集団的自衛権行使容認が目指すもの by 尾形憲(法政大学名誉教授)

911テロ 昨年末「特定秘密保護法」が各方面からの猛反対を押し切って強行成立し、年内にも施行ということになった。同じころ国会を通過した「国家安全保障会議法」により、年明けに第一回の同会議がもたれた。これは戦前の大本営にあたる存在で、宣戦布告などの強大な権限を持つものである。これらに次いで、安倍首相が照準を定めているのは、武器輸出3原則の見直しと集団的自衛権行使の容認である。

 首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)」は4月にも行使容認を求める報告書を首相に提出する方針だったし、6月には政府案をまとめ、国会での集中審議を経て22日に終わる今国会中に閣議決定というのが首相の描くスケジュールだった。

 だが、自民党内では慎重論が噴出。「政高党低」を是正という動きが強い。
 また「平和の党」を自称する与党の公明党は「性急だ」と反発。これは無視できない。
 アメリカは以前から集団的自衛権の行使の禁止が日米同盟の制約になっていると容認を勧め続けてきた。とくに昨今は財政緊迫のため国防予算が削減されており、同盟国に一層の役割を求める声が高くなっている。だが、「戦後レジームからの脱却」を目指す安倍首相はその周辺の「お友達」を含め、靖国、慰安婦問題、村山談話と河野談話の見直しなど、険悪化している中国・韓国を刺激する発言が多い。この両国と事を構えず、とくに中国とは貿易の拡大を望むアメリカとしては歴史認識を含め日本の軍国主義化の促進を懸念するのは当然である。

■自衛隊も戦争に投入
資料画像
 集団的自衛権行使が容認されると、どのような事態が起こるか。安倍首相は米艦船が攻撃されたり、米本国に弾道ミサイルが撃ち込まれたりするケースを挙げているが、いったいどこの国が世界一強力なアメリカにそんな挑発をするというのか。自衛隊ができる支援などたかが知れているし、迎撃ミサイルも無力なものであることは周知の事実である。

 9・11以後アメリカの戦争観は一変した。アフガニスタン戦争はテロの根源タリバン国家を叩くという理由だったし、イラク戦争は実際ありもしない大量破壊兵器への危惧が第一の理由だった。この両戦争では、日本はそれぞれ特別法を制定して自衛隊を派遣した。そして後者については、名古屋高裁で航空自衛隊による米兵のバグダッドへの輸送が集団的自衛権行使として違憲という判決を受けた。

 さきに安倍首相は、これまでの慣例を破って、憲法の番人と言われる内閣法制局の長官に集団的自衛権容認派の小松一郎氏を起用した。前に述べた事情によって、集団的自衛権容認の基本方針は変わらないが、安保法制懇の報告も5月の大型連休明け提出に延期され、法改正は秋の臨時国会、さらに来年の通常国会に先延ばしの意見も出ている。いずれにしても想定されるのは、アメリカが攻撃される場合でなく、アフガニスタンやイラクの場合のように、アメリカがテロの存在を勝手に想定してこれを攻撃した場合であろう。そのときに参戦することによって、日本はこれまで外国の一人も殺さず、朝鮮戦争のさいの一人の海上保安官を除いて一人の日本人も殺されなかった輝かしい歴史に終止符を打つことになるかも知れない。

 考えてみれば、安倍首相の祖父岸信介は戦争中の内務大臣であり、A級戦犯だった。戦後首相だったときは安保条約、行政協定の全面的改定を唱え、駐留軍の最大限撤退と基地の返還を提案した、さらに憲法9条の改定と再軍備―〝国軍〟の復活を目指している。意外と思われようが、アメリカが全学連さえ巻き込んで岸の政権からの追い落としにかかったのも当然である。そしてそれは成功した。
 その血を引いた安倍首相の「集団的自衛権行使容認」がナショナリズムにつながるという懸念をアメリカが抱くのは無理からぬことだし、アジア諸国は尚更であろう。靖国参拝はこれに拍車をかけた。

■全土がフクシマ化爆発する福島原発

 現在の集団的自衛権論はこれまで歴代の政府が当然としてきた個別自衛権容認を前提としている。だが、沖縄を除き北海道も含めた日本全土に54基もの原発を持つ日本は、その何カ所かにミサイルを撃ち込まれれば、全土がフクシマ化という〝自衛〟などできない国になっている。そして国際情勢が緊迫化している今日ほど、非武装・不戦の憲法9条がその輝きを放つ時はない。

以上、尾形憲(法政大学名誉教授) 
——————————————–
(追記)共同通信社が3月22、23日に実施した全国調査によれば、集団的自衛権行使容認のための憲法解釈変更には反対が前回2月調査より6・7%増の57・7%、賛成が5・0%減の23・9%となっている。

参考1:解釈改憲は憲法上許されない歴代政府が否定
 安倍政権は発足以来、平和憲法を否定し、軍事力の増強と戦争を行える権限を獲得しようと画策を続けている。改憲の可能性が当面はなくなると、現行憲法のままでも戦争ができる方法を追究している。特定秘密保護法を制定し、戦前の「大本営」の役割を担う日本版NSC=国家安全保障会議を制定し、次には集団的自衛権の合法化による「解釈改憲」である。このような安倍の好戦的な行為は歴代政府によって否定されている。

●1954年下田丈増条約局長(衆院外務委)
「集団的自衛権は、自分の国が攻撃されていないのに、他の締約国が攻撃された場合に、自分の国が攻撃されたと同様にみなして、自衛の名において行動すること…憲法で認められた範囲は、日本自身に対する直接の攻撃、急迫した攻撃の危険のない以上は自衛権の名において発動しない」。

●1960年岸信介首相(衆院安保委)
「日本の憲法9条の規定から考えて、国連憲章51条の集団的自衛権が国際法上認められていても、海外へ出て締約国もしくは友好国の領土を守ることはできない…いわゆる集団的自衛権の典型的なものを観念上持っているが事実上行使できない」。

●1972年衆院決算委提出資料
憲法のもとで武力行使を行なうことが許されるのは、我が国に対する急迫、不正の侵害に対処する場合に限られ、他国に加えられた武力攻撃を阻止することをその内容とするいわゆる集団的自衛権の行使は、憲法上許されない

●2003年小泉純一郎首相(参院外交防衛委)
「私は集団的自衛権を認めるなら憲法改正をしたほうがいいと思っている。憲法を改正しないで、集団的自衛権、これまで積み重ねてきた政府解釈を変えることは小泉内閣ではするつもりはありません」。

参考2:山内敏弘さん(一橋大学名誉教授)の発言
(日比谷「戦争をさせない1000人委員会 3.20出発集会」での発言要旨)

 安倍内閣がすすめようとしている集団的自衛権の行使容認というのは、憲法の基本原理、立憲主義と平和主義を根底から破壊しようとするものであって、断じて許すことができないと考えています。
 そもそも、他国の防衛に、武力行使をもって加担する集団的自衛権の行使が認められないということは、憲法施行以来、67年の長きにわたって、憲法原理を構成してきました。その意味で、日本の基本的なかたちを成してきたものです。

 それをかえるためには、憲法は96条で改正手続を定めています。この手続を経ることなくして、その時々の内閣の憲法解釈によって、あるいは首相の一存によって、憲法の改正を実質的に行うということは、この96条に抵触するだけではなく、立憲主義そのものを破壊するものであると確信しています。

 安倍首相は、憲法解釈の最終的な責任は自分にあると言っています。しかし憲法には、首相などの憲法擁護義務に関する規定こそあれ、首相が憲法の最終的な解釈権者であるとは書いていません。はたして、歴代総理大臣のなかで、このような不遜な発言をした者がいたでしょうか。いないと思います。

 その時々の首相や内閣の解釈によって、憲法の基本原理を変更することがないように、内閣法制局といったものが存在してきました。あの中曽根首相も、あの小泉首相も、本心はともあれ、内閣法制局の見解に従い、一国の基本的な仕組みのあり方を尊重し、集団的自衛権の行使はできないとしてきました。
 ところが安倍首相は、自分の意見に従う人を内閣法制局長官とすることで、憲法解釈を変更しようとしています。歴代の長官はこのようなやり方に反対しているのは当然です。

 確かにこれまでにも、例えば文民条項、政教分離など、政府の憲法解釈が変更されることはありました。しかしこれらの解釈変更と、集団的自衛権の行使についての解釈変更には本質的な違いがあります。集団的自衛権の行使ができないというのは、戦後一貫して憲法の基本原理を構成し、日本の基本的な仕組みをつくってきたものです。そのようなものを、閣議決定で変更することは、立憲主義の破壊以外のなにものでもありません。

 集団的自衛権の行使を可能とすることの法的な根拠はどこに求められるのか。容認論者はいくつかの理由を挙げています。ある論者は、憲法には集団的自衛権行使を禁止する規定がないと言っています。しかしそれは当たり前です。日本国憲法は戦争の放棄を規定し、武力の行使を禁止しています。そういう憲法のもとで、集団的自衛権の行使をわざわざ禁止する規定を書く必要はないのです。

 あるいはある論者は国際法上許されている集団的自衛権の行使を憲法が禁止することはおかしい、という理論を説いています。これは国際法と国内法との違いについての無知の表明です。国連憲章は加盟国に集団的自衛権の行使を認めていますが、集団的自衛権というのは、国連の集団安全保障システムのなかにあっては例外的規定としてのみ認められているものにすぎません。そのようなものの保持を日本国憲法が否認したからといって、国連憲章の趣旨になんら抵触するものではありません。

 第一次の「安保法制懇」は憲法9条を曲解し、自衛戦力合憲論を根拠に、集団的自衛権行使を容認する提案をしていました。これは従来の政府見解を否認するものです。

 最近では、必要最小限度の自衛権行使の一部として、集団的自衛権の行使を認めることができるのではないかという意見があります。これは内閣法制局や公明党の支持を取り付けることができるかもしれないというかたちで出てきたものかと思います。しかし、「必要最小限度の自衛権の行使」というのは、あくまでも「自国を守るための必要最小限度の自衛権の行使」ということであって、海外に出て行って、他国のために武力行使を伴った戦争行為が「自国を守るための必要最小限度の自衛権の行使」と説明することは、到底できません。

 集団的自衛権の行使は、国際的に見ても、大国の小国に対する侵略戦争の意味合いを持ってきました。そのようなものを認めることは、日本がふたたび侵略国家になるということを意味します。
 憲法は、ふたたび戦争の惨禍が起こることがないように決意し、国際紛争をあくまでも平和的手段によって解決するということを、侵略戦争への反省を踏まえて定めています。そのことを、私たちは守り抜いていくべきであると考えています。

コモンズ第70号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 借金なし大豆

    2017-9-20

    種は誰のものか「種と百姓の物語」種子法廃止に思う(下)

季刊「変革のアソシエ」No.29

最近の記事

  1. 武洋一さん
     今回行動は、2010年の歴史的な建設ゼネストの最終決着としてのスト貫徹である。いわば全産業通じ…
  2. スト中に車を手入れする労働者
    下請け業者権益を守り、建設労働者の雇用安定、産業の公平性原理訴え 関西ゼネコン支配を震撼させた、2…
  3. 獅子舞イラスト
    世直しへどっと新年明けてくる 新しい主体よ我よ年新た この国の劣化破断の日までする …
  4. 20171103 国会前 改憲阻止
    新年の闘いへの決意 もう一つの「日本列島弧自治共和連邦」構想を 昨12月の沖縄集会とストライキ…
  5. コモンズ最新号目次
    一面 年頭にあたって 年頭にあたって 対米従属の「この国の形」を変える時安倍改憲阻止・辺野古…

行動予定

1月
24
11:30 『警視庁機動隊の沖縄への派遣は違... @ 東京地方裁判所
『警視庁機動隊の沖縄への派遣は違... @ 東京地方裁判所
1月 24 @ 11:30 – 12:00
『警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 住民訴訟』第5回口頭弁論/霞ケ関 @ 東京地方裁判所 | 千代田区 | 東京都 | 日本
きたる2018年1月24日(水)、警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 第5回口頭弁論がおこなわれます。 ぜひとも今回も傍聴席を満員にして、東京地裁に誠実な審議を求めていきましょう! ご参加をよろしくお願いします。 ■日時:2018年1月24日(水)午前11時半 開廷 ■場所:東京地方裁判所103号法廷  東京メトロ「霞ケ関」駅A1出口1分、東京都千代田区霞が関1-1-4 ▶︎ 傍聴券が抽選の場合があります。開廷40分前までにお越しください。 ▶︎ 10時半から地裁前アピールをおこないます。こちらもご参加ください。 ▶︎ 終了後に報告会をおこないます。 ぜひとも傍聴を!  米軍新基地建設の警備と称して、全国から機動隊が派遣され、暴力的に市民を排除するようなことを二度とさせないためには、警視庁機動隊が沖縄に派遣された経緯を明らかにし、現地での弾圧行為をしっかり問う実態審理が本訴訟で行われることが不可欠です。  前回の第4回口頭弁論でも、東京都側はまともな回答をしていませんでしたが、次回以降は法案に沿って話を進めようということになりました。次の口頭弁論が注目されます。  これまでの口頭弁論は傍聴席が満員となりました。ぜひとも今回も傍聴席を満員にして、東京地裁に誠実な審議を求めていきましょう! 1月24日 当日の動き 1. 東京地裁前アピール:午前10時30分〜(東京地裁前、東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ケ関」駅A1出口からすぐ) 2. 第5回口頭弁論:午前11時30分〜(30分程度、東京地裁103号法廷 ※傍聴者が多い場合は抽選になります。傍聴希望のかたは10時50分までにお越しください) 3. 報告会:口頭弁論後におこないます。 ■お問い合わせ:警視庁機動隊の沖縄への派遣中止を求める住民監査請求実行委員会 ▶︎E-mail:juminkansaseikyu[at]gmail[dot]com (※[at]を@に、[dot]を.に変えてご利用ください) ▶︎Facebook:「警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 住民訴訟」
1月
25
18:30 デマで沖縄への偏見をあおった「ニ... @ 東京MXテレビ本社前
デマで沖縄への偏見をあおった「ニ... @ 東京MXテレビ本社前
1月 25 @ 18:30 – 19:30
デマで沖縄への偏見をあおった「ニュース女子」 東京MXテレビは訂正と謝罪を!  第31回抗議行動/半蔵門駅 @ 東京MXテレビ本社前 | 千代田区 | 東京都 | 日本
◆日 時:2018年1月25日(木)18:30~19:30 ◆場 所:東京MXテレビ本社前      千代田区麹町1-12      地下鉄半蔵門線「半蔵門」駅 3A番出口      地図→http://s.mxtv.jp/company/map.php ◆呼びかけ:沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志       https://twitter.com/nonewsjyoshi ◆連絡先:nonewsjyoshi@gmail.com 朗報です! 12月14日、BPO(放送倫理・番組向上委員会)が、「ニュース女子」(東京MXテレビ、2017年1月2日放送)には「重大な放送倫理違反があった」とMXに意見しました。  沖縄の基地建設反対運動への取材がなかったことを見過ごし、事実の裏付けの確認も怠ったなどの問題点を挙げ、「本来放送してはいけない番組だ」と厳しく批判しました。  しかし、MXは同日、「考査体制の改善に着手している」「再発防止に努める」というコメントを発表しただけで、訂正も謝罪もしていません。  「捏造、虚偽があったとは認められない」という自社の見解も撤回していません。  「再発防止」と言うからには、悪いことをしたという自覚があるはず。  大前提となる「訂正と謝罪」を示すまで、抗議を続けます。 【行動のねらいとガイドライン】  ・MXの良心を励まし、訂正と謝罪を求めます。  ・人をおとしめるような言葉は使いません。  ・妨害されても挑発に乗らず、抗議に集中しましょう。  ・単独で動かず、相談してみんなで動きましょう。  ・動画撮影は許可制です。顔がわかる撮影は本人の了解を得てください。  抗議行動やデモのための諸経費がかかります。支援カンパをお願いします。  口座名:中央労働金庫 新宿支店 普通149400 沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民 *MX前での抗議行動は第2・第4木曜日です。  最新情報はTwitter @nonewsjyoshiでご確認下さい。 〔毎日新聞 2017年12月14日 14時33分(最終更新12月14日15時05分)〕  沖縄県の米軍基地反対運動を取り上げた東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)のバラエティー・情報番組「ニュース女子」に「誤解や偏見をあおる」などと批判が出ている問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長・川端和治弁護士)は14日、MXが番組をチェックする際に「抗議活動を行う側に対する取材の欠如を問題としなかった」「放送内容の裏付けを制作会社に確認しなかった」などとして「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。  審議の対象となったのは1月2日放送の「ニュース女子」。  沖縄県の米軍ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設への抗議活動について「過激デモで危険」「テロリストみたい」などと伝え、放送後に「事実関係が誤っている」などと批判が出ていた。同委員会は2月、番組の審議入りを決めた。  「ニュース女子」は制作会社のDHCシアター(現DHCテレビジョン)などが制作。MXは同月、番組について「事実関係において捏造(ねつぞう)、虚偽があったとは認められず、放送法及び放送基準に沿った制作内容だったと判断している」とする一方、「適法に活動されている方々に関して誤解を生じさせる余地のある表現があったことは否めず、当社として遺憾」との見解を示していた。  同局は「ニュース女子」を「今後も適切な考査をした上で放送していく」としている。  1月放送の「ニュース女子」を巡っては、人材育成コンサルタントの辛淑玉(シン・スゴ)さんが番組内で中傷され人権を侵害されたとして、BPO放送人権委員会(委員長・坂井真弁護士)に申し立て。  同委員会は5月に審理入りを決め、今後、結果を公表する。 【屋代尚則】
1月
27
18:00 BPOがついにダメ出し!放送倫理違... @ 文京区民センター
BPOがついにダメ出し!放送倫理違... @ 文京区民センター
1月 27 @ 18:00 – 20:00
BPOがついにダメ出し!放送倫理違反の東京MX「ニュース女子」沖縄報道を問うシンポジウム/文京  白石草氏、安田浩一氏、泰真実氏 @ 文京区民センター | 文京区 | 東京都 | 日本
■と き:2018年1月27日(土)17:45開場、18:00開始 ■ところ:文京区民センター 2A  東京都文京区本郷4−15−14 地下鉄「後楽園」「春日駅」  地図→http://skc-net.jp/info/map/map-kumin-center.htm  ※文京シビックセンターとのお間違えにご注意ください。 ■シンポジウム登壇者:  白石 草(しらいし・はじめ)さん(非営利ネット放送局 OurPlanet-TV 代表)  安田浩一さん(ジャーナリスト)  秦 真実(やす・まこと)さん(医療職、一市民) ■資料代:500円 ■主 催:沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志     https://twitter.com/nonewsjyoshi     nonewsjyoshi@gmail.com  2017年12月14日、BPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理検証委員会が、「ニュース女子」(東京 MX)テレビ放送・2017年1月2日)の沖縄基地問題の特集について、審議の結果、重大な放送倫理違反があったと発表しました。  これを受けて、東京MXテレビは再発防止に努めると表明しながら、いまだに具体的な訂正も謝罪も行っていません。  私たちは、ネット上にあふれるウソやデマが公共の電波を使ったテレビでも流されるようになったことを大変懸念しています。  事実に基づかない、基地に反対する沖縄の人々を誹謗中傷する報道番組が蔓延すると、沖縄への偏見が社会に根付いてしまいます。  基地に反対する沖縄の人々は弾圧しても構わないという世論が形成されていくことにもつながるのではないでしょうか。  私たちは東京MXテレビに「ニュース女子」の沖縄基地問題特集の報道について、訂正と謝罪を求めています。  このシンポジウムでは、BPOの勧告を踏まえ、東京MXの「ニュース女子」の事例を中心にしながら、様々なフェイクニュースが報道される背景について論じ、ウソやデマの報道を許さない社会のつくり方を考えます。
1月
31
19:00 世界を揺るがすエルサレム問題とは... @ ピースボートセンターとうきょう
世界を揺るがすエルサレム問題とは... @ ピースボートセンターとうきょう
1月 31 @ 19:00 – 20:30
世界を揺るがすエルサレム問題とは?トランプの首都認定がもたらすもの  講師:高橋真樹さん/高田馬場 @ ピースボートセンターとうきょう | 新宿区 | 東京都 | 日本
<要予約> ■日 時:2018年1月31日 19:00〜20:30(開場18:30) ■場 所:ピースボートセンターとうきょう  東京都新宿区高田馬場3-13-1-B1  JR/西武新宿線/地下鉄東西線 高田馬場駅 早稲田口より徒歩7分 ■参加費:500円 ■予約方法 :予約ボタンまたはお電話にて03-3363-7561(10:00-19:00)  http://peaceboat.org/event/event-apply.html?event_id=21833  トランプ大統領が、「エルサレムはイスラエルの首都」と認める宣言を行ったことで、中東のみならず国際社会を揺るがす大問題に発展しています。  でも、そもそもいったい何が問題で、エルサレムはどこに属しているのか、ニュースを見てもよくわからないのではないでしょうか?そこで、世界的に有名な町なのに世界一わかりにくい状況に置かれているエルサレムをめぐる問題について、『ぼくの村は壁に囲まれた』(現代書館)でパレスチナ問題を伝えたノンフィクションライターの高橋真樹さんに解きほぐしていただきます。  パレスチナ問題への理解だけでなく、これからの世界や日本のあり方にも関わってくるお話です。 ■講師:高橋真樹さん(ノンフィクションライター)  ノンフィクションライター。放送大学非常勤講師として「パレスチナ難民問題」の授業を長年担当。平和、人権、環境、エネルギーなどをテーマに、日本全国、世界70カ国以上で取材。著書に『ぼくの村は壁に囲まれた-パレスチナに生きる子どもたち-』(現代書館)、『イスラエル・パレスチナ 平和への架け橋』(高文研)など多数。2018年2月公開のドキュメンタリー映画「おだやかな革命〜これからの暮らしを巡る物語〜」では、アドバイザーを務める。また、自身のエコハウス生活をリポートするブログ「高橋さんちのKOEDO低燃費生活」も好評。 ■主催:ピースボート  http://peaceboat.org/21833.html

特集(新着順)

  1. スト中に車を手入れする労働者

    2018-1-22

    関西生コン2労組のストライキ 年内で決着みる 労働者が業界全体のコンプライアンス改善を求めた「利他的スト」の歴史的意義

  2. 吉村洋文

    2017-12-28

    維新・吉村大阪市長「慰安婦像」めぐり姉妹都市断絶宣言 -米国紙の論調にさぐる・日本の平和イメージをぶちこわした暴挙

  3. 2017-12-26

    人民新聞社に弾圧 いいがかりの家宅捜索で編集長を逮捕

  4. 2017年衆議院選 新潟野党結集

    2017-12-25

    選挙分析】農村部の動きをどうみるか? 農村部でリベラル・革新が互角でたたかえる条件はそろっている

  5. 2017-12-21

    ロヒンギャ問題の背景をさぐる -これは国家主導の人種差別政策・アパルトヘイトだ!

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る