講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

 文在寅政権は「保守政権」といっても過言では無いほどの保守性があります。だから逆に、私たちは当選させた。運動側のイニシアティブをどこまでとるのか。これまではカリスマ性の無い人は大統領になれない時代でした。文在寅さんはカリスマ性がありません。韓国では「英雄の時代」は終わったわけです。しかし実は新しい「英雄」が登場しています。それは若い世代が「革命の世代」として育っていることです。彼らが運動を担っています。

共同経済開発計画によって切り拓く新しい時代
ドナルド・トランプ 韓国へのサードミサイル配備を巡って中国が反発しています。これについて解決の道はあるのでしょうか。北朝鮮のミサイルは文在寅さんが当選してからでも5回発射されています。これを誰が解決できるのか。解決方法はほとんどないのが現実です。

 それではトランプ政権は本当に北朝鮮を攻撃できるのか。常識的には出来ません。アメリカは戦後50年間、戦争シミュレーションをしてきましたが、何度やっても1時間の戦闘で200万人が死ぬという結果が出ています。今トランプのまわりには北朝鮮関係の専門家たちは誰もいません。だから逆に北朝鮮問題に興味はありません。何もしてないからカールビンソン空母部隊を送るだけです。

 中国はどうでしょうか。中国は北朝鮮を経済制裁で崩壊させると思いますか。中国はいま北朝鮮が核実験をしてくれることで、中国の問題が国際問題になっていません。北朝鮮の問題が中国を守っている状態です。だから北朝鮮を擁護しているわけです。

 経済制裁によって北朝鮮は内部崩壊するでしょうか。1990年にソ連・中国社会主義が崩壊し、94年に金日成が亡くなり、95年以後の3年間に飢饉で300万人が餓死した時、北朝鮮経済は全てが危機でした。しかしこれを乗り越えて金正日さんが登場しました。2011年、アメリカは金正日の死亡によって北朝鮮が倒れることを期待したら、金正恩が登場し、なんと6年目です。

 北朝鮮の方が世代交代は早いのです。こういう北朝鮮に対して誰が何をできるのか。核ミサイルで戦争になれば、被害者になるのはアメリカや中国ではなく韓国と日本です。私たちは運命共同体です。しかし、日韓が対立していたら、こういう場合にコントロールできません。

 韓国で考えられているひとつは「ロシアカード」です。プーチンに圧力をかけて、ロシアの天然ガスパイプを、北朝鮮を経由して韓国まで通すという国家政策を文在寅さんは考えています。このような「交換条件」を付けないと北朝鮮はミサイルを放棄しません。天然ガスパイプが通り、鉄道がつながると、韓国の若者に雇用が生まれ、これがヨーロッパまでつながる大きな展開となっていきます。

 文在寅さんはこの計画案によってトランプを説得できると思っています。彼はビジネスマンだから、「敵対政策ではお金にならないからパイプラインに投資したらどうか」という話にもしかしたら乗ってくるかもしれない。これまで中国・アメリカが「運転席」(外交の当事者の位置)にいたのを、「私たちが運転席に座るから」という方針です。
 文在寅さんは「韓国は当事者だ」と言っているのですが、それには私は違和感があります。「日本と韓国が当事者だ」と言っていただきたい。

戦争があってもゆるがない南北和解システムをめざそう
 ロシアを媒介にしてドラスティックに状況が変わり、米韓会談、米朝会談、南北首脳会談が行われた時、日本だけがバスに乗り遅れるということは無いだろうか。危機感を高めることはいいのですが、情勢が変わった時に日本が東アジアでイニシアティブをとれるような、もうひとつの戦略を準備しておかないといけない。

 新たな南北共同体による経済発展、これを文在寅さんはなんとか自分の任期のあいだにやりたい。韓国はサードミサイル配備によって中国から経済制裁を受けて痛い目に遭いました。だからいま、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長を東南アジアに送りました。ソウルと東南アジアの全ての国々が連係しています。東南アジアをつなげて新しい経済圏、南北経済共同体を作り、戦争があってもゆるがないような南北和解システムを作らないと、戦争にならざるを得ない。

 文在寅さんのこの構想に日本としてはどう対応してゆくべきなのか。「反日」「親北朝鮮」というフレームだけで危機を煽って韓国文在寅政権を潰してゆくべきなのか、このフレームから抜け出して、私たちがもうひとつの対話路線を作るべきなのか。

 北朝鮮の核ミサイルのためではなく、東アジアの未来のために互いに東アジアの一員として位置づけ合う。メディア、政策の問題もありますが、実は北朝鮮問題は私たちのこころの中にある「植民地」認識、また私たちの「優越感」、北朝鮮を斜めに見る「偏見」に問題があるのではないでしょうか。

東アジアの民衆の団結した闘いの中に沖縄があり辺野古がある
 韓国の民衆が国に期待せずに起ち上がった時期がありました。日清戦争で日本と清が朝鮮半島に介入した当時、朝鮮の大韓帝国は無能力でした。そこで民衆が起ち上がった。「東学の乱」は日本帝国主義によって虐殺され、つぶされました。1919年、植民地時代に3・1万歳デモが起きました。それは平和的な非暴力運動デモでしたが見事につぶされました。

次ページ:戦争か平和か、アジアの道を決めるのは日本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ページ:
1 2 3 4

5

6

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. マンション建設ラッシュによる居住空間の破壊と孤立化

    2018-3-30

    連載3】競争と分断の共進化から 連帯と協同の共進化へ/斎藤日出治

季刊「変革のアソシエ」No.32

最近の記事

  1. 韓国キャンドル革命
     急速な展開を見せる朝鮮半島の動きをどうみるか。3月31日、都内で「どうなる、東アジアの安全保障―北…
  2. 中朝韓米首脳写真
     いま、私たちは何回目かの戦後世界の大転換に立ち会っているのではないか。朝鮮半島をめぐる動きを見…
  3. 変革のアソシエNo.32
    販売:アマゾン書店/セブンイレブン/楽天ブックス/紀伊国屋書店 特集:「生(ライフ)への感度」をめ…
  4. 新崎盛暉さん
    [caption id="attachment_11942" align="alignright" …
  5. 値上げイラスト
    収入が増えないのに負担だけが拡大 4月から暮らしが変わる  4月から暮らしに関する様々な制度…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

4月
23
18:00 第14回怒りのデモ 森友問題の核心... @ 大阪城公園「世界連邦平和像」前
第14回怒りのデモ 森友問題の核心... @ 大阪城公園「世界連邦平和像」前
4月 23 @ 18:00 – 20:00
第14回怒りのデモ 森友問題の核心は安倍昭恵と晋三だ! @ 大阪城公園「世界連邦平和像」前 | 大阪市 | 大阪府 | 日本
■日時:2018年4月23日(月)18時集会、19時デモ出発 ■場所:大阪城公園「世界連邦平和像」前  大阪市中央区大阪城1-1 (大阪城公園 大手前広場)  大阪城の西側。大阪府庁のほぼ正面の道路を渡った広場にあります。 ■主催:「森友問題」疑獄を許すな!実行委員会  連絡FAX06-6304-8431
4月
26
18:00 沖縄意見広告運動全国キャラバン ... @ 連合会館
沖縄意見広告運動全国キャラバン ... @ 連合会館
4月 26 @ 18:00 – 20:00
沖縄意見広告運動全国キャラバン 歓迎と激励の集い @ 連合会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
■ 沖縄から出発した全国キャラバン隊が東京に来ます 4.26「歓迎と激励の集い」に参加ください  1月17日に沖縄辺野古現地を出発点とした沖縄意見広告運動の全国キャラバン隊が、沖縄コースを経て、2月には四国コースを、さらに九州コースなどを回り、4月には23日名古屋、24日静岡、25日千葉を経て26日東京に入ります。  そこで、全国キャラバン隊の皆様を迎え、各地での行動報告を聞き、その労をねぎらい、激励する集いを持ちます。是非、ご参加ください。 ● 日時:2018年4月26日午後6時~ ● 会場:「連合会館」2階201号室  東京都千代田区神田駿河台3丁目2−11   東京・JR御茶ノ水駅より徒歩3分 ● 主催:第9期沖縄意見広告運動  http://www.okinawaiken.org/ 沖縄意見広告運動とは? 沖縄の痛みを、全ての人びとの痛みとして、みんなで受けとめよう! 「普天間即時閉鎖、辺野古(海・陸)やめろ、海兵隊いらない」 このような想いのもと、沖縄意見広告運動は2010年3月に発起されました。国内外の新聞各社への意見広告掲載を中心に様々な活動を行なっています。 意見広告には、公表可能な賛同者の方々のお名前を掲載しています。 【第8期 国内向け意見広告】 掲載日:2017年6月3日 掲載紙:琉球新報、沖縄タイムス、朝日新聞 各朝刊 賛同者総数:12,548件 公表可:10,481件 匿名希望:2,067件 賛同団体:437件 ■ 第9期広告の掲載日は6月3日(日)予定 1万5000件の賛同目標実現にお力を!  賛同者のみなさま。いつもご賛同、ご支援をありがとうございます。  第9期沖縄意見広告の掲載日は6月3日(日)を予定し、沖縄2紙と全国紙との交渉に入りました。9期の目標は、第8期の1万件越えの成果を受け、さらに15000件の賛同を目標に、運動拡大に取り組んでいます。  どうぞ、友人、知人へ賛同の輪を広げて下さい。  振込表付きの第9期新チラシが必要な方は事務局まで連絡ください。  すぐに、お送りします。 沖縄意見広告運動事務局 ● 電話 03ー6382ー6537 ● FAX 03ー6382ー6538 ● mail info@okinawaiken.org (「コモンズ」117号の目次にもどる)

特集(新着順)

  1. 韓国キャンドル革命

    2018-4-23

    朝鮮半島と東アジア ― 現在そしてこれからをどうみるか

  2. 中朝韓米首脳写真

    2018-4-22

    南北朝鮮首脳会談開催へ – 動き出した朝鮮半島の平和プロセス

  3. 官邸前行動レポート写真1

    2018-4-18

    青年たちは今(3)官邸前行動レポート/高屋直樹(直接行動)

  4. 安倍は辞めろコールの広がり

    2018-4-17

    「森友疑獄」発覚の一歩から一年 渦中の木村豊中市議に聞く(下) ― 官僚に責任押し付ける権力の末路

  5. 2018-4-13

    今、関西でなにが起きているのか ― 在特・ネオナチ一掃の市民連携へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る