演劇『秩父困民党・1884年』公演に期待する/乱鬼龍(川柳作家)

「秩父困民党・一八八四年――日本をゆるがした十日間――」
(第219回麻布演劇市フォーラム・コイナさんの会26回公演)に期待する  乱鬼龍

公演フライヤー

公演フライヤー

■上演期間:2016/11/25(金) ~ 2016/11/27(日)
■会 場:麻布区民センター(アクセス)
■脚本・演出:菅原司 ■詳細ページほこちら


 今からおよそ130年ほど前、当時の貧窮にあえぐ農民たちが、時の圧政、明治政府を討たんとして、武器を手に埼玉県秩父路に蜂起し、敗れ、死刑となっていった、壮絶な歴史があった。
 彼らは、権力者による歴史(観)の中で、長く「暴徒」と呼ばれ、その貧乏からの解放を高々と訴えた、文字通り命を懸けた熱い志は、今日に至るまで、なかなか正しい評価と理解を得られたとは言い難い時代がつづいている。だが、今日また、ワーキングプアー、ブラック企業、過労死、孤老死等々、正に、今日には今日の「困民」たちが世の中にあぶれ、またその生活破壊の度合はますます強まり、深まってきているという時代状況の中で、この演劇上演の試みは、今日的なものを鋭く持っていると言えるだろう。
舞台稽古風景

舞台稽古風景


 この芝居は、1999年に一度上演されているが、今日の時代の中で、もう一度上演される運びとなったことは、また新たな若い世代にも、観る機会が得られ、そのこともまた喜びたい。
 この演劇を観て、今日の困民である私たちは、そこから何を学ぶのか、それをどう活かしていくのか、様々なことが問われ、求められていると思う。
 この上演の大成功と、そこから発する熱き魂の共鳴におおいに期待したい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主な内容(制作・高橋省二)

 19世紀末、世界的不況と政府のデフレ政策によって景気はどん底。絹製品を主要産業としてきた繭の産地秩父の農民たちは、絹の大暴落に加えて維新政府の軍隊・学校創設などによる増税を課せられ、生活は困窮。やむをえず高利貸しに多額な借金をせざるを得なくなり、日増しに破産、逃散、自殺者が増大。まさに村は崩壊寸前。
稽古風景

稽古風景

 これを見て見ぬふりが出来なかった(後に「秩父困民党」を結成する)自由党員で自由民権論者であった落合寅吉、高岸善吉、坂本宗作らは、高利貸しとの交渉、役所への説諭願い、警察署への悪徳高利貸しの取り締まりの要請に奔走。その傍らこの窮状を救うための組織「困民党」を結成。

 しかしあらゆる交渉、請願等ではらちが明かず、秩父の地に田代栄助を総裁にした困民党の「革命本部」を立ち上げ、(暴徒とみなされないためにも)五か条の軍律と4項目の要求を掲げて、ついに1884年(明治17年)11月1日、武装蜂起。
 高利貸し、役所の占拠とともに、貧困、窮状の諸悪の根源をなす圧制政府打倒を掲げて近県在住の自由民権活動家、農民たちが決起し、1万人以上が参加。今日では日本の近代史上、「最初にして最期の武装蜂起」と言われている。

 農民が武器を携えて自由と平等を求めて、借金、重税からの解放のみでなく政府打倒に立ち上がったことに恐怖を抱いた山縣有朋らは、秩父困民党の闘いを「困民救済の革命」「暴動、暴徒」として扱い、初めて軍隊が出動し、人民に銃をむけて弾圧した事件でもあります。
 戦後しばらく、指導者たちの家族は「非国民」「火付け、強盗」の汚名を着せられたものの、歴史研究家たちの粘り強い調査、研究によって、この秩父困民党事件の全貌が明らかになるにつれて、秩父事件は「自由民権運動の最後にして最高の形態」(井上幸治『秩父事件』中公新書)と再評価されるまでになりました。
秩父困民党
 今回の芝居には出てきませんが、秩父事件弾圧から5年後には、植木枝盛ら自由民権運動家が起草した「五日市憲法」をはじめとした草の根の民主的な憲法草案は無視され、伊藤博文らによって天皇制のもとでの「大日本帝国憲法」(明治憲法)を施行。さらにそれから5年後には、朝鮮半島に出兵し日韓併合、日清戦争に突入するのです。
 
 こうした日本の近代史の大きな岐路、変わり目において「日本はこのままでいいのか?!」と問いかけたのが秩父事件だったともいえます。秩父事件から132年経った今日、この秩父事件に立ち上がった人々が思い描いた重税・貧困なき社会、自由と平等な社会、戦争のない社会は、いまだ実現できていないのが現状です。
 秩父事件の舞台化を通して、今日の時代の在り様をともに考える契機となれば幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
困民党要求・軍律「秩父事件ホームページ」より)

【秩父困民党軍律】
 第一条 私ニ金品ヲ掠奪スル者ハ斬
 第二条 女色ヲ犯ス者ハ斬
 第三条 酒宴ヲ為シタル者ハ斬
 第四条 私ノ遺恨ヲ以テ放火其他乱暴ヲ為シタル者ハ斬
 第五条 指揮官ノ命令二違背シ私ニ事ヲ為シタル者ハ斬

【秩父困民党目標】
 一 高利貸のため身代を傾ける者多し。よって債主に迫り10カ年据置40カ年賦に延期を乞うこと
 一 学校費を省く為3カ年間休校を県庁に迫ること
 一 雑収税の減少を内務省に迫ること
 一  村費の減少を村吏に迫ること

(「コモンズ」101号の目次にもどる)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 吉村洋文

    2017-12-28

    維新・吉村大阪市長「慰安婦像」めぐり姉妹都市断絶宣言 -米国紙の論調にさぐる・日本の平和イメージをぶちこわした暴挙

季刊「変革のアソシエ」No.33

最近の記事

  1. 4・28「屈辱の日」、那覇で300人集会
    前号からのつづき 特別連載】天皇制と闘うとはどういうことか 第三回 Ⅲ.象徴天皇制 起源の欺瞞 …
  2. 10月ハロウィンのイラスト
    沖縄のこれが民意だデニー勝つ オプジーボ悪政ガンに効かないか 改造の内閣というこの程度 …
  3. 勝利したアレクサンドリアさん
    米国に台頭する新しい波!「社会主義」青年たち ――サンダース旋風をおしあげたミレニアル世代の若者た…
  4. 2018年3回目の南北首脳会談
    冷戦の産物、南北分断を終わらせ、平和の地帯に(4/27 板門店宣言) 南北、全ての陸・海・空あらう…
  5. 2018年3回目の南北首脳会談
    民族協和へ、歴史の歯車は後戻りせず 軍事衝突を無くすあらゆる配慮が、南北を緊密に  南北首脳…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

10月
27
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
10月 27 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
11月
17
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
11月 17 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
11月
24
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
11月 24 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
12月
3
19:00 元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さ... @ 元町映画館
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さ... @ 元町映画館
12月 3 @ 19:00 – 21:00
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」/神戸 @ 元町映画館 | 神戸市 | 兵庫県 | 日本
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会 「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」 ■ 日 時:2018年12月3日(月)19:00~21:00(開場18:30) ■ 会 場:元町映画館2Fイベントルーム  〒650-0022神戸市中央区元町通4丁目1-12  https://www.motoei.com/access.html ■ 講 師 井筒高雄さん(元陸自レンジャー隊員) ■ 参加費:1000円   ※お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。  メール:civilesocietyforum@gmail.com まで。 ■ 主 催:市民社会フォーラム  http://shiminshakai.net/post/4784 ■ ご案内  安倍首相は9月3日、防衛省の自衛隊高級幹部会同での訓示で、「全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えるのは、今を生きる政治家の責任だ。私はその責任をしっかり果たしていく決意だ」と述べ、憲法に自衛隊の存在を明記する改正に取り組む考えを改めて示しました。  10月から12月まで開会予定の通常国会でも、安倍首相は憲法改正の自民党案を提出し、早期の発議を目指す方針を明らかにしています。  はたして、自衛隊を憲法9条に明記すれば、日本の平和を保障することになるのか? 9条を現実に合わせて現状追認するだけのことなのでしょうか?  そして、有事があれば命がけで日本を守る自衛官たちも、憲法に自衛隊を明記することを望んでいるのでしょうか?  元自衛官の井筒高雄さんに、改憲発議がされようとする今、自衛隊を憲法に明記することの問題点についてお話しいただきます。 井筒高雄(いづつたかお)さん 1969年、東京都生まれ。 88年、陸上自衛隊第31普通科連隊に入隊。91年にレンジャー隊員に。 92年にPKO協力法が成立すると、武器を持っての海外派遣は容認できないとして翌93年に依願退職。 大阪経済法科大学卒業後、2002年から兵庫県加古川市議を2期務める。 元自衛官の立場から戦争のリアル、コスト、PTSD などリスクを 伝える講演活動を行う。 現在、ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン(VFP) 共同代表。 共著に『安保法制の落とし穴』(ビジネス社)、単著に『自衛隊はみんなを愛している』(青志社)など

特集(新着順)

  1. 4・28「屈辱の日」、那覇で300人集会

    2018-10-20

    天皇制と闘うとはどういうことか(3)/菅孝行(評論家) 第三回 象徴天皇制 起源の欺瞞 ―「国体」護持のために沖縄は売り渡された

  2. 2018年3回目の南北首脳会談

    2018-10-16

    今年3回目の南北首脳会談 実質的な「終戦宣言」合意の重大性

  3. 平成の大逆事件

    2018-10-15

    「平成の大逆事件」組合活動そのものを違法とする関生労組弾圧/佐藤隆

  4. 労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

    2018-10-12

    労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

  5. 玉城デニーさん当選

    2018-10-10

    沖縄県知事選 玉城デニーさん過去最多40万票に迫る圧勝

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る