講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

 結局鳩山政権も、そのあとの菅政権も「北朝鮮制裁論」に加担しました。翌月(2010年6月)の韓国の選挙でもし与党が圧勝していたら、北朝鮮への先制攻撃になっていましたが、国民がそれを防ぎ、与党を惨敗させたので、戦争シナリオは止められました。
 このように朝鮮半島と沖縄問題はリンクされているということを私たちは忘れてはいけないし、お互いの交流を回復させるべきです。そうでないと、戦争が起きたら双方が何もできないまま戦争に進んで行かざるを得ない。そんなことがいつでも起こりうることを私たちは警戒しなければなりません。

日本の植民地支配がもたらした沖縄と済州島の運命
済州島4・3虐殺事件

虐殺された済州島の人々

 なぜ沖縄と朝鮮半島がリンクされているのか。これはアメリカの戦後体制の影響によるものです。1945年8月、日本の植民地支配が終わったあと、アメリカとソ連が朝鮮半島に入りました。日本は政権が認められ間接統治になりましたが、アメリカの直接統治になったのは2カ所だけ、朝鮮半島と沖縄です。

 沖縄と朝鮮半島はアメリカの東アジア戦略にこの時期から組み込まれ、これが完成したのは朝鮮戦争が勃発し、米韓相互防衛条約、日米安全保障条約が同時に成立した時です。その結果、日本は戦後賠償もなく経済協力によって復興を遂げました。このあと、非武装地帯、朝鮮半島、沖縄に海兵隊を駐留させることで、沖縄は東アジアの「キーストーン」に変わっていくことになります。

 ベトナム戦争時には、韓国は戦場に行く国、日本は後方基地となる国。まさに日本と朝鮮半島はセットであり、アメリカから見れば東南アジア、東アジア含めてひとつの地図として見るだけなのです。私たちは沖縄の問題、日本の問題、韓国の問題を区別してみますが、米軍は同時に戦わないといけないと考えています。鳩山政権が倒れる前に、盧武鉉政権が潰れました。もしも鳩山政権と盧武鉉政権が同時期に登場していたら、東アジア情勢は変わっていたと思います。

 今、韓国は文在寅大統領を中心にしてもう一度、新しい時代をつくろうとしています。ここで日本で安倍政権が持続してゆくと、私たちは二度と無いチャンスを逃すことになります。日本で安倍政権を交代させ、文在寅政権と日本の新政権がいっしょに、市民の圧力を背景にして米軍を追い出すことが、最後に東アジアの戦争を防ぐチャンスではないでしょうか。

 沖縄問題と朝鮮半島の問題をもっと遡ると、日本の植民地時代末期、沖縄は本土上陸を防ぐための戦場になりました。日本ではあまり知られていませんが、日本軍が海外で本土作戦に備えて基地化したのは済州島(チェジュド)です。韓国駐留の全日本軍が済州島に集結し、済州島と沖縄をもって本土を防衛するため、多くの人々が動員されました。
犠牲の死を問う
 済州島はなんとか上陸戦にはならなかったんですが、そのあとに米軍が入ってきます。米軍を見た済州島の住民は「これは帝国主義の延長だ」と思って抵抗したために4・3虐殺事件にいたりました。台湾でも1947年に2・28虐殺事件が起こりますが、共通点は日本の植民地政策が影響したということです。

 植民地時代から日本と沖縄、済州島はそういう形でリンクされ、戦後も2つの地域が軍事化されていく状況が続いています。私たちは辺境の地済州島と沖縄に基地を置き、海岸地域にエネルギー施設を置いて、東京とソウルの利益を守るために犠牲の構図を作ってきました。私はその辺の事情を『犠牲の死を問う』(梨の木舎 (2013/08)という本にしました。

歴代大統領の腐敗の連鎖の後に登場した新しい「革命の世代」

韓国キャンドル革命 韓国では、87年6月の民主化運動を「未完の革命」と位置付け、いま、民主化のための新しい革命の課題を打ち出しています。これらの闘いの下敷きとなっているのは労働運動・平和運動です。

 2008年、アメリカとの牛肉輸入問題で100万人キャンドルデモが起きたことがあります。この時には最初は市民たちが旗を立てていました。しかしこの市民たちの運動では「ぬるい」と思って労働団体、運動団体が運動の前面に立ってスローガンを訴えたところが、政府権力によって暴力的に潰されてしまい、「韓国民主主義は死んだ」と言われるような事態となりました。

 今回あらためて「パンドラの箱」が開かれ、キャンドルデモが起きました。労働運動・平和運動は前面に立って闘いたい気持はいっぱいありましたが2度と失敗したくない。そこで民主労組などの労働団体は百万人デモ成功のため背後に退き、ひとりも前面には出ませんでした。そこには、このチャンスを生かしたいという民衆側の、涙無しには語れない傷みがありました。

次ページ:日本の準備すべき国家戦略は何か

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ページ:
1 2 3

4

5 6

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 沖縄意見広告運動9期スタート集会で講演する伊波洋一参議院議員

    2018-1-26

    9期スタート集会(3) 講演:日米安保は日本を戦場に米を守るためのもの /伊波洋一(参議院議員)

季刊「変革のアソシエ」No.33

最近の記事

  1. 私が集団・組織を恐れているわけ
    ■ 組織や集団を恐れる2つの理由  運動界隈にいると、いろいろな集団・組織と関わることにな…
  2. 砂川闘争
    今こそ憲法から生まれた伊達判決を活かそう 伊達判決59周年集会「7・15」で再確認  憲法9…
  3. 4・28「屈辱の日」、那覇で300人集会
    象徴天皇制 起源の欺瞞 ―「国体」護持のために沖縄は売り渡された 日本の独立後も米軍が沖縄に長期に駐…
  4. 10月ハロウィンのイラスト
    沖縄のこれが民意だデニー勝つ オプジーボ悪政ガンに効かないか 改造の内閣というこの程度 …
  5. 勝利したアレクサンドリアさん
    米国に台頭する新しい波!「社会主義」青年たち ――サンダース旋風をおしあげたミレニアル世代の若者た…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

10月
27
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
10月 27 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
11月
17
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
11月 17 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
11月
24
18:30 パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか
11月 24 @ 18:30 – 20:30
パレスチナ問題連続学習会/大阪 @ エルおおさか | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■ 講師:役重善洋(パレスチナの平和を考える会) ■ 会場:エルおおさか(大阪市中央区北浜東3−14)  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ■ 第1回 米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味  2018年9月29日(土)18:30~20:30  会場:エルおおさか701号室(定員54) ■ 第2回 ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家  10月13日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第3回 中東和平とオスロ合意  10月27日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第4回 “反ユダヤ主義”をめぐる議論  11月17日(土) 18:30~20:30  会場:エルおおさか707号室(定員18) ■ 第5回 日本とパレスチナ問題、BDS運動の経過と課題  11月24日(土)18:30~20:30   会場:エルおおさか707号室(定員18) ***** ■ 参加費:毎回¥1000(割引希望の方は応相談)  ☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各¥800 ■ 主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会  賛同団体:ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会  連絡TEL090-42980-3952(喜多幡)
12月
3
19:00 元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さ... @ 元町映画館
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さ... @ 元町映画館
12月 3 @ 19:00 – 21:00
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」/神戸 @ 元町映画館 | 神戸市 | 兵庫県 | 日本
元陸自レンジャー隊員・井筒高雄さん講演会 「元自衛官だからこそ語る 自衛隊を憲法に明記してはならない理由」 ■ 日 時:2018年12月3日(月)19:00~21:00(開場18:30) ■ 会 場:元町映画館2Fイベントルーム  〒650-0022神戸市中央区元町通4丁目1-12  https://www.motoei.com/access.html ■ 講 師 井筒高雄さん(元陸自レンジャー隊員) ■ 参加費:1000円   ※お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。  メール:civilesocietyforum@gmail.com まで。 ■ 主 催:市民社会フォーラム  http://shiminshakai.net/post/4784 ■ ご案内  安倍首相は9月3日、防衛省の自衛隊高級幹部会同での訓示で、「全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えるのは、今を生きる政治家の責任だ。私はその責任をしっかり果たしていく決意だ」と述べ、憲法に自衛隊の存在を明記する改正に取り組む考えを改めて示しました。  10月から12月まで開会予定の通常国会でも、安倍首相は憲法改正の自民党案を提出し、早期の発議を目指す方針を明らかにしています。  はたして、自衛隊を憲法9条に明記すれば、日本の平和を保障することになるのか? 9条を現実に合わせて現状追認するだけのことなのでしょうか?  そして、有事があれば命がけで日本を守る自衛官たちも、憲法に自衛隊を明記することを望んでいるのでしょうか?  元自衛官の井筒高雄さんに、改憲発議がされようとする今、自衛隊を憲法に明記することの問題点についてお話しいただきます。 井筒高雄(いづつたかお)さん 1969年、東京都生まれ。 88年、陸上自衛隊第31普通科連隊に入隊。91年にレンジャー隊員に。 92年にPKO協力法が成立すると、武器を持っての海外派遣は容認できないとして翌93年に依願退職。 大阪経済法科大学卒業後、2002年から兵庫県加古川市議を2期務める。 元自衛官の立場から戦争のリアル、コスト、PTSD などリスクを 伝える講演活動を行う。 現在、ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン(VFP) 共同代表。 共著に『安保法制の落とし穴』(ビジネス社)、単著に『自衛隊はみんなを愛している』(青志社)など

特集(新着順)

  1. 4・28「屈辱の日」、那覇で300人集会

    2018-10-20

    天皇制と闘うとはどういうことか(3)/菅孝行(評論家) 第三回 象徴天皇制 起源の欺瞞 ―「国体」護持のために沖縄は売り渡された

  2. 2018年3回目の南北首脳会談

    2018-10-16

    今年3回目の南北首脳会談 実質的な「終戦宣言」合意の重大性

  3. 平成の大逆事件

    2018-10-15

    「平成の大逆事件」組合活動そのものを違法とする #関生労組 弾圧/佐藤隆

  4. 労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

    2018-10-12

    労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

  5. 玉城デニーさん当選

    2018-10-10

    沖縄県知事選 玉城デニーさん過去最多40万票に迫る圧勝

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る