映評『アトミック・カフェ』-黒いジョーク今も

アトミックカフェポスター1982年米国:J・ローダー監督作品
原爆なんて怖くない…黒いジョーク、今も

 第2次大戦後の米ソ冷戦時。両国の原水爆競争が激しかった時代。米国政府は国民を安心させるために原爆PR用フィルムを数多く製作した。
 それらは、軍国主義者の戦争への肯定的(楽観的とさえ言える)態度そのままに、米国らしいと言えば言える能天気な洗脳映画・劇場CMとなり、米国大衆を連日包みこんだ。
 「原爆がいかに安全であるか、害がないか」…それらを無邪気に国民に訴えるプロパガンダをただ編集し、編集者のコメントも何も一切省いた冷徹な作りのこの作品は1982年に発表され、いかに米国政府が国民に、歴史に残る巨大な嘘をつき続けてきたかを実証するものとなった。
 「原爆なんて、怖くない!」…それは童話赤ずきんちゃんの「狼なんて、怖くない!」をなぞる。
 広島の全壊した原爆被災地の写真を見て、「野球ダブルヘッダーの後の観客席みたいだぜ、ヘイ」と、笑顔で答える米軍高官。これら陽気な好戦主義者たちのバックに、当時のラブソングやバラードが流れる。
 映画公開当時、かつての無邪気なプロパガンダ映像を見たアメリカの観客たちは、最初は吹き出し、大笑いし、そして映画が終わった時にはみんな黙り込んで館内は静まり返ったという。ドキュメンタリーでありシニカルでありパロディーでもある、この映画は今も貴重だ。

「コモンズ」110号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 平成の大逆事件

    2018-10-15

    「平成の大逆事件」組合活動そのものを違法とする #関生労組 弾圧/佐藤隆

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 書評『中国の情報化戦争』ー米中戦争の熱い核心に迫る
    本書は、アメリカの保守系シンクタンクの中国系米国人研究者が人民解放軍の軍事戦略・情報化戦争を解析した…
  2. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」
    反安倍政権の大衆運動を展開してきた勢力の支配的言論は、何故かくも天皇に対して恭(うやうや)しいのだろ…
  3. 中国が建造した空母「遼寧」
    前号でのインタビューに続いて軍事専門家小西誠さんのお話を聞く。自衛隊基地は、具体的にどのような目的の…
  4. 不正ハンター・たかひら正明さん
    スーパー市民派 ウヨ・維新退治に挑む不屈の日々 ムラ型政治に新風吹込む たかひら正明さん  大…
  5. なかま イメージ写真
     昨年12月18日、関西「業種別職種別ユニオン運動」連絡会結成シンポジュームが、関西生コン支部が資本…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

  2. 中国が建造した空母「遼寧」

    2019-2-22

    連載】要塞化すすむ南西諸島(2)/小西 誠 米軍の対中封じ込めに高まる緊張と自衛隊

  3. なかま イメージ写真

    2019-2-19

    関西「業種別職種別ユニオン運動」研究会発足の意義/木下武男

  4. ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?

    2019-2-18

    緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

  5. 1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

    2019-2-14

    1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る