辺野古新基地反対運動に国際平和賞授与 不撓不屈の非暴力を評価

辺野古新基地反対運動に国際平和賞授与
 ドイツ・ベルリンに本部を置く国際平和団体「国際平和ビューロー」(IPB)は24日、スペイン・バルセロナで今年のショーン・マクブライド平和賞の授賞式を行い、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する政党や団体でつくる「オール沖縄会議」に授与した。同会議の高里鈴代共同代表(77)がメダルを受け取った。

 IPBはオール沖縄会議の活動を長年にわたり米軍基地に反対し続けてきた「不撓不屈の非暴力闘争」と称賛し、満場一致で授賞を決めたとした。普天間飛行場については「世界で最も危険な軍事基地の一つだ」と指摘した。(共同)

※国際平和ビューロー(International Peace Bureau)とはドイツのベルリンに本部を置く、世界で最も権威のある国際平和団体、NGO(非政府組織)のひとつである。設立は1891年。1910年にはノーベル平和賞を受賞している。現在ではその理事会メンバーの一人一人にノーベル平和賞の推薦権が付与されているほど。また、過去のノーベル平和賞受賞者のうち、13人が国際平和ビューローのメンバーである。今後、沖縄県民がノーベル平和賞に推薦される可能性もでてきたと言えるだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. スト中に車を手入れする労働者

    2018-1-22

    関西生コン2労組のストライキ 年内で決着みる 労働者が業界全体のコンプライアンス改善を求めた「利他的スト」の歴史的意義

季刊「変革のアソシエ」No.32

最近の記事

  1. 連帯と公正
    生コン産業は弱小の中小企業群から編成されているため、セメント産業と建築産業という、いずれも大手の独占…
  2. てるてる坊主とカエルのイラスト
    政治とは呼べぬ政治のめちゃくちゃさ 美ら海をこわす政治が国こわす オスプレイ墜ちるその日…
  3. 山元一英さん(全港湾)
    さて2018年度から労働講座が新設され、その受講学生としてのメインターゲットは一般労働者や労働組合員…
  4. 同僚の過労自殺に抗議するフレンチテレコムの従業員
    日本との比較で有給休暇が長く労働時間が短いとされる欧州でも、過労死や過労自殺が報告されている。フラン…
  5. 悪法強行採決に声を失う過労死遺族代表
    長時間労働や過労死がなくならない根本原因は低賃金と負担増にある。結婚し子供を育て住宅を維持するために…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 連帯と公正

    2018-6-25

    連載6】競争と分断の共進化から 連帯と協同の共進化へ-組合と経営者の協働による連帯経済/斎藤日出治

  2. 悪法強行採決に声を失う過労死遺族代表

    2018-6-21

    現場から】心身を蝕む長時間労働の実際-安倍「働き方改革」法批判

  3. 2018-6-19

    著名人・言論人・ジャーナリストが大阪広域協に抗議声明

  4. 反ヘイト・反労組弾圧6・23総決起集会チラシ

    2018-6-18

    6・23大阪へ!ヘイト集団を使った弾圧に抗議する集会

  5. 4・26 沖縄全国キャラバン 歓迎の集い

    2018-5-22

    4・26 沖縄全国キャラバン 歓迎の集いが盛況

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る