講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

 文在寅政権は「保守政権」といっても過言では無いほどの保守性があります。だから逆に、私たちは当選させた。運動側のイニシアティブをどこまでとるのか。これまではカリスマ性の無い人は大統領になれない時代でした。文在寅さんはカリスマ性がありません。韓国では「英雄の時代」は終わったわけです。しかし実は新しい「英雄」が登場しています。それは若い世代が「革命の世代」として育っていることです。彼らが運動を担っています。

共同経済開発計画によって切り拓く新しい時代
ドナルド・トランプ 韓国へのサードミサイル配備を巡って中国が反発しています。これについて解決の道はあるのでしょうか。北朝鮮のミサイルは文在寅さんが当選してからでも5回発射されています。これを誰が解決できるのか。解決方法はほとんどないのが現実です。

 それではトランプ政権は本当に北朝鮮を攻撃できるのか。常識的には出来ません。アメリカは戦後50年間、戦争シミュレーションをしてきましたが、何度やっても1時間の戦闘で200万人が死ぬという結果が出ています。今トランプのまわりには北朝鮮関係の専門家たちは誰もいません。だから逆に北朝鮮問題に興味はありません。何もしてないからカールビンソン空母部隊を送るだけです。

 中国はどうでしょうか。中国は北朝鮮を経済制裁で崩壊させると思いますか。中国はいま北朝鮮が核実験をしてくれることで、中国の問題が国際問題になっていません。北朝鮮の問題が中国を守っている状態です。だから北朝鮮を擁護しているわけです。

 経済制裁によって北朝鮮は内部崩壊するでしょうか。1990年にソ連・中国社会主義が崩壊し、94年に金日成が亡くなり、95年以後の3年間に飢饉で300万人が餓死した時、北朝鮮経済は全てが危機でした。しかしこれを乗り越えて金正日さんが登場しました。2011年、アメリカは金正日の死亡によって北朝鮮が倒れることを期待したら、金正恩が登場し、なんと6年目です。

 北朝鮮の方が世代交代は早いのです。こういう北朝鮮に対して誰が何をできるのか。核ミサイルで戦争になれば、被害者になるのはアメリカや中国ではなく韓国と日本です。私たちは運命共同体です。しかし、日韓が対立していたら、こういう場合にコントロールできません。

 韓国で考えられているひとつは「ロシアカード」です。プーチンに圧力をかけて、ロシアの天然ガスパイプを、北朝鮮を経由して韓国まで通すという国家政策を文在寅さんは考えています。このような「交換条件」を付けないと北朝鮮はミサイルを放棄しません。天然ガスパイプが通り、鉄道がつながると、韓国の若者に雇用が生まれ、これがヨーロッパまでつながる大きな展開となっていきます。

 文在寅さんはこの計画案によってトランプを説得できると思っています。彼はビジネスマンだから、「敵対政策ではお金にならないからパイプラインに投資したらどうか」という話にもしかしたら乗ってくるかもしれない。これまで中国・アメリカが「運転席」(外交の当事者の位置)にいたのを、「私たちが運転席に座るから」という方針です。
 文在寅さんは「韓国は当事者だ」と言っているのですが、それには私は違和感があります。「日本と韓国が当事者だ」と言っていただきたい。

戦争があってもゆるがない南北和解システムをめざそう
 ロシアを媒介にしてドラスティックに状況が変わり、米韓会談、米朝会談、南北首脳会談が行われた時、日本だけがバスに乗り遅れるということは無いだろうか。危機感を高めることはいいのですが、情勢が変わった時に日本が東アジアでイニシアティブをとれるような、もうひとつの戦略を準備しておかないといけない。

 新たな南北共同体による経済発展、これを文在寅さんはなんとか自分の任期のあいだにやりたい。韓国はサードミサイル配備によって中国から経済制裁を受けて痛い目に遭いました。だからいま、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長を東南アジアに送りました。ソウルと東南アジアの全ての国々が連係しています。東南アジアをつなげて新しい経済圏、南北経済共同体を作り、戦争があってもゆるがないような南北和解システムを作らないと、戦争にならざるを得ない。

 文在寅さんのこの構想に日本としてはどう対応してゆくべきなのか。「反日」「親北朝鮮」というフレームだけで危機を煽って韓国文在寅政権を潰してゆくべきなのか、このフレームから抜け出して、私たちがもうひとつの対話路線を作るべきなのか。

 北朝鮮の核ミサイルのためではなく、東アジアの未来のために互いに東アジアの一員として位置づけ合う。メディア、政策の問題もありますが、実は北朝鮮問題は私たちのこころの中にある「植民地」認識、また私たちの「優越感」、北朝鮮を斜めに見る「偏見」に問題があるのではないでしょうか。

東アジアの民衆の団結した闘いの中に沖縄があり辺野古がある
 韓国の民衆が国に期待せずに起ち上がった時期がありました。日清戦争で日本と清が朝鮮半島に介入した当時、朝鮮の大韓帝国は無能力でした。そこで民衆が起ち上がった。「東学の乱」は日本帝国主義によって虐殺され、つぶされました。1919年、植民地時代に3・1万歳デモが起きました。それは平和的な非暴力運動デモでしたが見事につぶされました。

次ページ:戦争か平和か、アジアの道を決めるのは日本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ページ:
1 2 3 4

5

6

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-12-2

    現在に生き続ける植民地主義<連載第3回> 日本における植民地主義

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 尾形憲さん
     さわやかな秋風が吹く今日この頃、皆様方には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。  「元法政大学…
  2. カタルーニャ独立闘争
    10月1日に実施されたスペイン東部カタルーニャ州の独立をめざす住民投票をめぐってカタルーニャ州と…
  3. 雨傘革命 香港
     香港で民主化を求めて若者たちが立ち上がった「雨傘運動」から3年がたった。香港の中心街を占領した若者…
  4. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者
    [caption id="attachment_21937" align="aligncenter"…
  5. 懇談会で発言する武議長
     (前号より続く)近畿地区の生コン関連団体の労使は8月23日、大阪市西区川口の「学働館・関生」で…
変革のアソシエ講座のご案内

特集(新着順)

  1. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す-一体化するアジア経済/大野和興

  2. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  3. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  5. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る