2・27環境省交渉報告院内集会「自然破壊の辺野古基地建設はやめろ!」

主催 名護・ヘリ基地反対協議会

2・27環境省交渉報告院内集会

11月県知事選に向けて邁進しよう

 2月27日、衆議院第一議院会館国際会議室において、名護・ヘリ基地反対協議会主催による「自然破壊の辺野古基地建設はやめろ!」環境省交渉報告院内集会が開催された。

辺野古 大浦湾 最初にヘリ基地反対協議会共同代表の安次富浩さんが主催者を代表して次のように語った。
 「世界遺産リストが徳之島、奄美大島、国頭村、西表などがあげられている中で名護だけが除かれている。なぜ大浦湾も含まないのかを環境省に問い詰めたが、環境大臣の石原伸晃は『辺野古の海には守るべきものは何もない』と国会答弁をしている。
 自民党の石破幹事長が沖縄選出の自民党国会議員を恫喝して屈服させた。それに手を貸したのが仲井真だ。彼は『普天間基地固定化は政府の無能の現れだ』『政府の態度は沖縄差別だ』と激しく批判したが結局県民を騙した。彼はペテン師です。
 米議会では『焦点は11月の知事選だ』と見ている。仲井真が承認しても知事選の結果によってはどうなるかわからない。だから我々は知事選に勝利しないといけない。百条委員会で知事を追及したが、彼はのらりくらりとかわしている。今後もこの追及は続く。
 私達は環境省に辺野古を世界自然遺産の暫定リストに載せるよう追及してゆく。県知事選に勝利すれば、国定公園に指定させる可能性もできる。こうして一歩一歩積み重ねながら大浦湾、辺野古、高江、やんばるの森を守って行きたいと思っています。」

10万人署名をオバマ大統領に届けよう

ヘリ基地反対協議会共同代表の安次富浩さん なお、安次富さんはあとで補足説明として次のように語った。
 「知事の埋め立て承認の取り消し訴訟を194名で行なったが、原告はさらに増えて650名となる。稲嶺市長は防衛省からの要請を一切拒否している。名護市に対していろいろな圧力が加えられるだろう。これに対抗するために法的関係者による懇話会を作り協議している。
 またオリバー・ストーンさんたちが呼びかけた29名の国際署名が先日103名になった。現在は8000名を超えている。これにはアメリカだけでなく日本人もインターネットで署名が可能なのでこれをさらに拡大していきたい。オバマ大統領が4月下旬に来日するが、それまでに10万人に増やして大統領に届けよう」。

 次に平和フォーラム事務局長の藤本泰成さん、沖縄選出の国会議員玉木デニーさん、赤嶺政賢さん、照屋寛徳さん等が発言した。
 続いて名護市議会議員の東恩納琢磨さんは、環境省環境保護課に要請文を手渡してきた報告を行なった。

国際的に注目された名護市長選挙

 次に同じく名護市議会議員の具志堅徹さんが2月9日に行なわれた名護市長選挙の報告を行なった。また沖縄生物多様性ネットワークの吉川秀樹さんがアメリカで行なわれているジュゴン訴訟の報告を行なった。
 質疑応答のあと、最後に東恩納琢磨さんが閉会のあいさつを行なった。

※追記:インターネット署名の紹介は意見広告ホームページ

コモンズ第69号の目次へ戻る


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2017年衆議院選 新潟野党結集

    2017-12-25

    選挙分析】農村部の動きをどうみるか? 農村部でリベラル・革新が互角でたたかえる条件はそろっている

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る