労働学校アソシエ・特別シンポの呼びかけ

連続講座「労働運動の歴史に学ぶ」開催に際し
木下武男・熊沢誠 両氏労働社会学・経済学の両権威熱き思いを語る  
8/26土 学働館関生にて 

 大阪労働学校アソシエ(本山美彦学長)では、10月から始まる本年第2期後期で連続講座「労働運動の歴史に学ぶ」を打ち出す。この講座は、現況の労働運動を批判的に分析し、その運動の歴史から今後あるべき労働組合理論の構築に向けて討議研鑽の機会を図ろうとするもので、大きな期待が寄せられる。
 この連続講座の開催を呼びかけ、広くアピールするとためとして、同学校主催、おおさかユニオンネット・研究会「職場の人権」・全日建運輸労組近畿地区本部・各支部などの協賛で8月26日(土)大阪市西区川口の学働館・関生で、標記の特別シンポジウムが持たれる。当日は、連続講座を担当する二人の識者講演と連帯労組・武建一執行院長を交えたパネル討議がある。

■主催者シンポジウムの呼びかけから――
 いま、賃上げと安定した雇用は完全に過去のものになり、日本社会を貧困と過酷な労働が長らく支配している。改善の兆しはいくらたっても見えない。いかり、いらだち、あきらめ、出口の見えない陰うつな空気が日本社会全体を支配している。何故こんなことになってしまったのだろうか。
  (中略)
 いまの貧困と過酷な労働、雇用不安が支配する労働現場の現状を克服するためには、既存の労働組合が先頭に立って「本当の労働組合」「本当の労働運動」を模索し、創造しなければならない。本シンポジウムでは、大阪労働学校アソシエ第二期後期(2017年10月~)からスタートする、現在の労働運動の現状を批判的に論じ、労働運動の歴史の中から労働組合の理論を学習する連続講座の開催に向け、労働社会学者、経済学者、労組執行委員長のお三方に熱き思いを語っていただき、今後の労働組合や労働運動のあり方、そして労働学校の果たすべき役割などを検討する。(→110号に報告記事


「コモンズ」109号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-12-31

    現在に生き続ける植民地主義<連載第4回> 「戦後」という名の植民地主義

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 11・19 安倍改憲阻止!国会前行動
    安倍9条改憲を許さない、森友・加計学園疑惑徹底追及、 安倍内閣の退陣を要求する11・19国会議員会…
  2. 辺野古新基地反対運動に国際平和賞授与
     ドイツ・ベルリンに本部を置く国際平和団体「国際平和ビューロー」(IPB)は24日、スペイン・バ…
  3. 朝まで残業イメージ写真
    「働き方改革」のねらい  安保・戦争法・共謀罪、そして自衛隊の9条追加の改憲をもくろむ安倍政権は、…
  4. 関生春闘
    ミキサー車1000台 バラ車700台 かつてない規模の拡がり   大阪府管内各社へ要求 …
  5. コモンズ最新号目次
    一面 速報】関西生コン・労組連合会 12/12早朝からゼネスト突入 雇用破壊・労働時間…
変革のアソシエ講座のご案内

特集(新着順)

  1. 朝まで残業イメージ写真

    2017-12-12

    雇用破壊・労働時間破壊を狙う安倍政権「働き方改革」/仲村実 ーナショナルセンターを超える共闘を各地でつくりだそう!

  2. 在韓米軍演習

    2017-10-26

    米国「軍産複合体(MIC)」のおそるべき戦後世界史(上)/関西M

  3. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す/大野和興 -一体化するアジア経済

  4. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  5. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る