英総選挙・メイの賭けが裏目に-緊縮財政政策にNO

テリーザ・メイ英首相
与党過半数割れで宙ぶらりん議会に

 欧州連合(EU)からの早急な離脱交渉(ハードブレグジット)をにらみ、前倒し解散総選挙に踏み切ったメイ首相の賭けが裏目に出て、彼女の首相の座も危うくなりかけている。6月の英総選挙は、欧米の有権者が既存政治支配層にいかに幻滅しているかを示す象徴的出来事となった。いずれにしろドイツ・コール元首相の葬儀を機に、独仏基軸での均衡を図ろうとする気概の出たEUにとって、もはや英国はEUから出ても出なくてもいい一つの国でしかないようだ。

 6月8日投開票の英下院選挙では与党・保守党が過半数を失った。定数650の下院は、与党・保守党が318で現有の330を下回り、過半数の326に届かない。一方コービン党首率いる労働党は261議席と29議席を上積み。これでどの党も単独で政権を構成できないハングパーラメント(宙ぶらりん議会)となった。メイ首相は引き続き政権維持の意向を表明したが、保守党内から既に党首辞任を求める声が出ており、首相としてEU離脱交渉を率いることが出来るのかさえ不透明になった。

 メイ首相はEU離脱で欧州単一市場からも撤退する方針だった。労働党の担当者「ブレグジットの極端なバージョン」を有権者が拒否したと指摘し、EU残留派だったオズボーン前財務相は「ハードブレグジットは今夜、ゴミ箱行きだ」とコメントした。コービン労働党党首は「政治は変わった。もとには戻らない。国民が財政緊縮政策はもうたくさんだと表明したからだ」と語り、メイ首相の辞任を促した。
 メイ首相の進退にかかわらず、保守党にとって選択肢は民主統一党との連立しかなくなった。

「コモンズ」109号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す-一体化するアジア経済/大野和興

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. フランス政府の公式ロゴ、自由・平等・博愛
    グローバリズムへの対抗軸として 2014年にフランスで制定 スペイン・エクアドル・メキシコ・ポルト…
  2. ブランコ・ミラノビッチ
    前号(こちら)からのつづき 4、帝国主義の世界支配からのパワー・シフト [caption id=…
  3. 木畑壽信さんを偲ぶ会 献杯の様子
     7月1日に急逝した木畑壽信さん(享年66歳)を偲ぶ会が、9月8日、東京中野の中野産業振興センター1…
  4. 尾形憲さん
     さわやかな秋風が吹く今日この頃、皆様方には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。  「元法政大学…
  5. カタルーニャ独立闘争
    10月1日に実施されたスペイン東部カタルーニャ州の独立をめざす住民投票をめぐってカタルーニャ州と…

特集(新着順)

  1. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す-一体化するアジア経済/大野和興

  2. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  3. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  5. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る