イヴァンカ・トランプ そのファッションブランドの闇/大野和興

安倍首相もメディアもこぞって持ち上げたイヴァンカ・トランプ
そのファッションブランドの”闇”

下品な「キモノドレス」

たくさんのゴマすり記事の中でも彼女の「キモノドレス」だけは評判が悪く、
和装関係者は「下品」と酷評。だが首相に合わせたのならばグッドチョイスだ。

 トランプ米大統領の先遣隊として来日したイヴァンカ・トランプ。トランプ大統領の娘にして補佐官を日本のメディアがこぞって取り上げ、箸のあげおろしにいたるまで報道。特に彼女のファッションをほめあげた。イヴァンカは自身のブランドをもつ起業家でもある。来日を機に日本のイヴァンカ代理店はウハウハというニュースも流れた。しかし、当の米国ではイヴァンカ・ブランドは不評で販売不振、しかもそのブランドを製造している中国工場では労働者酷使が明かになるなど問題だらけ。しかし、そうした闇の部分を日本のジャーナリズムは一切報道しなかった。(大野和興)

高級デパートから安売り店へシフト

イヴァンカブランドロゴ イヴァンカブランドは当初、富裕層をターゲットにニーマン・マーカスやノードストロームといった高級百貨店で売られていた。ところが売り上げの不振で今年2月ごろ、これらの高級店が一斉に商品の取り扱いを中止。取り扱いは今、中級の百貨店やディスカウント店に変わった。しかも、売値は元値の半分以下というたたき売り状態になっている。

 ハンドバッグ類は100ドル(約1万1400円)前後で販売されており、日本でも人気の高いコーチやマイケル・コースなどのブランド品に比べると4分の1程度だ。一部の安売り店では元値130ドルのドレスが50ドルに値下げされ、たたき売り状態だ。

 最悪だったのは、この高級百貨店の取り扱い中止に、大統領自身が介入したこと。米国の通信社Bloombergは2月9日、次のように報じた。

 「トランプ米大統領は8日、娘イヴァンカさんのファッションブランドの取り扱いを停止した百貨店チェーンのノードストロームを批判した。トランプ大統領は個人のツイッターアカウントで、『娘のイヴァンカは極めてアンフェアな扱いを受けている』と主張。『彼女は素晴らしい人だ。私が正しい行いをするよう常に励ましてくれる!ひどい扱いだ!』と記した。その後、大統領の公式ツイッターでこのメッセージをリツイートした。(中略)トランプ氏のツイートで、自身と家族のビジネスの利益のために大統領の地位を利用しているのではないかとの疑問があらためて生じている」

イヴァンカ中国靴工場を調査した活動家を逮捕

イヴァンカ・トランプ 中国の靴工場 今年5月31日、AFP通信がイヴァンカブランドの靴を製造している中国工場の労働環境を調査していた労働運動活動家が逮捕された、という記事を配信した。この事実を明らかにしたのは、ニューヨークを拠点とする労働権利団体「中国労働ウオッチ(チャイナ・レイバー・ウオッチ、China Labor Watch」という団体。それによると、逮捕された活動家は3人で、その時点では行方不明ということだった。

 この工場は世界最大の靴メーカーの一つである中国・華堅集団が運営、1カ月に200万足を製造し、主に米国へ輸出している。2010年からイヴァンカブランドの靴も扱い、年間6万足を製造していた。「中国労働ウオッチ」によると、調査の結果、工場の労働者は最低賃金以下で働かされており、時間外労働も強制されていることが判明したという。活動家は、さらに詳しい実態を調査するため、工場に盗聴装置を仕掛けたところ、当局に身柄を拘束されたということのようだ。3人は6月28日、警察当局から釈放された。

洋服工場でも「休暇は年間5日だけ」

 『ニューズウィーク日本版』(電子版)は今年4月27日、エレニア・ロス記者の以下のような記事を掲載した。

「ドナルド・トランプ米大統領の娘イヴァンカのファッションブランド『イヴァンカ・トランプ』の洋服を作る中国の工場は週60時間労働で時給は約1ドルだということがわかった。非営利組織「公正労働協会」(FLA)が昨年10月、イヴァンカ・トランプの商品生産を2012年から独占的に請け負うG-111アパレルグループの工場を検査し、その結果をワシントン・ポストが記事にした。同グループは販売価格158ドルのドレスや79ドルのブラウスなどを作っている」

 ロス記者の記事によると、工員の休暇は年間5日で、労働組合が存在しない。また、工員らは安全手順に関する訓練が抜けている。工員の月給は273~303ドルで、国家統計局によれば平均的な製造業労働者のおよそ半分ということだった。

安倍首相は57億円をイヴァンカ基金に

 安倍首相は今回のイヴァンカ来日に合わせ11月3日、海外の女性指導者らを東京に招いて女性政策を議論する政府主催のシンポジウム「国際女性会議WAW」を開催。イヴァンカはその関連イベントに出席し、演説した。いまやイヴァンカ・トランプは女性の社会進出を支援する活動家として世界に売り出している。

 安倍首相はその演説会場にわざわざ顔を出し、自ら前振りのスピーチをすると同時に、57億円をイヴァンカ基金に拠出すると表明した。中国の労働者酷使などまるでなかったかのようだ。

「コモンズ」112号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 米国への積み込みを待つ日本車―この風景がいつまで続くか?

    2018-11-28

    日米FTAの先にある、米国主導のブロック経済圏形成/大野和興

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 米国覆う医療の闇とキューバとの対比  カンヌ映画祭最高賞に輝くMムーア監督が…
  2. 大都市大阪で保険所をたった一ヶ所に  医療予算を毎年ここ20年にわたり10%削減して…
  3. 新型コロナ 今こそ労働組合が対応すべき  新型コロナに関わる労働相談が増えて…
  4. コメを待つ人にあじいるから配送コメと野菜でつながろう
    コメと野菜でつながろう!―コロナで飯が食えない人が増えている― ぜひ、ご一緒に …
  5. コメと野菜でつながろう
    食と農<キャンペーン新シリーズ> 「コメと野菜でつながろう!」と取り組んで見えてきた…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 2020-6-19

    新型コロナ労働相談レポート/連帯労組関西・ゼネラル支部

  2. コメと野菜でつながろう

    2020-6-17

    コロナ下、社会の底辺から飢えが広がっている/大野和興

  3. FOLLOW-THE-LEADERS

    2020-2-28

    世界資本主義の危機と崩壊、それにどう立ち向かうか/斉藤日出治

  4. 2020-2-26

    香港からの報告(2)區龍宇(アウ・ロンユー) 衛香港戰2019~香港防衛の戦い

  5. 2020-2-25

    新年労働者座談会<下> 関生弾圧のピンチをチャンスに「当り前の労働運動」を守り、反転攻勢へ

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る