種は誰のものか 種子法廃止で思う「種と百姓の物語」(上)

 主要農作物種子法(種子法)という法律が先の通常国会でいきなり廃止された。種子法というのは、コメ、ムギ、大豆といった基本食料となる種子を公的に管理し、“国民”の食料確保を支えようという法律。この法律があることで民間資本の種子市場への参入が阻まれるというのが廃止の理由。安倍政権の規制緩和の一環だ。
 日本の食料が危ないということで反対運動が盛り上がり、廃止後に「日本の種を守る会」が学識者や消費者、JAなどが集まって立ち上がったりもした。それはそれで結構なのだが、こうした動きのなかで肝心の主人公である百姓の姿が見えない。“百姓不在”の運動にどこか違和感も覚える。そこで、筆者が住む埼玉県の山間地、秩父を舞台に、百姓と種の物語のほんの一端を紹介することにした。(大野和興)

 本来、農業と風土は切り離せない。地域の風土が地域の農業をつくり、人びとの生きる糧を供給してきた。地域には地域特有の風土がある。だから、その風土が育てる農業もまた、地域ごとに異なる。耕し方も作り方も品種も、それぞれ地域特有のものがある。
 品種の場合、それを地種(じだね)といった。そこから地域特有の食材が作られ、それが地域特有の食文化を生んだ。農業も食も食文化も、だから多様なのだ。多様性こそが農と食の本質といえるかもしれない。

中津川イモ
 林野率98%の秩父市大滝地区(旧大滝村)の最も奥の集落中津川。上州と県境を接するこの村に伝わる中津川イモという地種のジャガイモがある。小粒で楕円形をしていて、薄赤い皮が特徴。大滝イモともいわれる。

 中津川は標高800m。平場はまったくない。イモはこのあたりで「ななめ畑」といわれる急傾斜の畑で細々と作られ、守られてきた。痩せ地で育ち、寒さに強いことから、貴重な食料として、奥秩父と山で連なる群馬の山間地でつくられてきた。(写真上:ななめ畑・中津川)

 なぜこの地で作られるようになったのかには諸説がある。日露戦争でロシアにいった農民兵士が褌に隠して持ち帰ったという説、同じく南米に移民として渡った日本人がペルーから持ってきたという説、などなど。
 そう言われれば中津川イモは、ジャガイモの原産地アンデスの原種に近いという感じもする。暇ができたら、中津川イモのルーツを追う旅に出てみたいものだと思っている。
中津川芋のいもぐし
 このイモの伝統的な食べ方に「イモぐし」がある。ふかしたイモを竹串に刺して、いろりのまわりに刺し、たれをつけながらあぶる。タレは各家庭でそれぞれ持ち味があり、みそが主でその中にゴマ・エゴマ・サンショウの実・クルミなどを入れて練る。米がとれない奥秩父や峠を越えた上州奥田野の村々では貴重な食べ物だった。タレは家々で独特の味があった。(写真右)

 いま山間地の畑はイノシシやシカ、サルなどの獣の被害に悩まされており、次第に生産は減っている。だが、平場に持ってきて植えても中津川イモの持ち味はなくなってしまう。条件が良いから大ぶり・大味のイモになってしまうからだ。
 高齢化や開発で山を離れた村人は、必ず種イモを抱えて山を下りたが、「イモの味がしない」と昔を懐かしがる。中津川イモはななめ畑の痩せ地に限るのである。
幻のサツマイモと老百姓
 太白いもというサツマイモがある。古い品種で、埼玉・秩父地方から群馬にかけての山間部で主に作られていた。皮はやや薄い赤紫のきれいな色をしていて、切ると中は真っ白。ホコホコ系ではなくベチャベチャ系のイモで、ねっとりと甘く、イモ好きにはこたえられないおいしいイモと定評があった。酒好きのおやじでさえ「このイモのてんぷらは抜群だ」と、とろけるような目付きで、真顔でいうほどだ。(写真右下)
太白いも
 そのイモも、ついこの間まで”幻のイモ”と化していた。第二次大戦中から戦後にかけての食糧難の時代に、消えていったのだ。理由はこのイモの収量が低かったことにある。戦時中、まずはお腹を満たそうと奨励されたサツマイモは、とにかくでかくてまずかった。その代わりたくさんとれた。太白いもの二倍は取れたという話をきいた。
 みんなが腹をすかせているとき、半分の収量しかないイモを作ったりしたら、それこそ非国民と名指しで非難されかねなかった時代である。食糧難は戦後も続く。太白イモは秩父の山間地からほとんど姿を消した。

 今年80歳になった埼玉県の山間地域・秩父市の飯沢久さんはこの太白イモをずっと守り続けてきた。「頭のいい人はこんなイモは捨てて、金になるものに切りかえていった。自分はうまいイモだから、絶やしてはもったいないと作り続けただけ」
 サツマイモは寒さに弱い。摂氏10度以下に下がると低温障害を起こし、黒く変色したり腐ったりする。だから農家は、家の中に地下の貯蔵庫を作ったり、畑に深いイモ穴を掘ってり、南向きの傾斜面にむろをつくったりと、さまざまな工夫を凝らして冬を過ごす。特に種イモの保存には神経を使う。山国秩父の冬はきびしい。飯島さんは家の中にイモをいれ、毛布や布団をかけてやりながら守った。

 そのイモがいま脚光を浴びている。飯島さんの話が次第に広がり、「もう一度太白を食べたい」という注文が殺到しているのだ。飯島さんは周辺に呼びかけて「ちちぶ太白サツマイモ生産組合」を06年に立ち上げた。
 07年には地元の農業高校で太白いもを使った調理実習がおこなわれた。イモを提供したのは飯島さん。フードデザイン科の2年生40名が参加。生徒たちは約1時間かけて太白サツマイモご飯、太白サツマイモのとろーりクリームスープ、まるいもコロッケ、いもいもスイーツの4品を完成させた。(→以下「下」に続く


「コモンズ」109号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 靖国神社

    2016-9-27

    現在に生き続ける植民地主義<連載第1回>/齋藤日出治(大阪労働学校・アソシエ副学長)

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 11・19 安倍改憲阻止!国会前行動
    安倍9条改憲を許さない、森友・加計学園疑惑徹底追及、 安倍内閣の退陣を要求する11・19国会議員会…
  2. 辺野古新基地反対運動に国際平和賞授与
     ドイツ・ベルリンに本部を置く国際平和団体「国際平和ビューロー」(IPB)は24日、スペイン・バ…
  3. 朝まで残業イメージ写真
    「働き方改革」のねらい  安保・戦争法・共謀罪、そして自衛隊の9条追加の改憲をもくろむ安倍政権は、…
  4. 関生春闘
    ミキサー車1000台 バラ車700台 かつてない規模の拡がり   大阪府管内各社へ要求 …
  5. コモンズ最新号目次
    一面 速報】関西生コン・労組連合会 12/12早朝からゼネスト突入 雇用破壊・労働時間…

特集(新着順)

  1. 朝まで残業イメージ写真

    2017-12-12

    雇用破壊・労働時間破壊を狙う安倍政権「働き方改革」/仲村実 ーナショナルセンターを超える共闘を各地でつくりだそう!

  2. 在韓米軍演習

    2017-10-26

    米国「軍産複合体(MIC)」のおそるべき戦後世界史(上)/関西M

  3. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す/大野和興 -一体化するアジア経済

  4. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  5. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る