「ソウル宣言の会」東京報告会のお知らせ GSEF2016モントリオール大会よりの帰国報告

「ソウル宣言の会」東京報告会のお知らせ

「GSEF2016モントリオール大会」から見えた「社会的連帯経済」の到達点と今後

(チラシ:裏・表、画像クリックで拡大)
「ソウル宣言の会」東京報告会のお知らせ GSEF2016モントリオール大会よりの帰国報告 「ソウル宣言の会」東京報告会のお知らせ GSEF2016モントリオール大会よりの帰国報告(裏)
⇒チラシダウンロード(PDF)

■日時:2017年1月15日(日)午後1時半~5時(開場1時)
■会場:明治大学駿河キャンパス:グローバルフロント2階4021教室
   (⇒アクセス地図キャンパスマップ
■共催:ソウル宣言の会/明治大学日欧社会的企業比較研究センター


■プログラム
  1. 開会及び主催者挨拶
    ・明治大学日欧社会的企業比較研究センター代表
     中川 雄一郎 明治大学政経学部教授
  2. 報告
    (1)2013年の「ソウル宣言」から2016年の「モントリオール宣言へ」
       ソウル宣言の会代表 若森 資朗
    (2)GSEF2016モントリオール国際会議参加報告
       大会参加団団長・明治大学副学長・元日本協同組合学会会長 栁澤 敏勝 氏
  3. パネルディスカッション:モントリオール大会の成果とは?
    司会 ソウル宣言の会 牧 梶郎
    パネリスト モントリオール大会参加者
    高井 康裕 さん(中小企業組合総合研究所 理事長)
    松田 舞 さん(アジェンデ21)
    瀬戸 大作 さん(パルシステム生活協同組合連合会・地域支援本部担当部長)
    上野 しのぶ さん(生活クラブ山梨 理事長)
    松村 和則 さん(筑波大学 名誉教授)
    鈴木 岳 さん(生協総合研究所研究員)
  4. 2018年の開催地、ビルバオ市、モンドラゴン市の紹介
    ・明治大学 特認教授
     マット・ノイズ

明治大学特任教授 マット・ノイズ氏
マット・ノイスさんアメリカ人。ニューヨークの大学で成人教育、労働者教育に携わる。近年はスペインのバスク州をたびたび訪問し、モンドラゴンの調査、モンドラゴン大学との共同研究、明治大学の大学院生や学生を現地に引率しフィールドワークを指導。ロバアト・オウエン協会でモンドラゴンのこと、またアメリカの共同体運動の歴史などの研究報告を行う。

ーーー
■次回「GSEF2018ビルバオ(スペイン・バスク地方)大会に向けて、日本での
 「社会的連帯経済」の理解と取り組みを広げよう。とりわけ自治体に対して!


参加した世界各国の都市・自治体の首長たち

 GSEF(グローバル社会的経済フォーラム)国際大会は、2013年(「ソウル宣言」を発信)、2014年(「GSEF憲章」の制定)の、ソウル市での2回の国際大会を経て、今年2016年は9月7日~9日、カナダのケベック州モントリオール市で開催された。

 62カ国330の自治体(うち33の自治体が首長ないし準ずる人が参加)、9つの国連機関を含めた団体、個人1500名以上の人々が参加して、大会の最後に「モントリオール宣言」が採択された。「ソウル宣言の会」では、栁澤敏勝明治大学副学長を団長に、現地合流4名を含む32名で参加した。

 モントリオール大会の中心テーマは「地方自治体とSSE(Social and Solidarity Economy=社会的連帯経済)」であった。残念ながら日本からの自治体関係者、協同組合、社会的企業関係の組織だった参加はなく非常に残念であった。しかし「社会的連帯経済」は世界的な規模で動いていることを参加者で実感した。

 「GSEF2016ビルバオ大会」に向け、とりわけ地方自治体への働きかけは重要な課題となり、私たちの活動もこの点に注がれていくことになる。そのことをこの集会で多くの仲間と共有していきたい。

■ソウル市 → モントリオール市 → ビルバオ市

左からJean-Martin Aussant シャンティエ ゼネラルディレクター、パク・ウォンスン ソウル市長、ドニ・コルデ モントリオール市長、ベアトリス・アランGSEF組織委員長

 「GSEF2018」は、カナダ・ケベック州と同じように、いやそれ以上に「社会的連帯経済」の歴史と実績を誇るスペイン・バクス州ビルバオ市、そしてモンドラゴン市で開催!!

 「モントリオール宣言」は、「ソウル宣言」を継承しつつ国連「2030アジェンダ」や、ハビタットⅢ「ニュー・アーバン・アジェンダ(新都市アジェンダ)」などとのより幅広い連携を意識したものとなった。それに加えて「モンブラン会議」や「RIPESS 」の参加と、相互加盟(この2団体はビルバオ市と共に運営委員に加わった)により、より多様な問題意識との連帯の始まりでもあった。

 それは社会全体の変革のための、(1)社会的セクターとしての可能性の追求と役割増大への自覚。(2)市民参画による「社会的連帯経済」の、新しい社会システム、すなわち公共セクター、民間セクターをも巻き込んだ、新しい社会変革のトータルシステムへの可能性への挑戦でもある。それは自然との調和、共生を意識したシステムである。

 効率と競争による経済成長をこのまま続けると、人は蝕まれ、環境が破壊され、資源の枯渇を招き、地球を破滅させることに多くの人達が気付きはじめている。私たちは破滅する前に動きを加速する。日本は遅れていると嘆いている時間はない。先進事例に学び、日本での「社会的連帯経済」の定着と発展を期していきたい。その成果を持って、「GSEF2018ビルバオ大会」に多くの仲間と参加していきたい。今回の報告会は、その第一歩としていきたい。

2016年フォーラム参加の公的機関    2016年フォーラム参加の民間団体
・ケベック州(カナダ)          ・シャンティエ社会的連帯経済(カナダ)
・モントリオール市(カナダ)       ・ソウル社会的経済(韓国)
・ソウル市(韓国)            ・ソウル宣言の会(日本)
・バンドン市(インドネシア)       ・社会的企業ネットワーク(フィリピン)
・マニラ市(フィリピン)         ・ローカリティ(英国)
・バスク州(スペイン)          ・モンブラン会議(国際ネットワーク)
・ビルバオ市(スペイン)         ・リペス(大陸間社会的経済ネット)
・バマコ地区(ペルー)          ・社会的連帯連合(コロンビア)
・リバプール市(英国)          ※他、330の市町村の民間団体
・ニューヨーク市(米国)
※他、62カ国200自治体など

(「コモンズ」102号の目次にもどる)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. 労働組合潰しの大弾圧を許さない12・15東京緊急集会
     連帯労組関生支部への理不尽な大弾圧への抗議集会が、8日の大阪集会に続いて15日、東京でも緊急に開催…
  2. 全日建関西地区生コン支部に対する度重なる弾圧に強く抗議する声明 1 事件の概要  現…
  3. 辺野古新基地建設を許さない12・6首都圏集会
    沖縄では、政府による無認可桟橋からの違法な土砂搬入が進められようとしている。なりふり構わぬ工事強行に…
  4. 労働組合潰しの大弾圧を許さない12・8大阪集会に600名が結集
    連帯カンナマ弾圧を許すな!「労働組合つぶしの大弾圧を許さない12・8集会」に、各方面から600を超え…
  5. 労働組合潰しの大弾圧を許さない12・8大阪集会に600名が結集
    労働組合潰しの大弾圧を許さない12・8大阪集会に600名が結集 これは「共謀罪」適用の始まりだ!立場…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 労働組合潰しの大弾圧を許さない12・15東京緊急集会

    2018-12-15

    写真速報】労働組合潰しの大弾圧を許さない12・15東京緊急集会に200名

  2. 労働組合潰しの大弾圧を許さない12・8大阪集会に600名が結集

    2018-12-13

    12・8大阪集会に600名が結集して抗議の渦 - 12・15東京緊急集会へ!

  3. あわじ寺子屋

    2018-12-5

    地域の力で子らに居場所を 新大阪・NPO あわじ寺子屋の奮闘

  4. 安倍総理を厳しい目で見つめる明仁天皇

    2018-12-3

    天皇制と闘うとはどういうことか(4)/菅孝行(評論家) 第四回 二人の天皇と日本国憲法「緊急避難」か国是の指標か

  5. 米国への積み込みを待つ日本車―この風景がいつまで続くか?

    2018-11-28

    日米FTAの先にある、米国主導のブロック経済圏形成/大野和興

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る