持論・時論】原発をどうする積もりなのか?―原発ゼロを超える論理 by 大内秀明(東北大学名誉教授)

鎮火しなければ原因解明できない
無残な姿の福島第一原発
 都知事選も終わり、いよいよ政府も原発再稼働を含む新たな「エネルギー基本計画」の策定に乗り出したようです。何やら原発を石炭、地熱、水力と共に、「ベースロード電源」として再稼働させるようです。「ベースロード電源」とは、発電コストが低く安定的に稼働できる電源だそうですが、「福一」の事故をどう考えているのか?大変な事故を引き起こし、多大な犠牲を払いながら、またこの間に国民に対して原発ゼロの状態を経験させながら、なぜ「発電コストが低く」、かつ「安定的に稼働」できる、と言えるのか?一方で、新設・増設を事実上断念しながら、なぜ既存の再稼働だけ「ベースロード電源」と称して容認するのか?まったく理解できません。あるのは「原発再稼働ありき」だけで、それのゴリ押しでしかない、そんな気がします。

 原発を、電源にどう分類するかの議論以前に、「福一」の事故をどうするのか?事故後3年を経過するのに、汚染水は止められない。燃料棒の引き上げも進まない。この状態は、火災で言えば、まだ燃え続けている。消火活動が続いていて鎮火しない状態だ。鎮火しなければ、現場検証も出来ない。火災の原因が解明できない。原因が分からなければ、火災後の計画も立てられないし、再建の許可も申請できない筈だ。「福一」の事故も、これと同じ状態ではないか?にもかかわらず、「エネルギー基本計画」にもとづいて、安全性が確認できた原発から再稼動する。その準備として、今回の「エネルギー基本計画」が策定されるのです。

鎮火もしていないのに安全審査請求
「冷温停止」は終息でも鎮火でもない
 しかし、「福一」事故の現状からすれば、まだ火災が続いている。現場検証もできぬまま、原因の解明が行われていない状態です。とくに、「福一」の事故については、津波による事故なのか?それとも、直前に起った地震による事故なのか?それにより安全性の判断も大きく変わってくる。巨大津波は、地震に比べて確率的に発生が少ないだろう。しかし、地震であれば、同じ程度の地震は沢山起っているし、発生の可能性も高い。地震で「福一」の原発事故が発生したなら、安全基準はより厳しく、レベルが高いものにならざるを得ない。

 勿論、そもそも原発に安全性の基準などあり得ない、という議論があり得ます。当然の議論ですが、それ以前に原発事故の原因が現状では解明されていないのです。
 そうした現状にもかかわらず、民主党・野田政権のもと「冷温停止状態」を事実上の事故終息宣言のように扱いながら、原子力規制委員会が原発再稼動に向けた安全審査を進めている。電力資本が次々に安全審査の請求をする。しかし、鎮火していない、現場検証が出来ない、安全審査の基準もない、それにもかかわらずマスコミなど、「原発再稼動 遅れに遅れ」、さらに「長引く判断に終止符を」(日経2月20日付)などと書き立てて、原子力規制委員会に圧力をかける。しかし、「遅れに遅れ」は、除染であり、汚染水処理であり、燃料棒の引き上げなど、事故原因の究明です。原発再稼動ではない。

原爆と原発は表裏一体で開発された
ビキニ環礁での水爆実験
 このように見てくると、「福一」の現状は、1986年に発生した旧ソ連のチェルノブイリ原発事故と非常に似ています。「福一」は、チェルノブイリの後を追いかけているのです。

 すでにチェルノブイリ原発には触れましたので、出来るだけ重複を避けますが、先ず確認すべき点は、チェルノブイリ原発が米ソの冷戦体制の産物であり、核兵器の開発競争の結果である点の確認でしょう。核開発の実用化は、言うまでもなく1945年、日本の無条件降伏に先立つ広島、長崎への原爆投下でした。それに続いて、旧ソ連がセミパラチンスクでの核実験で対抗、米ソの東西冷戦は核開発競争で幕を開けたのです。1953年ソ連の水爆実験に対抗して、翌年米がビキニ環礁で水爆の実験、第5福竜丸の事件が起る。60年経った現在でも、実験現場から避難した島民の帰還が実現していない。恐るべき被害の現実が報道されています。

 原発での平和利用も、もともと原子力潜水艦の原子炉の民間転用から始まったそうですが、53年アイゼンハワー米大統領の「原子力平和利用」の国連演説が切っ掛けで、翌54年に早くも旧ソ連がモスクワ郊外オブニンスクで実用化に成功、米ソの核開発競争に原発開発の競争が加わります。70年代の石油危機もあり、原発の開発競争が加速激化し、米のスリーマイル島、旧ソ連のチェルノブイリ、そして日本でも東京電力が、「福一」をはじめ「原発銀座」を東北の福島に開発したのです。

 このように軍事利用の「原爆」と平和利用の「原発」とは、いわば表裏一体となって、冷戦下の米ソの核開発競争の中で開発がエスカレートしたのです。そして、そうした核開発の競争激化の帰結が、原発事故の連鎖にもなりました。1979年の米スリーマイル島の原発事故に始まり、86年の旧ソ連のチェルノブイリ事故と続きます。廃墟となったチェルノブイリの住宅街

 チェルノブイリは、1971年に着工、78年に1号炉が営業運転開始、すでに紹介しましたが、その正式名称は「V・I・レーニン共産主義記念チェルノブイリ原子力発電所」でした。レーニンとの直接の関係はありませんが、拙著『ウィリアム・モリスのマルクス主義』でも紹介しましたが、レーニンの有名な演説「共産主義とは労兵ソヴィエトの権力と全国の電化である」、このソ連型国家社会主義のシンボルとして、チェルノブイリ原発が開発され、1号炉から4号炉まで開発されただけではない。さらに、5号炉、6号炉も建設中であり、この原発の規模は当時世界一、文字通りソ連社会主義の象徴でした。ところが、86年4月26日に4号炉が原発事故を起し、その放射能の拡散はヨーロッパ各地から世界中に拡大しました。それだけでなく、ソ連型社会主義の病根が曝け出されることになり、その5年後、旧ソ連は呆気なく崩壊、マルクス・レーニン主義のロシア革命の歴史とともに、冷戦構造の米ソ超大国の東西対立にも終止符が打たれたのです。

 チェルノブイリ原子力発電所は、ウクライナの独立国営事業体チェルノブイリ原子力事業所に名称は変更されました。4号炉の事故発生と共に、すでに建設中だった上記5号炉、6号炉は建設が中止、しかし1号炉、2号炉、3号炉は、事故後も電力不足を口実に運転を再開、つまり再稼動しました。しかし、5年後に旧ソ連が崩壊、さらに2000年12月に最後まで運転、再稼動を続けていた3号炉も運転を停止し、その後は炉を廃炉にする作業が行われましたが、4号炉についてはコンクリートで封じ込めるため、延べ80万人の労働者が動員されて石棺で覆われている。しかし、放射能の汚染水の処理をはじめ、放射性物質の処理が遅れ、たとえば発電所の看板についても、昔のV・I・レーニン共産主義記念チェルノブイリ発電所のままであり、ロビー前の広場には、レーニンの胸像が置かれたまま、と言われています。今回のウクライナの政変が、さらにレーニン批判を強めるとすれば、こうした所にどのような変化をもたらすのか、注目されるでしょう。

日本に原発は必要不可欠なのかチェルノブイリ事故ではヨーロッパ中に放射能が拡散した

 そこで、チェルノブイリ原発事故の後を追っている「福一」の事故処理ですが、福島第二原発をどうするのか?チェルノブイリの4号炉以外の処理と関連するでしょう。しかし、そうした論点には一切触れず、まだ事故の原因も津波か?地震か?全く不明なまま、ただ一方的に安全性の基準が検討され、さらに今回の基本計画で「ベースロード電源」として必要だから、原発再稼動に踏み切る、まさに「再稼動ありき」の結論です。チェルノブイリでも、電力供給の必要性から、上記の通り運転を始め、再稼動してみた。しかし、再稼動した原子炉は、次々に運転停止に追い込まれ、挙句の果てに旧ソ連そのものが崩壊してしまった。ウクライナの地に「核のゴミ捨て場」のように放置されたまま、再び内戦の危機を迎えている。

 日本の場合、チェルノブイリと違い、果たして電力供給にとって、原発が必要不可欠なのか?この間、国民の節電意識は急速に向上した。そもそもオール電化など、電力の過剰消費とも言える生活が強要されてきた。生活の見直しの中で、節電の可能性は、まだまだ高いと見るべきだし、現に3・11以来、原発ゼロでも生活は維持され、企業も経営を続けてきた。だから、大多数の国民は原発ゼロを強く期待するし、都知事選の結果でも、原発ゼロが争点にはならなかったものの、舛添票を含めて、脱原発は都民の圧倒的世論と見るべきでしょう。

 確かに円高が円安に変り、輸入原燃料は値上がりしている。しかし、この程度の円安は、過度な円高が是正されただけの話で、過去の円安の経験からすれば、原発再稼動の理由にはならない。貿易の赤字は、原燃料の値上がりによる赤字ではなく、むしろ円高が是正され円安になったにもかかわらず、輸出が伸びなくなったのが原因で、原発再稼動とは関係ないでしょう。原発ゼロの前提で、輸出競争力の強化を考えるべきではないか?と言うより、輸出主導型の成長、輸出立国の時代が終わったと認識すべきでしょう。
原発事故のせいで疎開を強いられた福島県双葉町
 そう考えてくると、原発再稼動が必要なのは、電力資本を中心に、一部の企業のコスト面の理由だけではないか。すでに建設し、ランニングコストも割安になった原発が再稼動して、それを使い切れば、確かにコスト面で大助かりでしょう。地域独占に安住し、原燃料はじめコストを料金に丸ごと上乗せできる電力料金が維持できれば、経営は安泰である。しかし、それを許せば、3・11の「福一」の大事故にもかかわらず、既得権益が保守・温存される。すでに東北電力など、電力資本は減益から増益に転じている。既得権益の温存は、企業の合理化努力を鈍化させ、電力改革を遅らせ、さらに国民的合意が形成されている「自然再生可能エネルギー」への新たなエネルギー改革を阻むことになる。その危険を感じたからこそ、構造改革の旗手だった小泉純一郎元首相の「原発ゼロ」発言や行動が蘇ったのでしょう。

オバマと真っ向から対立する安倍の戦略

原発輸出をゆるすな では、最後的に原発再稼働を支えているものは何か?すでに日本経済は貿易赤字が更新・拡大し、輸出主導型から所得収支・対外直接投資主導型へ急速に転換しようとしている。国内の原発・新増設は諦めても、原発の対外輸出を推進する。ODAや円借款もフルに利用し、プラント輸出、インフラ輸出、人材輸出と抱き合わせの原発輸出セールスには、日本国内の原発再稼働も利用したい。過去の植民地支配を反省するウエットな「自虐史観」イデオロギーからの転換のために、「戦後体制からの脱却」、さらに「歴史修正史観」が必要だし、靖国参拝も復活しなければならない。TPPに乗り込んで、米国を蹴散らしても、アジアに日本の「勢力圏」を確保しなければならない。勢力圏の確保と維持のためには、独自の「集団的自衛権」も必要だし、武器輸出も拡大しなければならない。その先には、戦後冷戦体制の中で構築されてきた、「原爆」と表裏一体の関係にある「原発」もまた死守しなければならない。

 しかし、これがオバマ米大統領のポスト冷戦に対する「核廃絶」の戦略とマッチしないどころか、真っ向から対立する。安倍首相の靖国参拝は、今やオバマ大統領の「不快感」に止まらず、共和党の知日派にも対日不信感として拡大している。オバマが大統領選の際、〝Change! Yes, We can.〟 と力強く訴え、内外からの大きな期待を集めました。その変革の課題こそ、他でもない「核廃絶」の時代の創造だとすれば、事は余りにも重大です。ノーベル平和賞を受賞し、自ら「核安全保障サミット」を提唱、今年はオランダのハーグで米中両首脳の「新大国関係」が話し合われる。そこで「核廃絶」のポスト冷戦が登場すれば、それこそ「脱原発」は「脱原爆」であり、唯一の被爆国として「原爆許すまじ」を「原発許すまじ」として叫び行動する、それを強く期待したいと思います。
(中見出しは編集部がつけました)

コモンズ第70号の目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 木村豊中市議に聞く

    2018-3-3

    「森友疑獄」摘発の一歩から一年 渦中の木村豊中市議に聞く(上) ー「然るべき人物に、然るべき責任を」

季刊「変革のアソシエ」No.33

最近の記事

  1. 管理職ユニオン・関西 エルライン街宣行動
    関生型運動に学ぶ 管理職ユニオン関西 連帯関西クラフト支部との合同職種別業種別運動を本格化へ  …
  2. 8・26 法曹専門家が大阪広域協の違法性を解説
    大阪広域協横暴に反旗翻す企業続々 「法的見地から考察する関西生コン関連業界」 大阪広域協の違…
  3. 労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会
    大盛況だった<労働組合つぶしの大弾圧抗議9・22緊急集会> の動画報告です。ぜひご覧下さい。…
  4. 時代を逆行させる大阪広域協・労使合意を破棄し週休2日制廃止をもくろむ
    連帯労組広報委員会によって、大阪広域協の無法幹部として指弾されている人物の代表組織=(一社)西日本建…
  5. 警察がレイシストを引き連れて弾圧
    生コン支部に10数人の大量逮捕弾圧! 労組潰し大弾圧抗議!9・22緊急集会へ結集せよ!  大阪府…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

行動予定

9月
26
10:30 警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法... @ 東京地方裁判所
警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法... @ 東京地方裁判所
9月 26 @ 10:30 – 13:30
警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 住民訴訟 第9回口頭弁論/東京地裁 @ 東京地方裁判所 | 千代田区 | 東京都 | 日本
  きたる2018年9月26日(水)、警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法第9回口頭弁論がおこなわれます。 ぜひとも今回も傍聴席を満員にして、東京地裁に誠実な審議を求めていきましょう!ご参加をよろしくお願いします。 ■ 日 時:2018年9月26日(水)午前11時半 開廷 ■ 場 所:東京地方裁判所103号法廷  東京メトロ「霞ケ関」駅A1出口1分、東京都千代田区霞が関1-1-4 ▶︎ 傍聴券が抽選の場合があります。開廷40分前までにお越しください。 ▶︎ 10時半から地裁前アピールをおこないます。こちらもご参加ください。 ▶︎ 終了後に報告会をおこないます。 ●ぜひとも傍聴を! 米軍新基地建設の警備と称して、全国から機動隊が派遣され、暴力的に市民を排除するようなことを二度とさせないためには、警視庁機動隊が沖縄に派遣された経緯を明らかにし、現地での弾圧行為をしっかり問う実態審理が本訴訟で行われることが不可欠です。 第8回口頭弁論では原告が、前回被告・東京都が提出した書面に反論を行いました。東京都は原告の書面に対して、反論する予定はないと発言し、高江の実態調査に踏み込みたくない東京都・警視庁の姿勢が現れています。 次回の第9回口頭弁論では原告が求めている証人9名の採用の可否が主な審理になります。高江で何が機動隊によって行われたのか、明らかにするためには必要不可欠な証人です。是非・傍聴席を満員にして、東京地裁に誠実な審議を求めていきましょう! ●9月26日当日の動き 1. 東京地裁前アピール:午前10時30分〜(東京地裁前、東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ケ関」駅A1出口からすぐ) 2. 第9回口頭弁論:午前11時30分〜(30分程度、東京地裁103号法廷 ※傍聴者が多い場合は抽選になります。傍聴希望のかたは10時50分までにお越しください) 3. 報告会:口頭弁論後におこないます。 ●お問い合わせ 警視庁機動隊の沖縄への派遣中止を求める住民監査請求実行委員会 ▶︎ https://juminkansaseikyu.wordpress.com/ ▶︎ E-mail:juminkansaseikyu[at]gmail[dot]com (※[at]を@に、[dot]を.に変えてご利用ください) ▶︎ Facebook:「警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 住民訴訟」
9月
27
18:30 天皇代替わりと民主主義の危機~主... @ エルおおさか・南館ホール
天皇代替わりと民主主義の危機~主... @ エルおおさか・南館ホール
9月 27 @ 18:30 – 20:30
天皇代替わりと民主主義の危機~主権在民と政教分離に反する天皇代替わりを問う/大阪 @ エルおおさか・南館ホール | 大阪市 | 大阪府 | 日本
◆と き:2018年9月27日(木)18:30~ ◆ところ:エルおおさか・南館ホール  大阪市中央区北浜東3−14  http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html ◆講 演:横田耕一さん(九州大学名誉教授) ◆資料代:¥1000 ◆主 催:天皇代替わりに異議あり!関西連絡会 (反天皇制市民1700ネットワーク/京都「天皇制を問う」講座実行委員会/兵庫反天皇制連続講座/参戦と天皇制に反対する連続行動/反戦反天皇制労働者ネットワーク/関西共同行動/9条改憲阻止共同行動/反戦・反貧困・反差別共同行動in京都/釜ヶ崎パトロールの会/労働者共闘 ※5月1日現在) ◆連絡先:090-5166-1251 寺田
9月
29
11:00 平和とジュゴンを守る 辺野古新基... @ 栄広場(栄三越北)
平和とジュゴンを守る 辺野古新基... @ 栄広場(栄三越北)
9月 29 @ 11:00 – 17:00
平和とジュゴンを守る 辺野古新基地反対コンサートin名古屋 @ 栄広場(栄三越北) | 名古屋市 | 愛知県 | 日本
辺野古新基地反対コンサートin名古屋 ■ 日 時:2018年9月29日(日) 11:00~ ■ 場 所:栄広場(栄三越北)  〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦三丁目2514番 ■ 参加費:無料 ■ 内 容: ・11:05~ いのこ福代とその仲間達/KEEP TO THE LEFT/アフガンブルー ・12:05~ 石原真/Ikura/山岡 田中 ・13:05~ 五島良子/ISAMU/あいち保育のうたごえの仲間達 ・14:05~ 赤木一孝/大城節子/Side-B ・15:05~ シリキレトンボ/まんまる企画研究生 響/藤村記一郎 ・16:05~ 三線フォークデュオ幸野夫妻/FLAT WATERS/第8旅団 ■ 主 催:「辺野古新基地反対コンサートin名古屋」実行委員会  実行委員長:浅野義高 事務局:神戸郁夫  実行委員:杉山道子 筒井佳子 中島清志 福井啓子 保母則之 山口耕平 渡辺三男  問合せ:kanbe@pop02.odn.ne.jp(神戸郁夫) ■ その他:  ブログ http://henocon.blog.fc2.com/   Facebook 「名古屋辺野古」
14:00 本山美彦さん「マルクス生誕200年... @ 林野会館
本山美彦さん「マルクス生誕200年... @ 林野会館
9月 29 @ 14:00 – 16:30
本山美彦さん「マルクス生誕200年」記念講演会/東京 @ 林野会館 | 文京区 | 東京都 | 日本
 今年は「マルクス生誕200周年」にあたります。資本主義の矛盾は21世紀に入り、ますます深まり、資本主義を批判的に分析、解明したマルクスの理論は現在もますます輝いています。「マルクス生誕200周年」を記念し、関西在住の本山美彦先生を東京にお招きして講演会を開催します。貴重な機会ですので、皆さま是非ご参加ください。 ■ 日 時 2018年9月29日(土)14.00〜16.30(受付開始 13.30) ■ 会 場 林野会館6F会議室 03-3945-6871代  〒112-0012 東京都文京区大塚3丁目28−7  東京メトロ丸の内線「茗荷谷」駅下車徒歩7分  http://rinyakaikan.or.jp/access/ ■ 講師 本山美彦 京都大学名誉教授 ■ 資料代 500円 ■ 主催 「マルクス生誕200年」記念事業実行委員会  連絡先 TEL03-5826-4017 FAX03-5826-4027 講師紹介:本山美彦(もとやま・よしひこ)  1943年神戸市生まれ。京都大学名誉教授。公益社団法人・国際経済労働研究所前理事。元・日本国際経済学会長(1997~99年、現在、顧問)。元・京都大学大学院経済学研究科長兼経済学部長(2000~02年)。元・日本学術会議第18期第3部(経済学)会員(2000~03年)。元・大阪産業大学学長(2010~2013年)。  世界経済論専攻。金融モラルの確立を研究テーマにしている。貨幣現象を取り上げて、現代社会の倫理的側面を明らかにしてきた。近年は米国主導の「グローバリズム」のいかがわしさを指摘する一方で、同国の世界戦略や、対日経済圧力の実態などの問題点について、他の論者に先駆けての解明を行ってきた。  その成果は、『売られ続ける日本、買い漁るアメリカ―米国の対日改造プログラムと消える未来―』(ビジネス社、2006年)、『儲かれば、それでいいのか―グローバリズムの本質と地域の力―』(共著、「環境持続社会」研究センター、2006年)、『金融権力―グローバル経済とリスク・ビジネス―』(岩波書店、2008年)などにまとめられている。
9月
30
13:00 オスプレイCV22横田基地「正式配備... @ 福生公園
オスプレイCV22横田基地「正式配備... @ 福生公園
9月 30 @ 13:00
オスプレイCV22横田基地「正式配備」反対!9・30抗議デモ @ 福生公園 | 福生市 | 東京都 | 日本
 オスプレイの正式配備が10/1と公表されました。しかし4/5に陸揚げされた横浜から直接横田基地にとんできたオスプレイCV22はその後月間の飛行回数も急増させ、実質的にはもう横田に居座っています。  事故続きのこの軍用機は、この5ヶ月の間にもエンジンの不具合で奄美空港に緊急着陸、一ヶ月もとどまりエンジン交換をしてようやく横田に戻ってきました。通告無しで所沢通信所のような狭い施設にも着陸するなどやりたい放題です。  欠陥軍用機オスプレイの「横田基地正式配備通告」を許さず、全国の基地強化に強く反対しよう!安保条約そのものに反対し、辺野古の新基地建設にも反対!普天間基地は無条件で撤去を!自衛隊の装備強化・南西諸島への対艦対空ミサイル部隊配備・オスプレイ購入にも強く反対していこう! 2018/9/30(日)  オスプレイ正式配備反対集会デモ  1時 福生公園集合(青梅線牛浜駅徒歩5分)   〒197-0024 東京都福生市牛浜163   http://www.city.fussa.tokyo.jp/map/kouen/1001742.html  2時 デモ出発  主催:横田行動実行委員会(横田実) 連絡先:立川自衛隊監視テント村042-525-9036(TEL&FAX) うちなんちゅの怒りとともに!三多摩市民の会. TEL:042-592-3806 (古荘) 〒190―00131 東京都立川市富士見町2-12-10-504 テント村気付 E-mail:tento72@yahoo.co.jp ーーーーーーーーー 2018/9/22(土) 横田基地抗議行動  11時 第2ゲート前(福生駅徒歩10分)12時まで抗議  申し入れ・リレートーク    主催 米軍基地に反対する実行委員会(横田実は協賛)
10月
1
18:00 原子力空母ロナルド・レーガン横須... @ ヴェルニー公園
原子力空母ロナルド・レーガン横須... @ ヴェルニー公園
10月 1 @ 18:00 – 20:00
原子力空母ロナルド・レーガン横須賀配備抗議!母港撤回を求める10.1全国集会 @ ヴェルニー公園 | 横須賀市 | 神奈川県 | 日本
■ 日時:2018年10月1日(月)18:00~20:00  19:00~ デモ行進 ■ 場所:ヴェルニー公園  〒238-0042 神奈川県横須賀市汐入町1丁目1-1  JR横須賀線「横須賀」駅、京浜急行「汐入」駅  地図→https://goo.gl/YqYwhc ■ 主催:神奈川平和運動センター・三浦半島地区労  共催:平和フォーラム/全国基地ネット/関東ブロック
18:30 辺野古新基地建設の強行を許さない... @ 防衛省前
辺野古新基地建設の強行を許さない... @ 防衛省前
10月 1 @ 18:30 – 19:30
辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省前抗議行動 @ 防衛省前 | 新宿区 | 東京都 | 日本
抗議文持参OKです。 辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省抗議・申し入れ行動 日 時:2018年10月1日(月)18:30~19:30 場 所:防衛省前     JR・地下2鉄「市ヶ谷」「四ツ谷」駅7分     http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/access.html 主 催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会     http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html 連絡先:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090-3910-4140)     http://www.jca.apc.org/HHK/
10月
3
12:00 ネットを悪用した「ヘイト攻撃」を... @ 参議院議員会館
ネットを悪用した「ヘイト攻撃」を... @ 参議院議員会館
10月 3 @ 12:00 – 14:00
ネットを悪用した「ヘイト攻撃」を考える10・3シンポジウム/永田町 @ 参議院議員会館 | 千代田区 | 東京都 | 日本
ネットを悪用した「ヘイト攻撃」を考える10・3シンポジウム ■ 日時:2018年10月3日(水)  12:00~14:00(開場11:30)   ■ 会場:参議院議員会館 B-104会議室  〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目1−1  http://bb-building.net/tokyo/deta/457.html  全日建建設運輸連帯労組関西地区生コン支部に対する不当弾圧が苛烈を極めている。この弾圧において特筆すべきことは、人種差別・ネオナチ的主張を繰り返す差別排外主義者が警察に同伴し、さらに正当な組合活動に対する確信犯的な誹謗中傷・攻撃をネット上で繰り返していることである。  こうした事態は、連関性を持ちながら広範に広がっている。全国ユニオンの青林堂闘争においては、労働三権をあからさまに否定する言説をネットや出版物で展開し、代理人弁護士に対して1000件を超す大量の懲戒請求をネット上で扇動し、組織的に攻撃を加えている。  労働運動以外でも、辺野古基地の運動に参加する人々へのネット上での嫌がらせ、少数民族や生活保護者や障がい者や性被害者に対するSNS上での誹謗中傷などである。これらは、単独の跳ね上がりではなく、こうした言説を実質的に奨励しているといえる安倍政権の威力を背景にしたネット右翼や差別排外主義者によるリベラル・左派運動体や社会的少数者や当事者に対するネットを悪用した「ヘイト攻撃」といえる。事態は、もはや看過できない段階に至っている。  しかし労働運動サイドは、ネットに関する取り組みを重視していない現状がある。こうした相手側の組織的背景や連携体制を軽視している面もある。  こうした現状を踏まえ、ネット上での問題や被害実態を共有し、これに対抗するSNSを活用した運動構築などをめざす連続シンポジウムを開催する。    ■ テーマスピーカー:  佐々木亮弁護士(旬報法律事務所)、和田悠さん(立教大学・予定)  香山リカさん(精神科医)、安田浩一さん(ジャーナリスト)  労働組合当事者 ■ 呼びかけ人:菊池進(全日建)/松本耕三(全港湾)/鈴木剛(全国ユニオン)/嶋﨑量(神奈川総合法律事務所) ■ 連絡先:  全日本建設運輸連帯労働組合(全日建)03-5820-0868  全日本港湾労働組合(全港湾)03-3733-8821  全国コミュニティユニオン連合会(全国ユニオン)03-5371-5202

特集(新着順)

  1. 労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

    2018-9-23

    動画報告】労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

  2. またも国策弾圧!8・28 武建一委員長逮捕

    2018-9-21

    またも国策弾圧!8・28 武建一委員長逮捕に連帯労組らが抗議声明

  3. 翁長さん、あなたの勇姿を忘れない

    2018-9-13

    翁長知事の遺志を継ぐ「承認」撤回と県知事選に臨むわたしたちの態度

  4. 労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会

    2018-9-12

    労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会 のお知らせ

  5. 【コモンズ号外】2018・8・31

    2018-9-1

    号外】滋賀県警が大阪広域協・極右と結託し関生労組 武建一執行委員長を不当逮捕

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る