沖縄短信】辺野古護岸工事着工へ/沖縄に日本版海兵隊

辺野古、新護岸工事着工へ
稀少サンゴの保全も放棄


辺野古埋立地図 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に向け、沖縄防衛局は11月6日以降に新たな護岸工事に入る。埋立て工事予定地となるN5、K1の近くには稀少種の「オキナワハマサンゴ」の棲息が確認されており、沖縄県は、サンゴの保全措置が不十分なため工事の停止を求める行政指導をおこなったが、政府・防衛局は県の指示にまったく耳を貸さず、工事を強行するつもりだ。
 防衛局の担当者は2日、県庁を訪れ、「工事を停止する必要はない」とする回答を提出した。
 また、工事内容が途中で変わる場合には県の許可が必要であるが、K9の護岸工事は護岸の先端に台船を係留し、私財を海側から搬入する方針に切り替えたにもかかわらず。防衛局は県との協議を行わないまま県の許可なく工事を進めようとしている。無法・不法な工事を国家ぐるみで行うのはもはや「法治国家」とは言えない。

沖縄に日本版海兵隊
「基地負担軽減」と逆行する方針

 防衛省は来年3月に陸上自衛隊の「水陸機動団」を沖縄県の米軍キャンプ・ハンセンに配備する方向で検討していることが10月31日に明らかになった。2020年代前半に在沖米軍海兵隊8千人がグアムなどへ移転するが、そこへ自衛隊を配備することをめざしている。キャンプ・ハンセンに自衛隊が配備されれば「海兵隊移転による沖縄基地負担の軽減」と逆行することになる。政府はこれまでも何度も約束を反故にしてきたが、またもや沖縄県民をだまそうとしている。
 防衛省関係者によると、日米両政府の外交・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で、南西諸島を含めた自衛隊の配備強化のために基地の共同使用が確認された。
 なお、陸上自衛隊水陸機動団とは、「日本版海兵隊」と言われるもので、防衛目的ではなく、敵陣へ乗り込んで行って攻撃する「侵略攻撃」型の兵種である。政府与党はこれまで、憲法9条のもとでも「自衛隊は合憲」とするために空母や原子力潜水艦などの遠洋まで航行できる兵器を持つことを禁じてきたが、明らかな攻撃専門の兵科である水陸機動団を持つことは平和憲法にも違反している。

「コモンズ」112号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 安倍は辞めろコールの広がり

    2018-4-17

    「森友疑獄」発覚の一歩から一年 渦中の木村豊中市議に聞く(下) ― 官僚に責任押し付ける権力の末路

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る