第11回 国際有機農業映画祭
「いのちを引き継ぐ」テーマに12月3日・東京で

2017年国際有機農業映画祭
 2017国際有機農業映画祭は12月3日(日)に東京・御茶の水駅に近い全電通労働会館ホールで開催します。今年の映画祭のテーマは「いのちを引き継ぐ」です。成長、効率、大きいこと、そんな価値観に覆われた世界で、いのちはとても粗末に扱われてきました。農業の世界も同じです。競争に勝てる“強い農業”を!そんな言葉が飛び交い、効率と成長の名にもとに、土を殺し、虫を、草を絶滅させる農業が世界中に広がっています。

 でも同時に、農の営みは、そうではない“もう一つの世界”を確実につくり出してもいます。自然を丸ごと受け入れ、いのちをつなげていく農業の世界です。今年の映画祭はそうした実践を描く作品を中心に構成しております。上映作品の一つ『我々の土地は今』はアフリカ各地で外国資本から土地を守る農民の運動を描いたものです。地域ごとに異なる生態系に即して営まれるアグロエコロジーの実践を、世界各地から報告したフランスのドキュメンタリー映画『未来の収穫』埼玉県小川町の金子農場も登場します。

 いま世界では種子が資本の手に奪われようとしています。日本でも重要種子の公的管理を定めた種子法が先の通常国会でいきなり廃止になりました。そうした動きに歯止めをかけようと頑張る市民の運動を伝えるアメリカ映画『たね』町の住民が空地を耕す『街を食べる』。水俣の今雨を伝える地元テレビ局制作のドキュメンタリーも、テレビ局の好意で上映できることになりました。
 映画上映と合わせ、三里塚の百姓石井恒司さんらによるシンポジウム「たねっておもしろい」を開催します。

■日 時:12月3日(日)10:00開場―19:45閉会
■場 所:東京・全電通労働会館ホール(JR・地下鉄 御茶の水駅下車)
■公 式:http://www.yuki-eiga.com/

■参加費:一般:前売り2000円/当日2500円
    25歳以下:前売り500円/当日1000円、中学生以下無料
■上映作品
・未来の収穫(フランス)
・生きる伝える“水俣の子”の60年(日本)
・我々の土地は今(フランス)
・たね(アメリカ)
・ユーターン(ルーマニア)
・街を食べる(イギリス) 

(国際有機農業映画祭運営委員会 大野和興)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. TYK高槻生コン

    2018-7-18

    勇気ある一企業の声が突破口開いた-大阪広域協4人組が全面敗訴

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る