「森友疑獄」護民官:市議の摘発から全国に火(1) カルト人脈を叩け

連帯議員ネット、木村(豊中)・戸田(門真)両市議がその推移を語る
森友疑惑を摘発した木村(豊中)・戸田(門真)両市議
 今や国民全ての関心の的「森友事件」。これは、市民の日常での困り事や反人権的動きに一際敏感な、護民官的性格を何より大切にする地方議員集団が摘発した歴史的事件であった。彼らの鋭い嗅覚が無い限り、事件の発見はおろか、そのまま軍国教育拠点が大阪の中心地に確立するという事態は避けられず、戦後民主主義最大の危機への一歩手前であった。
 右翼カルトの連中が一斉に賞賛する…あってはならない軍国教育の見本が始動する直前、からくも阻止しえた状況をその集団―連帯議員ネット代表の戸田ひさよし門真市議と、摘発の主、副代表の木村真豊中市議に語って貰った。
<3月21日豊中にて>

軍国教育拠点完成寸前…からの反転攻勢。カルト人脈を裁け!

戸田市議(以下、戸田) 2月10日のわが連帯議員ネット17年総会で、喫緊の取り組み報告だと聞いて、わずか40-50日。これ程世間で急激に沸騰するとは。

木村市議(以下、木村) 彼らカルト陣営から言わせると、「2・9」事件なんだと。

戸田 (笑)ニィテンキュウ?そりゃ、後世に残る歴史的事件勃発の日だし。…どうあっても自分のマチで超右翼どもらに好き勝手に…オレのシマ荒されてなるもんかいと(笑)。地方議員たるもの目指すは、<護民官>の精神だし。異様な建物が建ち始める前から見事な嗅覚での気づきだし、弁護士も巻き込んで一連見事だった。

木村 社民党系から、共産党系までの弁護士で広く…。

戸田 とかく腰の引けがちな報道陣に、法廷闘争に入ったという何よりも決断…暴露へのきっかけを切らせた木村流の作戦が的中した訳だ。

木村 徐々に(小学校の)姿が現れ始めたのは去年の10月くらいからで、並行して11月くらいから報道陣に情報を提供して、
特に朝日、毎日、共同は「いや、これは怪しいですね」と。彼らの方でも周辺を探ると言う姿勢ではあったのですが…ただ(一社だけ)突出したくはないと。

戸田 一揆での連判状みたいな(首謀者隠しの)細工がね。

木村 なので、まず週刊誌が採り上げてくれたらいいのですがと彼らの中ではそれが一番だと。そういう意味で各社一斉によういドンで行けたらと。

報道陣へ決断誘う

木村 で何かきっかけがあるかと。情報公開なんかで裁判やってられるかと初め、ビラ撒きしてたのですが、やっぱり裁判かと…。狙い通りというと何ですが、朝日なんか最初の情報以上に踏み込んでいて…。だからどのタイミングで打ち出すかと思っていたのだなと。

戸田 それだとすると本当にいいきっかけ作りになった。

木村 2月8日に訴状を提出して、TVも取り上げたけれど当初は関西ローカルばかり。かなり大きな問題にと思ったけれど、東京でのネットの声を見ても、報道陣は例のごとく沈黙してるという諦め論調が…。

戸田 (関東とは)温度差が全然違って…。

木村 そんな中、17日毎日がそこそこの大きさで載せてくれ、東京版でも同じくで。要するに、土地取引の疑惑と、ヘイト発言など諸々の問題含めて取り上げ、翌日の東京新聞にも出て…あの辺から一気に火が付いたので。

戸田 特にあの幼稚園で子どもにやらせている、おぞましいのが出てね。

木村 えげつない(とんでもない)衝撃映像でね。

戸田 あれは自分たち(森友側)がHPで自慢して載せてたやつだったのだね。

木村 前々から森友と闘ってきたお母さんたちが、色々と問題点を上げていてくれていた事をベースに、あの頃から菅野氏が前面に出て来てくれた流れで、現状の大きな渦的様相になった訳です。(※後半は、次号に掲載

ーーーーーーーーーーーー
核心は土地転がし錬金術 トカゲの尻尾切り断固許さず

 二束三文の国有地を、地価を下げないとの配慮で当初高く提示するが、買い手におまけを付ける。差額が大きい程、政治家や地域ボスが中抜き出来る古典的な官製払い下げ疑獄だ。
 安倍が事件前に官僚らと談合したと噂の場も、公明党国交相だったFの息子が経営する店であり、符合する。


「コモンズ」106号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 安倍総理を厳しい目で見つめる明仁天皇

    2018-12-3

    天皇制と闘うとはどういうことか(4)/菅孝行(評論家) 第四回 二人の天皇と日本国憲法「緊急避難」か国是の指標か

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る