1・21賢治・秀松農民芸術祭-耀(かがよ)う午後-

仙台・羅須地人協会

1・21賢治・秀松農民芸術祭-耀(かがよ)う午後-へのお誘い


1・21賢治・秀松農民芸術祭-耀(かがよ)う午後-チラシ表 1・21賢治・秀松農民芸術祭-耀(かがよ)う午後-チラシ裏
(チラシ裏表、画像クリックで拡大)

○日時 2017年1月21日(土)13時00分~16時00分(開場12時30分)
○会場 名取市文化会館(仙台空港アクセス線「杜せきのした」、徒歩8分。
    タクシー利用の場合は名取駅からが便利です。→地図
○プログラム
 基調講演 「宮沢賢治と高橋秀松」
       大内秀明(仙台・羅須地人協会代表、東北大学名誉教授)
 太鼓演奏 「復興太鼓」宮城県農業高等学校和太鼓部
 群  読 宮沢賢治作「かしわばやしの夜」ほか
      NPOシニアネット仙台朗読グループ「注文の多い料理店」(代表:加藤益子)
○主催 仙台・羅須地人協会
宮沢賢治
 宮沢賢治は、90年前、私塾「羅須地人協会」を立ち上げました。青年たちに農業技術を教えるかたわら、のちの農業協同組合である「産業組合」の必要性を説き、また農における労働は「農民芸術」であるとして農民文化運動に取り組みました。
 その賢治の生涯にとって、高橋秀松は大きな存在でした。両者は、盛岡高等農林学校いらいの盟友であり、交流も長く続きました。秀松は、戦後に郷里である名取に戻り、宮城の農業協同組合の創設に中心的な役割を果たすとともに、名取市の初代市長に就任しました。
 しかし、これまで賢治と秀松の関係は研究者にもほとんど取り上げられていません。本会では秀松の再発掘を図ることを通して、農協や農民運動に新たな視点を提供したいと思います。

(「コモンズ」102号の目次にもどる)

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. ■編集後記  大事な仲間がまたひとり亡くなった。松平耕一君は重度の大腸ガンだったが、集会などでよく…
  2. 枯れた花
    ファーストの百合もそろそろ枯れはじめ 放射能A1すらも手におえず 徴用の二字の重さを知っ…
  3. 1982年米国:J・ローダー監督作品 原爆なんて怖くない…黒いジョーク、今も  第2次大戦後…
  4. 借金なし大豆
    (→先月号からの続き) 秩父郡横瀬町の百姓、八木原章雄さんの話を聞いた。 幻の大豆  借金なし物…
  5. technology-slaves2
     スマホの世帯普及率がガラケーを上回ったのは2015年度。つい2年前にすぎない。そして今、電車に乗る…
私たちは戦争を許さない―安保法制の憲法違反を訴える市民大集会

行動予定

特集(新着順)

  1. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  2. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  3. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

  4. 島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

    2017-9-5

    8・17島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどいー高校生たちと対話

  5. 2017-8-14

    種は誰のものか 種子法廃止で思う「種と百姓の物語」(上)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る