辺野古埋め立て許さない!オスプレイNO!全国キャラバンがスタート

オスプレイNO!全国キャラバンがスタート 去る3月8日大阪において、第5期沖縄意見広告運動による「辺野古埋め立て許さない!オスプレイNO!全国キャラバン」の出発集会がもたれ、まず同月24日より、西日本ルートが正式にスタートした。今後、沖縄意見広告運動(第5期)は、全国キャラバン他、米国紙ウェブ版や国内紙への意見広告で「基地も、オスプレイもいらない」「戦争へ向かうのではなく、世界各国との友好関係を」と訴える。

3・8 全国キャラバン出発集会

 3月8日、大阪の協同会館アソシエにて「辺野古埋め立て許さない!オスプレイNO!全国キャラバン出発集会」が開催され、関生支部を始めとする労働組合・市民団体など100名が参加した。主催者を代表して全日建連帯労組関西地区生コン支部柳副委員長からのあいさつのあと、キャラバン隊の隊長でもある沖縄平和運動センター議長の山城博治さんが講演。

「安倍政権が本気で日本を戦争に向かわせようとしている。自民党沖縄では今、昨年1月の直訴団の時のように保守・革新の壁を越えて再び『オール沖縄』で一つにまとまり、日米両政府と対決する決意だ。日本政府は『辺野古基地建設を妨害する者は容赦なく刑事特別措置法で逮捕する』と恫喝しているが、そんな脅しには決して屈しない。11月の都知事選は絶対に負けられない。ともに闘おう」と呼びかけた。

 また、3月24日からスタートする全国キャラバン(第2弾)のメンバーが挨拶。キャラバン初参加の町田さんは「沖縄出身なので山城さんの話を聞いて血が騒いだ。キャラバンで多くの人に基地問題を伝えたい」と決意表明した。

 続いて、秘密保護法廃止アクションで頑張っている前衆議院議員の服部良一さん、京都のエックスバンドレーダー基地反対近畿連絡会事務局長の山本さん、辺野古に基地を絶対作らせない大阪行動の大森さん、岩国労働者反戦交流集会実行委員会の田島さん、全港湾大阪支部の山元委員長から連帯の挨拶が行われた。

キャラバン隊レーポート
徳島県庁への申し入れ行動に向かうキャラバン隊

キャラバン隊(徳島県庁への申し入れ行動)

 第5期沖縄意見広告運動による「辺野古埋め立て許さない!オスプレイNO!」全国キャラバン(西日本)ルートが3月24日にスタートしました。

 このオスプレイ問題では、一昨年9月に10万人超が参加した沖縄県民大会や昨年1月末の「オール沖縄」での総理大臣への直訴行動が展開されましたが、日本政府はいまだにアメリカの言いなりになりオスプレイの配備・低空飛行訓練を容認しています。

 私たちキャラバン隊は今年も沖縄平和運動センター・議長の山城博治さんを隊長に全国各地をキャラバンし、「基地問題は沖縄だけの問題ではない」と広報宣伝するため、最初に四国・和歌山ルートからスタートさせました。今後、キャラバン隊は全国各地を回り、「オスプレイいらない」「辺野古新基地建設反対」の沖縄の声を全国各地に伝え、安心・安全な人々の暮らしを守るために各県への申し入れ・街宣・集会などを行っていきます。

●愛媛―徳島オスプレイNO!全国キャラバン徳島集会で発言する安次富浩さん

 3月24日早朝に大阪を出発。初めに愛媛県庁で要請書を提出しました。愛媛県平和運動センターの松本議長には忙しい中参加していただき、行政の窓口になっていただきました。
 その後、徳島に向けてキャラバン隊は再スタート。この日、夕方には徳島市内で徳島人権平和運動センター主催の「全国キャラバン徳島集会」が開催されました。急遽集会を準備してくださった平和運動センターの富永議長を始め、計画・準備していただいた皆さんに深く感謝します。徳島集会には沖縄からヘリ基地反対協・共同代表の安次富浩さんに駆けつけていただきました。安次富さんの講演によって沖縄の現状、そして、沖縄の「生の声」を徳島の仲間に伝えることができました。
 
●徳島―高知オスプレイNO!全国キャラバンがスタート

 翌朝、徳島県庁で要請を行い、高知県庁へと向かいました。高知でも平和運動センターの中野事務局長に行政の窓口になっていただき、要請を行うことができました。翌日、和歌山県に向かう途中、米軍機が飛行訓練中に墜落した現場である高知県の早明浦ダムを見学。のどかな街の上空を我が物顔で米軍機が訓練をしており、それを許す日本政府に強い怒りを覚えました。
  和歌山県庁でも申し入れを終え、一路キャラバン隊は大阪へ。全国キャラバン第一弾を終了させました。

■4月以降の予定

 全国キャラバンの山城博治隊長は日程が合わず四国・和歌山のキャラバンには参加できませんでしたが、次に予定する中国・九州ルート(4月12日~17日予定)には参加を予定されています。また、その後も、奈良・滋賀・名古屋へとキャラバン隊は予定を組んでおり、その後、東日本でもキャラバン行動を展開します。みなさんのご支援・ご協力をお願いします!

キャラバン隊は各地域で、街頭宣伝やミニ集会、各県への申し入れ行動を行います。キャラバン隊のリアルタイム情報等は、USTREAM中継Twitterfacebook等で随時発信しています。詳しくは沖縄意見広告運動のページをご覧ください。

コモンズ第70号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-9-26

    破局に向かうアベノミクス「もうひとつの社会」を模索しよう

季刊「変革のアソシエ」No.32

最近の記事

  1. 連帯と公正
    生コン産業は弱小の中小企業群から編成されているため、セメント産業と建築産業という、いずれも大手の独占…
  2. てるてる坊主とカエルのイラスト
    政治とは呼べぬ政治のめちゃくちゃさ 美ら海をこわす政治が国こわす オスプレイ墜ちるその日…
  3. 山元一英さん(全港湾)
    さて2018年度から労働講座が新設され、その受講学生としてのメインターゲットは一般労働者や労働組合員…
  4. 同僚の過労自殺に抗議するフレンチテレコムの従業員
    日本との比較で有給休暇が長く労働時間が短いとされる欧州でも、過労死や過労自殺が報告されている。フラン…
  5. 悪法強行採決に声を失う過労死遺族代表
    長時間労働や過労死がなくならない根本原因は低賃金と負担増にある。結婚し子供を育て住宅を維持するために…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 連帯と公正

    2018-6-25

    連載6】競争と分断の共進化から 連帯と協同の共進化へ-組合と経営者の協働による連帯経済/斎藤日出治

  2. 悪法強行採決に声を失う過労死遺族代表

    2018-6-21

    現場から】心身を蝕む長時間労働の実際-安倍「働き方改革」法批判

  3. 2018-6-19

    著名人・言論人・ジャーナリストが大阪広域協に抗議声明

  4. 反ヘイト・反労組弾圧6・23総決起集会チラシ

    2018-6-18

    6・23大阪へ!ヘイト集団を使った弾圧に抗議する集会

  5. 4・26 沖縄全国キャラバン 歓迎の集い

    2018-5-22

    4・26 沖縄全国キャラバン 歓迎の集いが盛況

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る