国際短信】コスタリカで反新自由主義派の大統領誕生 ほか

■与党が決戦投票から辞退 反自由主義大統領誕生へ コスタリカ

ルイス候補 中米コスタリカで4月に予定されていた大統領選挙の決選投票を与党候補が辞退し、野党の市民行動党(PAC)のルイス・ソリス候補の当選が確実となった。
 コスタリカではこれまで与党・国民解放党(PLD)とキリスト教社会連合(PUSC)とが政権交替しながら新自由主義政策を進めてきたが、その政策が国内に貧困や失業を拡大していった。今回の選挙ではこの新自由主義への強い不満によって変革を望む人々の圧倒的支持を受けたPACとソリス候補に対してPLDのジョニー・アラヤ候補は決選前から敗北を認めた形だ。
 これに対してソリス候補は「歴史的で勇気ある行為」と評価した。勝利の原因として、ロイター通信に「今の政治が続くのはコスタリカにとって不幸だという強い思いが国民のあいだに存在している」と語った。コスタリカは中南米カリブ海諸国連合33カ国の一員となっているが、今年1月には議長国に就任している。

■アラブ首脳会議「宣言」採択 入植地建設を拒否

2014年アラブ首脳会議 クウェートの首都クウェートで開催されていたアラブ連盟(パレスチナを含む22カ国が加盟)首脳会議は3月29日、パレスチナでのユダヤ人入植地建設をすすめるイスラエル政府への糾弾などを骨子とした「クウェート宣言」を採択して閉幕した。
 「宣言」はイスラエルによるパレスチナ占領・入植を「アラブ諸国とその人民にとって核心的問題であり、われわれはアラブ独立国家樹立のためにあらゆる努力をつくさなければならない」と強調している。

■元日本兵が62年に供述 部隊命で慰安婦連行

 旧日本軍の従軍慰安婦問題で、太平洋戦争中に海軍兵曹長としてインドネシアのバリ島に駐屯していた男性が、1962年の法務省の調査に「終戦後(慰安所を戦争犯罪の対象に問われないよう)軍から資金をもらい、住民の懐柔工作をした」と供述していたことがわかった。
 元兵曹長は「現地人など70人を(慰安婦として)連れてきた」「他にも200人を部隊の命で連れ込んだ」などと連行の実態も説明していた。法務省の資料によると元兵曹長は47年8月、オランダ軍がBC級戦犯を裁いたインドネシア・バタビア(現ジャカルタ)の文法会議で住民への暴行などに問われ、懲役12年の判決を受けた。
 元兵曹長は62年8月の調査に、発覚を一番怖れたのは「慰安所事件だった」と告白した。元兵曹長は「軍需部などに強硬談判して約70万円をもらい、各村長を通じて住民の懐柔工作に使った」と述べ、組織的な隠ぺいを示唆した。「これが完全に功を奏したと見え(慰安婦関連では)1件も訴えが出なかった」と話した。(琉球新報3月23日号より)

コモンズ第70号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 安倍米議会で従属宣言

    2017-6-21

    【投稿】韓国・中国民衆と連帯し、侵略の歴史を根本から変えよう/村山和弘

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. フランス政府の公式ロゴ、自由・平等・博愛
    グローバリズムへの対抗軸として 2014年にフランスで制定 スペイン・エクアドル・メキシコ・ポルト…
  2. ブランコ・ミラノビッチ
    前号(こちら)からのつづき 4、帝国主義の世界支配からのパワー・シフト [caption id=…
  3. 木畑壽信さんを偲ぶ会 献杯の様子
     7月1日に急逝した木畑壽信さん(享年66歳)を偲ぶ会が、9月8日、東京中野の中野産業振興センター1…
  4. 尾形憲さん
     さわやかな秋風が吹く今日この頃、皆様方には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。  「元法政大学…
  5. カタルーニャ独立闘争
    10月1日に実施されたスペイン東部カタルーニャ州の独立をめざす住民投票をめぐってカタルーニャ州と…

特集(新着順)

  1. 開城(ケソン)工業団地・韓国の工場で働く朝鮮の労働者

    2017-10-20

    アジアの現実から朝鮮問題をとらえ直す-一体化するアジア経済/大野和興

  2. 労働学校・アソシエ 特別シンポジウムの様子

    2017-10-17

    労働学校アソシエ8・26特別シンポ詳報

  3. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

  4. 社会的連帯経済の実践に学ぶ-6.30シンポジウム

    2017-9-18

    社会的連帯経済の実践に学ぶ 山形県置賜地域から菅野芳秀さんを招いて

  5. 文在寅(ムン・ジェイン)

    2017-9-15

    講演】東アジアの平和を!韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の誕生を受けて/李泳采(イ・ヨンチェ)(恵泉女子学院大学教授)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る