「引越社は使いません!」 関西からもブラック企業追放!告発運動in関西

引越社アリ地獄

関西からもブラック企業追放

「引越社は使いません!」告発運動in関西

 アリさんマークの引越社は、誠実そうなCMの様子とは裏腹に、従業員に引越し荷物破損の弁償金を背負わせ、過労死ラインも無視の長時間労働を強いるという奴隷的な労務管理など、悪辣な営業姿勢が明るみ出て、現在は轟々たる非難にさらされているのは周知の事実である。
引越社アリ地獄
 そんな過酷極まる労働条件の改善を訴え、昨年3月に社員が「プレカリアートユニオン」に加入したことを持って懲戒解雇を強行、朝礼でその理由を「罪状」として読み上げ、他の社員が続かないよう見せしめに社内に掲示する(右写真)という、まさに信じられない前近代的な行いのブラック企業が引越社だ。同社を関西でも提訴するために、7月31日、大阪市中央区にあるトークライブハウス「ロフトプラスワン WEST」で実情を訴える説明会が開催された。

■社員に「借金」を負わせて飼い殺し

 当日の参加者は約70人ほどが集まり、そのほとんどが30歳代の労働者で関心の高さが伝わった。この問題を映画化している土屋トカチ監督のプチ上映会も同時開催された。
 同社の一番の問題である「弁償システム」に参加者の関心は集中した。これは荷物や会社の車に傷をつけてしまったら、すべて社員が個人で弁償しなくてはいけないシステムで、そのために入社後、50万円を強制的に積み立てさせ、事故が発生すればそこから差し引く制度。
 それでも足りない場合は給与の天引きもしくは「友の会」から借金させるという、飼い殺しのような制度が続けられてきた。もう辞めたいのに会社に借金があるから辞められないという社員がほとんどだ。

引越社は使いません!ビラ

当日の告知ビラ(画像クリックで拡大)

■残業147時間で月給27万円

 過労死ライン(残業月80時間)を超えた長時間労働も常態化している。引越社は社員の労働実態を把握する書類を労働基準監督署に提出したと主張するが、それも偽造書類だったことが判明している。
 賃金制度も他の社員との比較(競争)による流動的な「相対賃金制」で、前月よりも仕事が増えて長時間働いたのに賃金があがっていないこともある。相対制なので、みんなで協力しあい頑張って会社の仕事が増えても逆に賃金が下がることもありえるからだ。社員は事前に自分の給与額を知ることができない複雑な制度のうえ、さらに有給休暇をとると給与が下がる制度や、「会社の業績不振」を理由に一方的に削られることもあったという。
 繁忙期に残業を147時間(毎日14~17時間労働の計算になる!)しても給料は27万程度である。結果、家に帰っても家族と対話する時間もなく、食事している最中に寝てしまうこともあるという。
 まさかテレビCMで有名な企業がこんな体質だとは誰も思わないだろう。ブラック企業は就職してから追い込まれるという、まさに「アリ地獄」のようである。

■社員らの訴訟支援に関西の労組がスクラム

 この惨状を受けて、関西の心ある労組では、映画完成の際に各支部や各地本で鑑賞し学習会を開く予定もしており、また、引越社に対して未払いの法定残業代の支払いや、払う必要のない「弁償金」の返還を求めて集団訴訟を起こす仲間も集結。元社員も含め約50名が訴訟に踏み切る準備をしている。引越社に苦しめられている社員、元社員を支援する一環として、裁判費用の寄付を募集する動きも本格化しており、ブラック企業と闘う労働者のため、関西の労組が一斉にスクラムを組もうとしている。

引越社ボイコットキャンペーン(ネット署名)
映画『アリ地獄天国(仮)』制作費用カンパのお願い(土屋トカチ)
引越社“アリ地獄”の給与制度 謎の「ポイント制」(My News Japan)
映像『アリ地獄天国』とたたかう当事者に大きな拍手(レイバーネット)
密着!会社と闘う者たち 〜”長時間労働”をなくすために(TV東京「ガイアの夜明け」)


(「コモンズ」101号の目次にもどる)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 雨傘革命 香港
     香港で民主化を求めて若者たちが立ち上がった「雨傘運動」から3年がたった。香港の中心街を占領した若者…
  2. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者
    [caption id="attachment_21937" align="aligncenter"…
  3. 懇談会で発言する武議長
     (前号より続く)近畿地区の生コン関連団体の労使は8月23日、大阪市西区川口の「学働館・関生」で…
  4. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子
    労働運動再生への灯火 歴史に学び「関西」から全国へ世界へ!! 大阪労働学校アソシエ 特別シンポジウ…
  5. 堺市竹山市長3選
     9月24日投開票の堺市長選では、民進・共産など各党支持、協同会館アソシエ各団体も推薦した竹山修身氏…
変革のアソシエ講座のご案内

特集(新着順)

  1. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す-一体化するアジア経済/大野和興

  2. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  3. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  5. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る