「引越社は使いません!」 関西からもブラック企業追放!告発運動in関西

引越社アリ地獄

関西からもブラック企業追放

「引越社は使いません!」告発運動in関西

 アリさんマークの引越社は、誠実そうなCMの様子とは裏腹に、従業員に引越し荷物破損の弁償金を背負わせ、過労死ラインも無視の長時間労働を強いるという奴隷的な労務管理など、悪辣な営業姿勢が明るみ出て、現在は轟々たる非難にさらされているのは周知の事実である。
引越社アリ地獄
 そんな過酷極まる労働条件の改善を訴え、昨年3月に社員が「プレカリアートユニオン」に加入したことを持って懲戒解雇を強行、朝礼でその理由を「罪状」として読み上げ、他の社員が続かないよう見せしめに社内に掲示する(右写真)という、まさに信じられない前近代的な行いのブラック企業が引越社だ。同社を関西でも提訴するために、7月31日、大阪市中央区にあるトークライブハウス「ロフトプラスワン WEST」で実情を訴える説明会が開催された。

■社員に「借金」を負わせて飼い殺し

 当日の参加者は約70人ほどが集まり、そのほとんどが30歳代の労働者で関心の高さが伝わった。この問題を映画化している土屋トカチ監督のプチ上映会も同時開催された。
 同社の一番の問題である「弁償システム」に参加者の関心は集中した。これは荷物や会社の車に傷をつけてしまったら、すべて社員が個人で弁償しなくてはいけないシステムで、そのために入社後、50万円を強制的に積み立てさせ、事故が発生すればそこから差し引く制度。
 それでも足りない場合は給与の天引きもしくは「友の会」から借金させるという、飼い殺しのような制度が続けられてきた。もう辞めたいのに会社に借金があるから辞められないという社員がほとんどだ。

引越社は使いません!ビラ

当日の告知ビラ(画像クリックで拡大)

■残業147時間で月給27万円

 過労死ライン(残業月80時間)を超えた長時間労働も常態化している。引越社は社員の労働実態を把握する書類を労働基準監督署に提出したと主張するが、それも偽造書類だったことが判明している。
 賃金制度も他の社員との比較(競争)による流動的な「相対賃金制」で、前月よりも仕事が増えて長時間働いたのに賃金があがっていないこともある。相対制なので、みんなで協力しあい頑張って会社の仕事が増えても逆に賃金が下がることもありえるからだ。社員は事前に自分の給与額を知ることができない複雑な制度のうえ、さらに有給休暇をとると給与が下がる制度や、「会社の業績不振」を理由に一方的に削られることもあったという。
 繁忙期に残業を147時間(毎日14~17時間労働の計算になる!)しても給料は27万程度である。結果、家に帰っても家族と対話する時間もなく、食事している最中に寝てしまうこともあるという。
 まさかテレビCMで有名な企業がこんな体質だとは誰も思わないだろう。ブラック企業は就職してから追い込まれるという、まさに「アリ地獄」のようである。

■社員らの訴訟支援に関西の労組がスクラム

 この惨状を受けて、関西の心ある労組では、映画完成の際に各支部や各地本で鑑賞し学習会を開く予定もしており、また、引越社に対して未払いの法定残業代の支払いや、払う必要のない「弁償金」の返還を求めて集団訴訟を起こす仲間も集結。元社員も含め約50名が訴訟に踏み切る準備をしている。引越社に苦しめられている社員、元社員を支援する一環として、裁判費用の寄付を募集する動きも本格化しており、ブラック企業と闘う労働者のため、関西の労組が一斉にスクラムを組もうとしている。

引越社ボイコットキャンペーン(ネット署名)
映画『アリ地獄天国(仮)』制作費用カンパのお願い(土屋トカチ)
引越社“アリ地獄”の給与制度 謎の「ポイント制」(My News Japan)
映像『アリ地獄天国』とたたかう当事者に大きな拍手(レイバーネット)
密着!会社と闘う者たち 〜”長時間労働”をなくすために(TV東京「ガイアの夜明け」)

(「コモンズ」101号の目次にもどる)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 「働き方改革」

    2018-5-14

    安倍政権を追撃し「働き方改革」法案を廃案へ/仲村実

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る