を引きよせる」。今回の上映は7作品。そのうち3作品は日本初公開作品です。
 また、10 周年を記念して、有機農業運動が果たした役割を振り返りながら、これからのことを考えるシンポジウム「有機農業運動がめざしたもの、めざすもの」を開きます。合わせて国際有機農業映画祭が生まれるきっかけとなった『食の未来』を上映いたします。
 シンポジウムでは基調報告を日本における有機農業運動の先達星寛治さん(山形・百姓)にお願いし、パネリストにアジアにおける有機農業の普及に尽力している稲葉光圀さん、若手有機農業者関塚学さんをお招きしています。ぜひお出かけください。
チケット購入について

  • 日 時:12月18日(日)9:30~19:10
  • 会 場:武蔵大学 江古田キャンパス 1号館〔B1〕
    1002シアター教室
  • アクセス: 【西武池袋線】「江古田駅」より徒歩 7 分 。同「桜台駅」より徒歩 8 分 【都営大江戸線】「新江古田駅」より徒歩 9 分 【西武有楽町線】「新桜台駅」より徒歩 7 分
  • 参加費:◎一般:前売 1,500円・当日 2,000円 ◎25 歳以下:前売 500円・当日 1,000円
    ※25 歳以下の方は、当日、年齢がわかるものを提示してください。
  • 公式サイト:http://www.yuki-eiga.com/

◎日本初上映作品
 ^^^^^^^
毒のサイクル(2015年/米国/71分)
上映:12月18日 14:10~

米国内での使用が禁止された農薬、エンドスルファン。 政府は国内での使用を禁止する一方で輸出を認め、南米 やアジアで健康被害が拡大。世界各国で農薬がもたらす問題点と、危険な農薬がなくならない背景を探る。




ブルックリンの屋上農園(2013年/米国/27分)
上映:12月18日 18:05~

摩天楼を臨む倉庫街。近隣の人々は日々の食料を数百キ ロも離れた農場から調達している。大量の燃料を消費し、 運ばれた食料に問題を感じた住民たちが、倉庫の屋上を 利用し、営利目的の畑を作る取り組みを描く。




狂った蜂(2014年/台湾/51分)
上映:12月18日 13:00~

2006年以降、ミツバチの大量死が世界中で発生している。ミツバチは穀物受粉の3分の1を担っており、史上類を見ないこの大量死は、やがては世界の農業生産に甚大な被害をもたらす。いったい何が原因なのか。地球規模で起こっているこの異変は、他の生物や人体にどのような影響をもたらすのか。ミツバチの発する自然からの警告とは。


狂った蜂(狂蜂)

(「コモンズ」100号の目次にもどる)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-12-25

    時代をスクープ 主要記事一覧1(創刊~30号)ー「コモンズ」100号への道(2)

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 雨傘革命 香港
     香港で民主化を求めて若者たちが立ち上がった「雨傘運動」から3年がたった。香港の中心街を占領した若者…
  2. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者
    [caption id="attachment_21937" align="aligncenter"…
  3. 懇談会で発言する武議長
     (前号より続く)近畿地区の生コン関連団体の労使は8月23日、大阪市西区川口の「学働館・関生」で…
  4. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子
    労働運動再生への灯火 歴史に学び「関西」から全国へ世界へ!! 大阪労働学校アソシエ 特別シンポジウ…
  5. 堺市竹山市長3選
     9月24日投開票の堺市長選では、民進・共産など各党支持、協同会館アソシエ各団体も推薦した竹山修身氏…

特集(新着順)

  1. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す-一体化するアジア経済/大野和興

  2. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  3. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  5. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る