映評『アトミック・カフェ』-黒いジョーク今も

アトミックカフェポスター1982年米国:J・ローダー監督作品
原爆なんて怖くない…黒いジョーク、今も

 第2次大戦後の米ソ冷戦時。両国の原水爆競争が激しかった時代。米国政府は国民を安心させるために原爆PR用フィルムを数多く製作した。
 それらは、軍国主義者の戦争への肯定的(楽観的とさえ言える)態度そのままに、米国らしいと言えば言える能天気な洗脳映画・劇場CMとなり、米国大衆を連日包みこんだ。
 「原爆がいかに安全であるか、害がないか」…それらを無邪気に国民に訴えるプロパガンダをただ編集し、編集者のコメントも何も一切省いた冷徹な作りのこの作品は1982年に発表され、いかに米国政府が国民に、歴史に残る巨大な嘘をつき続けてきたかを実証するものとなった。
 「原爆なんて、怖くない!」…それは童話赤ずきんちゃんの「狼なんて、怖くない!」をなぞる。
 広島の全壊した原爆被災地の写真を見て、「野球ダブルヘッダーの後の観客席みたいだぜ、ヘイ」と、笑顔で答える米軍高官。これら陽気な好戦主義者たちのバックに、当時のラブソングやバラードが流れる。
 映画公開当時、かつての無邪気なプロパガンダ映像を見たアメリカの観客たちは、最初は吹き出し、大笑いし、そして映画が終わった時にはみんな黙り込んで館内は静まり返ったという。ドキュメンタリーでありシニカルでありパロディーでもある、この映画は今も貴重だ。

「コモンズ」110号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 尾形憲さん
     さわやかな秋風が吹く今日この頃、皆様方には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。  「元法政大学…
  2. カタルーニャ独立闘争
    10月1日に実施されたスペイン東部カタルーニャ州の独立をめざす住民投票をめぐってカタルーニャ州と…
  3. 雨傘革命 香港
     香港で民主化を求めて若者たちが立ち上がった「雨傘運動」から3年がたった。香港の中心街を占領した若者…
  4. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者
    [caption id="attachment_21937" align="aligncenter"…
  5. 懇談会で発言する武議長
     (前号より続く)近畿地区の生コン関連団体の労使は8月23日、大阪市西区川口の「学働館・関生」で…
変革のアソシエ講座のご案内

特集(新着順)

  1. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す-一体化するアジア経済/大野和興

  2. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  3. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  5. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る