映評『アトミック・カフェ』-黒いジョーク今も

アトミックカフェポスター1982年米国:J・ローダー監督作品
原爆なんて怖くない…黒いジョーク、今も

 第2次大戦後の米ソ冷戦時。両国の原水爆競争が激しかった時代。米国政府は国民を安心させるために原爆PR用フィルムを数多く製作した。
 それらは、軍国主義者の戦争への肯定的(楽観的とさえ言える)態度そのままに、米国らしいと言えば言える能天気な洗脳映画・劇場CMとなり、米国大衆を連日包みこんだ。
 「原爆がいかに安全であるか、害がないか」…それらを無邪気に国民に訴えるプロパガンダをただ編集し、編集者のコメントも何も一切省いた冷徹な作りのこの作品は1982年に発表され、いかに米国政府が国民に、歴史に残る巨大な嘘をつき続けてきたかを実証するものとなった。
 「原爆なんて、怖くない!」…それは童話赤ずきんちゃんの「狼なんて、怖くない!」をなぞる。
 広島の全壊した原爆被災地の写真を見て、「野球ダブルヘッダーの後の観客席みたいだぜ、ヘイ」と、笑顔で答える米軍高官。これら陽気な好戦主義者たちのバックに、当時のラブソングやバラードが流れる。
 映画公開当時、かつての無邪気なプロパガンダ映像を見たアメリカの観客たちは、最初は吹き出し、大笑いし、そして映画が終わった時にはみんな黙り込んで館内は静まり返ったという。ドキュメンタリーでありシニカルでありパロディーでもある、この映画は今も貴重だ。

「コモンズ」110号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 「銃剣とブルドーザー」による沖縄基地建設

    2020-7-3

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(3)/伊波洋一 米軍統治下での基地建設と返還への想い 幻の屋良建議書

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 武建一&ネルソン・マンデラ
    例年通り編集局員の夏期休暇を確保するため、143号は9月10日発行の予定です。ご了承の上ご…
  2. あさがおのフリーイラスト
    資本主義こそがビヨーキとコロナ告げ イージス・アショア次は辺野古だ断念だ 開業…
  3. オルテガ・イ・ガゼット
    匿名性に埋没する大衆を定義現代の「野蛮人」への警世の書 ホセ・オルテガ・イ・ガセット…
  4. 映画「エジソンズ・ゲーム」
    電気を制する者が未来を制す現代につながる争闘の歴史の始め  19世紀末、米国。自ら発…
  5. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)
    (前号からのつづき) 日米政府の押し付ける新基地絶対反対「琉球民族」自らで、世界に平…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 1995年少女暴行事件に全沖縄が憤激した(10.21県民大会)

    2020-8-5

    沖縄の「自己決定権」その歴史と現在(4)/伊波洋一 400年間、奪われた歴史再発見の時

  2. 総選挙で圧勝した文政権のこれからの動向に注目

    2020-8-3

    韓国総選挙の分析 キャンドルの民意(4) 今後の課題~文政権のこれからの動向に注目を

  3. 6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧

    2020-7-26

    6・21 シンポ・今、見逃せない労働組合弾圧 各界識者が語った権力思惑とメディア発信

  4. 奪還された武建一委員長

    2020-7-25

    武建一 連帯労組・関西生コン支部委員長に聞く 弾圧された関生産別運動とは何か?今後にむけた胸中は?

  5. アレイダ・ゲバラさん大阪講演(2011)

    2020-7-4

    ゲバラの娘アレイダさんの語る『連帯』の重い意味 「命をビジネスにしてはならない」

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る