投資という名のアフリカ破壊 アベ主導のアフリカ開発会議とは何か?

強権的「開発」と外国企業の土地収奪に加担
現地の農民からは激しい抵抗運動が

アフリカ開発会議2016

アフリカ開発会議2016

 日本が主導してアフリカ開発を支援するアフリカ開発会議(TICAD)の第6回会議が8月末のケニアのナイロビで開かれ、日本は今後三年間で官民合わせて3兆円(300億ドル)の投資をすることを表明した。
 「アフリカ諸国への日本の投資」、これまでどんなことが行われているのだろう。その事例の一つをモザンビークにみることができる。日本の農地面積の3倍に上る巨大農業開発、そこでくらす小農民の追い出し、生産する農産物はすべて輸出用で、多くは日本向けの大豆。現地農民は激しい反対運動を展開し、国際的にも批判を浴びている。(大野和興)

■三角協力で熱帯農業開発

「モザンビークと周辺国の地図」周りに南アフリカ共和国など 数か国と国境を接する旧ポルトガル植民地であり、1975年に独立を達成した。独立後1992年まで 内戦が続いた。内戦終結後は好調な経済成長を続 ける反面、エイズ蔓延が問題となっている。隣接 国が英語圏であるため、英国連邦に加盟する。


モザンビーク共和国は周りに南アフリカ共和国など数か国と国境を接する旧ポルトガル植民地であり、1975年に独立を達成した。独立後1992年まで内戦が続いた。内戦終結後は好調な経済成長を続ける反面、エイズ蔓延が問題となっている。隣接国が英語圏であるため、英国連邦に加盟する。

 「日本・ブラジル・モザンビーク三角協力による熱帯サバンナ農業開発プログラム(略称:プロサバンナ事業)」と呼ばれるこの事業は、主として日本の政府開発援助(ODA)で進められている。
 対象地域は北部三州(ナンプーラ州、ニアサ州、ザンベジア州)をまたぐ「ナカラ回廊」と呼ばれる熱帯サバンナ(雨季と乾季がはっきり分かれた乾燥気候)で、“広大な未利用農地”が地元の小農民に使われることなく“残っている”ため、ブラジルから技術を移転し、農業投資を導入することで、同地域を輸出向けの大豆や穀物の一大生産地へと転換するというものだ。

 なぜブラジルか。日本がブラジルで行ったセラード開発がモデルとなっているからだ。ブラジル中西部に広がる熱帯サバンナを対象に行われた農業開発事業で、日本のODAで土壌改良の技術協力、企業との連携、農地造成や生産費の資金提供などを行った。日本政府はこのセラード地帯を「不毛の地」と呼び、そこを、大豆やトウモロコシを生産する世界有数の穀倉地帯に変貌させた。
 日本政府の海外農業開発事業では唯一の成功例といわれている。しかし、一方でその開発はこの地でくらしていた小規模農民の排除や深刻な環境破壊を招いた。そのブラジルの経験をモザンビークに持ち込んで第二のセラード開発をしようというのがこのプロジェクトだ。

 日本政府はODA予算を使って大規模農業への転換を支援するほか、港湾や輸送網などを整備。その一方で伊藤忠などの巨大商社が大豆やゴマなどの生産物を買い受け、輸出するという体制づくりが進められている。安倍首相は2014年1月にモザンビークを訪問、インフラ整備と農業開発に6億7200万ドル(約700億円))を拠出すると表明、農業開発とともにそこで出来た農産物を港まで運ぶ道路建設や港湾整備を請け負った。

■反発する地元農民

UNACのプロサバンナ計画反対デモ  2013年5月、第5回アフリカ開発会議の前日にモザンビーク全国農民連盟(UNAC)の代表ら3人が来日、日本の政府とJICA(国際協力機構)が力を入れる大型農業開発ODA「プロサバンナ(ProSAVANA)」事業の即時停止を要求する書簡を安倍首相に提出した。

UNACのプロサバンナ計画反対デモ
2013年5月、第5回アフリカ開発会議の前日にモザン
ビーク全国農民連盟(UNAC)の代表ら3人が来日、
日本の政府とJICA(国際協力機構)が力を入れる大
型農業開発ODA「プロサバンナ(ProSAVANA)」事業
の即時停止を要求する書簡を安倍首相に提出した。

 この事業は、日本政府のイニシアティブにより、2009年9月に合意された。しかし、2012年にモザンビーク最大(約10万人)の農民組織である全国農民連合(UNAC)が、懸念と反対を表明した。事業の不透明性や農民との協議の欠如、土地収奪への不安などが理由だった。UNACなど20を超える現地市民社会組織は「一時停止と再考」を要請したが、逆に同事業に疑問や異議を唱える農民らに対する人権侵害が生じ、事業は社会問題化するとともに、同事業への懸念は国際的な広がりを見せた。

2015年には同事業の最大の対象地ナンプーラ州から農民の代表らが来日し、現地の緊迫した状況を報告し、日本のNGOなど市民団体の協力で安倍首相に手紙を渡すなどの運動を繰り広げた。現地農民・市民組織の見解は次のようなものだ。

「日本の『寛大な支援』は、今なお続く植民地主義の表れであり、このようなプログラムの結果として、土地の権利の保障・食の主権・栄養の安全保障・地域コミュニティの文化的統合が脅かされ、環境そして将来世代に影響が及ぶ」

■強権的開発と土地収奪に加担

 対象となった1400万ヘクタールというのは日本の農地面積のほぼ3倍に当たる。そこで生産された大豆やゴマなどは、伊藤忠などの巨大商社が買い受け、日本を含む世界に輸出するとことになっている。
 日本企業の土地への進出も動き出している。2013年のモザンビーク政府の資料には次のような記述がある。
ジャガイモを収穫する農民の家族。この土地も外国企業に狙われているという(写真:Yasuo Kondo)

ジャガイモを収穫する農民の家族。この土地も外国企業に狙われているという(写真:Yasuo Kondo)

「日本企業のニトリは、年内にナンプラ州ナカラ市にて、紡績工場建設を開始する予定。また同社は同州マレマ郡にて綿栽培のため、4000ヘクタールを確保している模様」

 日本のNGOの調査によると、対象地域は農業不毛地帯ではなく、小規模農民による耕作が広く行われている。生産性が高くはないが、家族とコミュニティを中心とした自給的農業が営なまれている。このプロジェクトは外国資本の投資を招き入れることで、そうした自給的農業とコミュニティを壊していると、同調査は報告している。

 モザンビークの農民・市民組織、ブラジルの市民組織と協力して、この問題に取り組んでいる日本の国際協力NGOは、プロジェクトに反対する農民組織・市民組織のリーダーへの脅迫など人権弾圧は相変らず続き、事業の停止と情報公開を求める要求は無視されたままだという。
 安倍政権によるアフリカ開発計画は、こうしたモザンビークの事例を全アフリカに拡大することになる。
(大野和興)


「No!プロサバンナ計画-闘いは今も…」(Nao Prosavana Campanha)

ノープロサバナキャンペーンのイメージビデオ。昔からそこに住んでいる現地の農民にとって、この計画がどういうものなのかがわかりやすい。


「プロサバンナ計画の裏の顔とセラード開発」(全国農民連合(UNAC)他作成)

モザンビークの最大農民組織UNACと農村開発NGOのORAMが、プロサバンナ(ProSAVANA)事業の「モデル」とされるブラジル・セラードでの大規模農業開発事業(PRODECER)を、モザンビーク人自ら訪問、現地当事者から聞き取り調査した時の記録ビデオ↓。ポルトガル語。


(「コモンズ」100号の目次にもどる)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 安倍靖国参拝

    2017-6-22

    連載】現在に生き続ける植民地主義<第8回>最終回・脱植民地化へ

季刊「変革のアソシエ」No.31

最近の記事

  1. 新崎盛暉さん
    [caption id="attachment_11942" align="alignright" …
  2. 値上げイラスト
    収入が増えないのに負担だけが拡大 4月から暮らしが変わる  4月から暮らしに関する様々な制度…
  3. 3・30「働き方改革」=残業代ゼロの過労死法案許すな国会前行動
    「働き方改革」=「過労死」法案を許すな! 残業代もゼロに!  安倍晋三内閣は4月初旬にも「働き…
  4. 原発のない福島を!3・17県民大集会
     3月17日、福島県楢葉町天神岬スポーツ公園において「2018原発のない福島を!県民大集会」が同…
  5. 桜イラスト
    官邸の入口にある地獄門 安倍打倒そだねーの声充ちる 美ら海にドシャドシャ入れることならぬ…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

4月
21
18:30 ゆれる歴史認識 トロントから「南... @ エルおおさか
ゆれる歴史認識 トロントから「南... @ エルおおさか
4月 21 @ 18:30 – 20:30
ゆれる歴史認識 トロントから「南京」「慰安婦」問題を巡って @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
 皆さんは ALPHA(第二次世界大戦歴史事実を守る会)をご存知ですか?  この会は1997年から第二次世界大戦のアジアでの戦争の歴史を学生たちやカナダの市民に正しく伝えようとカナダトロントで結成されました。現在 ALPHA の団体は、カナダやアメリカなどの都市で歴史認 識活動を展開しています。  「悲惨な戦争の歴史事実を知ってこそ、平和を大切に思い築いていける」との考え方は、カナダの歴史教師や中国系、韓国系市民に共感を受け多くのメンバーが活動に参加しています。私達「南京の記憶をつなぐ」会の趣旨とも重なります。  アジアの戦争中に起きた南京大虐殺や「慰安婦問題」731、細菌戦など、これまで日本やアメリカによって隠蔽されてきた歴史事実を、市民や若者に伝えようと教育界に働きかけて副読本作成や学生シンポ、サマーキャンプ、スタディーツアーなどの 幅広いグローバルな歴史教育を企画し実践しています。  カナダやアメリカでもここ数年、「慰安婦」少女像の建設、また昨年「南京大虐殺記念日」の制定をめぐって、日本の歴史修正主義者たちが攻撃をしかけました。私達は、今回トロント ALPHA のフローラ氏、 トロントと日本で取材活動をしている田中裕介さんを大阪に招請しました。北米での歴史認識活動の意義やそれを巡る状況、圧力などホットな話題をお話ししていただきます。皆さんぜひご参加ください。 ■日時:2018年4月21日(土)  午後6時10分開場 6時半開演 ■場所:エルおおさか 7階 734 号室  京阪地下鉄天満橋西へ5分 ■講演:フローラ・チョング(トロント MPHIAL副議長)     田中裕介(トロント在住ジャーナリスト) ■協力費:800円 ■主催:「南京の記憶をつなぐ」準備会 フローラ・チョングの略歴と講演: 「なぜアジアでの戦争の歴史を明らかにするのか」 香港出身。1987年にカナダへ移住。英国で修士号(社会正義及び教育学)取得。2005年から正規採用のボランティアとして勤務。以来、アジア太平洋戦争の文脈における人間性の価値と社会正義を批判的に理解する能力を養うための教育と一般社会の啓蒙のため助力してきた。高校、大学、コミュニティを訪問し講演し、国際会議などにアルファ・エデュケーションを代表して出席し発表してきた 現在、アルファ理事会の副議長及び所長として勤務している。 田中裕介の略歴と講演: 「カナダから見える『南京』や『慰安婦』の歴史認識」  北海道出身。早稲田大学卒業。1986年にカナダへ移住。日系コミュニティ新聞の日本語編集者として20年以上勤務し、取材過程で多くの日系人会議、日系史発掘、エスニック問題、人権運動と取り組んできた。1994年以来、民話や創作を英語で語る「語りの会」を主宰し、自らカナダのみならず NY、韓国などでも活動してきた。また、日本の大学などでカナダに関する講演もしている。現在はフリーランスとして、日系メディアや「戦争責任研究」等の学術誌に執筆してきた。訳書に「ほろ苦い勝利」(現代書館)「暗闇に星が輝く時」(朔北社)等。 アルファ教育財団とは  非営利慈善団体。アジア・太平洋戦争史の中でしばしば看過されてきた史実の啓蒙と批的理解を高め、正義と平和、和解の価値を探ることを使命とし4つの方向性を伴う教育と代表発言活動を行っている。 1. 教育者、学生と共に活動する・学校でのワークショップ、会議開催・教材制作、教育者のために研修旅行、会議を開催 2. 青年層の強化・学生主体で大学でのアルファ支部・夏季集中研修、インターンシップ 3. 研究支援 ・記録・資料館のデジタル化事業・大学研究インターンシップ・学生への支援 4. コミュニティの連携 ・映像制作:「アイリス・チャン・レイプ・オブ・南京」、「アポロジー」等・出版:松岡環著「南京引き裂かれた記憶」
4月
23
18:00 第14回怒りのデモ 森友問題の核心... @ 大阪城公園「世界連邦平和像」前
第14回怒りのデモ 森友問題の核心... @ 大阪城公園「世界連邦平和像」前
4月 23 @ 18:00 – 20:00
第14回怒りのデモ 森友問題の核心は安倍昭恵と晋三だ! @ 大阪城公園「世界連邦平和像」前 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■日時:2018年4月23日(月)18時集会、19時デモ出発 ■場所:大阪城公園「世界連邦平和像」前  大阪市中央区大阪城1-1 (大阪城公園 大手前広場)  大阪城の西側。大阪府庁のほぼ正面の道路を渡った広場にあります。 ■主催:「森友問題」疑獄を許すな!実行委員会  連絡FAX06-6304-8431
4月
26
18:00 沖縄意見広告運動全国キャラバン ... @ 連合会館
沖縄意見広告運動全国キャラバン ... @ 連合会館
4月 26 @ 18:00 – 20:00
沖縄意見広告運動全国キャラバン 歓迎と激励の集い @ 連合会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 沖縄から出発した全国キャラバン隊が東京に来ます 4.26「歓迎と激励の集い」に参加ください  1月17日に沖縄辺野古現地を出発点とした沖縄意見広告運動の全国キャラバン隊が、沖縄コースを経て、2月には四国コースを、さらに九州コースなどを回り、4月には23日名古屋、24日静岡、25日千葉を経て26日東京に入ります。  そこで、全国キャラバン隊の皆様を迎え、各地での行動報告を聞き、その労をねぎらい、激励する集いを持ちます。是非、ご参加ください。 ● 日時:2018年4月26日午後6時~ ● 会場:「連合会館」2階201号室  東京都千代田区神田駿河台3丁目2−11   東京・JR御茶ノ水駅より徒歩3分 ● 主催:第9期沖縄意見広告運動  http://www.okinawaiken.org/ 沖縄意見広告運動とは? 沖縄の痛みを、全ての人びとの痛みとして、みんなで受けとめよう! 「普天間即時閉鎖、辺野古(海・陸)やめろ、海兵隊いらない」 このような想いのもと、沖縄意見広告運動は2010年3月に発起されました。国内外の新聞各社への意見広告掲載を中心に様々な活動を行なっています。 意見広告には、公表可能な賛同者の方々のお名前を掲載しています。 【第8期 国内向け意見広告】 掲載日:2017年6月3日 掲載紙:琉球新報、沖縄タイムス、朝日新聞 各朝刊 賛同者総数:12,548件 公表可:10,481件 匿名希望:2,067件 賛同団体:437件 ■ 第9期広告の掲載日は6月3日(日)予定 1万5000件の賛同目標実現にお力を!  賛同者のみなさま。いつもご賛同、ご支援をありがとうございます。  第9期沖縄意見広告の掲載日は6月3日(日)を予定し、沖縄2紙と全国紙との交渉に入りました。9期の目標は、第8期の1万件越えの成果を受け、さらに15000件の賛同を目標に、運動拡大に取り組んでいます。  どうぞ、友人、知人へ賛同の輪を広げて下さい。  振込表付きの第9期新チラシが必要な方は事務局まで連絡ください。  すぐに、お送りします。 沖縄意見広告運動事務局 ● 電話 03ー6382ー6537 ● FAX 03ー6382ー6538 ● mail info@okinawaiken.org (「コモンズ」117号の目次にもどる)

特集(新着順)

  1. 官邸前行動レポート写真1

    2018-4-18

    青年たちは今(3)官邸前行動レポート/高屋直樹(直接行動)

  2. 安倍は辞めろコールの広がり

    2018-4-17

    「森友疑獄」発覚の一歩から一年 渦中の木村豊中市議に聞く(下) ― 官僚に責任押し付ける権力の末路

  3. 2018-4-13

    今、関西でなにが起きているのか ― 在特・ネオナチ一掃の市民連携へ

  4. 痛いウヨキャラ

    2018-4-1

    ネットウヨ・ヘイト団体と化したか「公益社団法人」日本青年会議所 ー ヘイトキャラ「宇予くん」が問題化

  5. ナ・ヤンイルさん

    2018-3-31

    安倍が煽る米朝戦争の危機を止めよう ー 2・24 平和集会での発言から

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る