5・16共謀罪廃案・安倍の暴走を止めよう集会で各界から多彩な発言

5・16共謀罪廃案・安倍の暴走を止めよう集会場
 安倍政権は今国会において共謀罪の成立を画策している。共謀罪はこれまで3度にわたって廃案となったが、ほとんど同じ内容にもかかわらず「テロ等準備罪」と名称を変えて提出されている。国家主義のもとに人権を踏みにじる共謀罪を成立させてはならない。国会前ではほぼ連日抗議集会が行われている。
 5月16日も「共謀罪廃案!安倍政権の改憲暴走を止めよう!5・16集会」が「共謀罪NO!実行委員会」と「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の共催で日比谷公園の野外音楽堂で開かれ、4200人が結集した。

■団結し安倍政権打倒に起とう:福山真劫さん
 最初に1000人委員会の福山真劫さんが主催者あいさつを行なった。福山さんは特定秘密保護法強行採決、沖縄県民の意志を無視しての基地建設強行、戦争法強行採決、森友疑惑隠しなどを進め、今また共謀罪の強行採決を目論む安倍政権に対して「絶対に許せない!」と語気を荒らげ、「安倍政権にこの国の未来を託すわけにはいかない。全力で頑張ろう」と語った。
 民進党の枝野衆議院議員に続き、自由党の山本太郎参議院議員は憲法に自衛隊条項を付け加えるという誤魔化しを告発し、共謀罪廃案に向けた「政権交代」を訴えた。共産党山下よしき参議院議員は「首相の言う『美しい国』とは海外で戦争をする国。そんな国をこどもたちに残すわけにはいかない。安倍政権をみんなで一緒に打倒しよう」と訴えた。

■共謀罪の真の目的は市民監視:糸数慶子さん
糸数慶子参議院議員 社民党の吉川はじめ衆議院議員に続き「沖縄の風」会派の糸数慶子参議院議員は、最初に沖縄ことばで「ハイサイグスーヨ、チューガナビラ」とあいさつしたあと、昨年、現職の自民党沖縄担当大臣を破って当選を果たした、会派のもうひとりの議員である伊波洋一さんを紹介し、「ぜひ沖縄に学んでいただきたい。野党が市民と協力し全力をあげて闘えば安倍政権を打倒するのは可能である」と力強く断言した。
 糸数さんは「共謀罪の本当の目的は市民の弾圧のためにある」と本質を鋭く突く発言を行なった。共謀罪が通れば、監視社会が実現し、米軍基地に反対する市民の座り込みやデモの準備段階までが犯罪とされてしまう。山城さんへの逮捕・長期勾留はすでにそれが先取りされている。このような法律はなんとしても廃案にすると誓うと語った。

■米英で猛威をふるった共謀罪:海渡雄一さん
海渡雄一弁護士 会場で一斉に「共謀罪反対」のコールのあと、連帯のあいさつに移った。市民連合の中野晃一上智大教授に続いて、「秘密保護法廃止へ」実行委員の海渡雄一弁護士は「イギリスでは共謀罪が150年にわたって労働組合の大弾圧を行ない、またアメリカではマッカーシズムでは共産党弾圧に、ベトナム戦争時には反戦運動の弾圧に利用された。しかし米英の司法は日本よりはましであり、日本ではもっとひどいことになるだろう」と語った。
 また国会で治安維持法との類似性の指摘に対して公明党が牽制していたが、創価学会の初代会長が治安維持法で獄死したことを知っているのか、と語り「現代の治安維持法=共謀罪阻止のために『共謀』しましょう」と結んだ。

■創価学会内部からも反対運動:日蓮宗・宗教者集会
日蓮宗・小野文珖さん
 創価学会の中からも反対運動が起こっている。日蓮宗有志がキリスト教、イスラム教、神道、新興宗教、仏教などの宗教者とともに「『戦争する国』に反対する宗教者集会」を作り決起している。
 会場からの大きな拍手に迎えられてあいさつに立った日蓮宗の小野文珖さんは、共謀罪を「憲法第19条の思想・信条の自由、20条の信教の自由を脅かす憲法違反の悪法」と糾弾した。また創価学会初代会長の牧口常三郎が治安維持法で逮捕され獄死した事実をあげ、「創価学会・公明党の原点はここにあるはずだ!私たち宗教者は戦争のできる国づくりに断固反対し、殺すな、殺させるなと訴え未来への責任を果たしたい。諦めず声をあげていきましょう」と訴えた。

■新しいものは常に謀反である:佐高信さん
佐高信さん 次に評論家の佐高信さんは「森友学園は安倍首相が作りたい学校だった。そこへ講演に行ったのは安倍昭江夫人だけではない。曽野綾子、櫻井よしこ、百田尚樹、青山繁晴らがなぜ講演に行ったか、その講演料は幾らだったのかを明らかにしなければならない」と語った。また共謀罪に対して反対しない方がおかしい、「大逆事件」で幸徳秋水らが政府に謀反人として殺された時、徳冨蘆花が「謀反(むほん)を恐れてはならぬ。自ら謀反人となることを恐れてはならぬ。新しいものは常に謀反である」と演説したのを引用したあと「自民党に天罰を!公明党に仏罰を!」と結んだ。

 最後に「解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会」の高田健さんより、今後の行動提起が行われた。
 もはや時間が迫っている。強行採決を阻止し、共謀罪廃案、安倍政権打倒に向け全力を尽くして闘おう!

「コモンズ」108号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 中国を分け取りにする帝国主義列強

    2016-12-2

    現在に生き続ける植民地主義<連載第3回> 日本における植民地主義

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る