石田結貴著『スマホ廃人』が伝えるその実態/大野和興

石田結貴著『スマホ廃人』 スマホの世帯普及率がガラケーを上回ったのは2015年度。つい2年前にすぎない。そして今、電車に乗ると、10人中少なくとも8人はうつむいてスマホをいじっている。繰り返すが、ほんの2年。この何でも出来る掌のパソコンとどう付き合ったらいいのか、みんななんの準備もなくスマホの濁流に飲み込まれた。子育てで、教室で、社会で、高齢化の中で、今なにが起こっているのか。混乱を極めるその実態を一冊の本が伝えている。(大野和興)

 本のタイトルは『スマホ廃人』(石田結貴著・文春新書)。新書版で読みやすい。タイトルはいささかショッキングだが、地味で着実な取材を積み上げ、いま暮らしの足元で何が起こっているかを具体的に伝えている。その内容は、タイトル通りショッキングだ。

◆ねらわれる「赤ちゃんマーケット」

鬼から電話の画面 筆者の石田結貴さんは家族や子どもも問題、教育などをテーマとするジャーナリストであり、二人の息子をもつ母親でもある。本書の物語はまず「子育ての異変」から始まる。

 子育てをスマホに頼る親たちの話はすでによく知られているが、その親自身が授乳からしつけまで子育てのほぼすべてをスマホに頼る状況が生まれているというのだ。
 その背後には毎年100万人が新規に生まれる「赤ちゃんマーケット」をねらうIT産業がある。妊娠から出産、育児、知育、教育、家族イベントまで子育てのすべてにアプリが用意され、母親もまたスマホ依存に陥っているというのである。

 子どもの誕生前からスマホでの情報管理が行われる。いまアプリで大人気なのは、言うことを聞かない子どもを鬼がしかりつけるやつだ。昔、「いうことを聞かないと鬼はくるよ」と子どもをしたことをそのままスマホのアプリとしたもので、ダウンロード数一千万を超える大ヒット商品だ。
 子どもが言うことを聞かないとスマホを取り出し、アプリを開く。画面にいっぱいに鬼があらわれ、「こらぁ、言うことを聞かないのは誰だ、食っちゃうぞー」。迫力満点の画像と声に、子どもはたちまちおとなくしくなる。

 しつけまでスマホに頼ることの良し悪しはともかく、こうしたスマホ依存のその背後には、子どもを騒音とみるような社会の不寛容さに追い詰められる母子という、いまの社会のありようそのものがあると筆者は指摘する。
 筆者が言いたいのは、スマホ依存はスマホという道具の後ろにある社会のありようの反映にすぎないということなのである。

◆「スマホネグレクト」という虐待

technology-slaves 親も子も、四六時中スマホという異物の刺激を受ける日々。当然、心や体調に変化をもたらす。
 アメリカの小児学会は「二歳未満のメディア使用が有益である証拠はなく、子どもの健康・教育・発達に対してむしろ有害である可能性がある」と警鐘を鳴らしている。
 親がスマホに夢中になって子どもを放置する「スマホネグレクト」は明らかに虐待であると著者はさまざまの事例をもとに警告している。

 次いで著者は学校でのスマホを取り上げる。ここでもスマホなしの日常はありえない現実がある。題して「スクルールカーストとつながり地獄」。
 あるIT企業の調査によると、98・5%の高校生がスマホを所有している。利用時間は5時間から6時間。睡眠時間をのぞくと、なんと一日のうちの3分の1をスマホに費やしてることになる。
 LINE,ツイッター、ファイズブック等々SNSにつながり、みんな疲れながら仲間外れをおそれてコミュニケーションを断ち切れない。
 それぞれ上位グループ、下位グループの分かれてカースト制度を形成し、お互い分断したり無視しあったり、仲間外れをしたり、という奇妙な世界が広がる。その世界を支えているのは「同調圧力だ」と著者は指摘している。

 こうした疑似現実に成人も高齢者も主婦もはまっていく。著者は取材を重ねる中で「ママ、スマホじゃなくてぼくを見て」という子どもたちの心の声を聞いたという。同書は「文春新書。740円+税」。

スマホ廃人 (文春新書)
  • 石川結貴 and 文藝春秋
  • 価格   ¥ 799
  • 販売者 Amazon.co.jp
Amazonで見る

「コモンズ」110号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

    2019-2-14

    1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. サンフランシスコ「慰安婦」像
    編集後記  先月ここで紹介された映画 『主戦場』 であるが、新しい事態が起きた事でまたまた注目を浴…
  2. てるてる坊主のイラスト
    盗聴法すでにあなたも丸ハダカ 天安門大道遥か道遠し 南北と日本の平和重ねあい 解…
  3. 映画「記者たち」ポスター
    『記者たち-衝撃と畏怖の真実』 「もし他のメディアが全て政府の広報になるならやらせとけ。我々は…
  4. 映画「バイス」
    米国映画2018年Gグローブ賞受賞『バイス』 監督・アダム・マッケイ 最も愚劣な戦争が、こんな男に…
  5. 大阪労働学校アソシエ
     連帯労組関西生コン支部は労働者の賃上げだけでなく、広く社会的な支援活動を広げてきた。その一環として…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 錦旗を掲げて行軍する維新軍

    2019-6-27

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(2)/菅孝行(評論家) 天皇制と日本資本主義(上)

  2. 日本円札束イメージ

    2019-6-22

    松尾匡教授との往復書簡 前号書評をめぐって

  3. 関西生コン支部の青木さんご夫妻

    2019-6-19

    5・10 組合つぶしの大弾圧に反撃する東京集会

  4. 軍事施設として建てられた靖国神社

    2019-5-22

    天皇制と闘うとはどういうことか・補論(1)/菅孝行(評論家) 天皇制国家にいかにして始末をつけるか

  5. 関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート

    2019-4-7

    関西生コン弾圧跳ね返そう!全国規模の大カンパ運動がスタート~あなたにもできることがある

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る