国際短信】コスタリカで反新自由主義派の大統領誕生 ほか

■与党が決戦投票から辞退 反自由主義大統領誕生へ コスタリカ

ルイス候補 中米コスタリカで4月に予定されていた大統領選挙の決選投票を与党候補が辞退し、野党の市民行動党(PAC)のルイス・ソリス候補の当選が確実となった。
 コスタリカではこれまで与党・国民解放党(PLD)とキリスト教社会連合(PUSC)とが政権交替しながら新自由主義政策を進めてきたが、その政策が国内に貧困や失業を拡大していった。今回の選挙ではこの新自由主義への強い不満によって変革を望む人々の圧倒的支持を受けたPACとソリス候補に対してPLDのジョニー・アラヤ候補は決選前から敗北を認めた形だ。
 これに対してソリス候補は「歴史的で勇気ある行為」と評価した。勝利の原因として、ロイター通信に「今の政治が続くのはコスタリカにとって不幸だという強い思いが国民のあいだに存在している」と語った。コスタリカは中南米カリブ海諸国連合33カ国の一員となっているが、今年1月には議長国に就任している。

■アラブ首脳会議「宣言」採択 入植地建設を拒否

2014年アラブ首脳会議 クウェートの首都クウェートで開催されていたアラブ連盟(パレスチナを含む22カ国が加盟)首脳会議は3月29日、パレスチナでのユダヤ人入植地建設をすすめるイスラエル政府への糾弾などを骨子とした「クウェート宣言」を採択して閉幕した。
 「宣言」はイスラエルによるパレスチナ占領・入植を「アラブ諸国とその人民にとって核心的問題であり、われわれはアラブ独立国家樹立のためにあらゆる努力をつくさなければならない」と強調している。

■元日本兵が62年に供述 部隊命で慰安婦連行

 旧日本軍の従軍慰安婦問題で、太平洋戦争中に海軍兵曹長としてインドネシアのバリ島に駐屯していた男性が、1962年の法務省の調査に「終戦後(慰安所を戦争犯罪の対象に問われないよう)軍から資金をもらい、住民の懐柔工作をした」と供述していたことがわかった。
 元兵曹長は「現地人など70人を(慰安婦として)連れてきた」「他にも200人を部隊の命で連れ込んだ」などと連行の実態も説明していた。法務省の資料によると元兵曹長は47年8月、オランダ軍がBC級戦犯を裁いたインドネシア・バタビア(現ジャカルタ)の文法会議で住民への暴行などに問われ、懲役12年の判決を受けた。
 元兵曹長は62年8月の調査に、発覚を一番怖れたのは「慰安所事件だった」と告白した。元兵曹長は「軍需部などに強硬談判して約70万円をもらい、各村長を通じて住民の懐柔工作に使った」と述べ、組織的な隠ぺいを示唆した。「これが完全に功を奏したと見え(慰安婦関連では)1件も訴えが出なかった」と話した。(琉球新報3月23日号より)

コモンズ第70号の目次に戻る

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 2016-12-25

    時代をスクープ 主要記事一覧1(創刊~30号)ー「コモンズ」100号への道(2)

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. ■編集後記  大事な仲間がまたひとり亡くなった。松平耕一君は重度の大腸ガンだったが、集会などでよく…
  2. 枯れた花
    ファーストの百合もそろそろ枯れはじめ 放射能A1すらも手におえず 徴用の二字の重さを知っ…
  3. 1982年米国:J・ローダー監督作品 原爆なんて怖くない…黒いジョーク、今も  第2次大戦後…
  4. 借金なし大豆
    (→先月号からの続き) 秩父郡横瀬町の百姓、八木原章雄さんの話を聞いた。 幻の大豆  借金なし物…
  5. technology-slaves2
     スマホの世帯普及率がガラケーを上回ったのは2015年度。つい2年前にすぎない。そして今、電車に乗る…
私たちは戦争を許さない―安保法制の憲法違反を訴える市民大集会

行動予定

特集(新着順)

  1. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  2. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  3. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

  4. 島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

    2017-9-5

    8・17島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどいー高校生たちと対話

  5. 2017-8-14

    種は誰のものか 種子法廃止で思う「種と百姓の物語」(上)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る