報告】変革のアソシエ総会・変革運動を4拠点で構築

変革のアソシエ(第2期)第4回総会
 変革のアソシエは4月22日2017年度年次総会を開催。活動報告と同計画、決算と予算を議決、承認しました。
 今年度総会は、変革のアソシエ第Ⅱ期第4年度に当たります。それを受け、総会では第Ⅱ期活動に総括に向け準備を進めることの必要性が取り上げられました。同時に、組織的には会員数に減少が続き、財政的にも次第に厳しくなっていることが明かになりました。
 以下、総会で採択された2016年度活動報告と2017年度活動改革に関する報告です。

 「変革のアソシエ」は東京・大阪・仙台の三つの活動拠点をもち、さらに沖縄が加わって、相互に連携しながら活動しています。総会ではそうした活動実態に合わせ、それぞれの地域で行ったこの1年間の活動を紹介し、今後1年の活動計画を決定しました。
 三つの活動拠点で共通し強調されたのは、新自由主義的グローバリゼーションの行き詰まりと矛盾の蓄積のなかで、その先を見据える<社会構想>を変革のアソシエ運動として、どう構築するかという課題に向け、動き出していることでした。

 東京、関西では社会的連帯経済の国際的な動きを視野に入れたネットワークづくりや研究活動、東北ではローカリズムに根差した循環型社会に向けての理論と実践の結合の取り組みが強調されています。
 また、変革のアソシエの活動と連携を持つもう一つの拠点は沖縄です。第8期を迎えた「沖縄意見広告運動」に協力することを通して、沖縄問題に接近すると同時に、同じ構造的差別下に置かれた東日本大震災・原発被災地と沖縄とを接合する役割を果たすことか改めて確認されました。

 総会終了後、第2部として記念シンポジウムが開催されました。  
 変革のアソシエ・武共同代表の開会挨拶のあと、記念講演へ。初めに、「資本主義の限界とオルタナティブ」と題して伊藤誠氏(変革のアソシエ共同代表・東京大学名誉教授)が講演。続いて、「社会的連帯経済への道」と題して津田直則氏(桃山学院大学名誉教授・大阪労働学校「社会的連帯経済研究会」主宰)が講演。会場を埋める参加者は熱心に耳を傾けました。

「コモンズ」108号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 安保条約に署名する吉田茂

    2017-2-26

    現在に生き続ける植民地主義<連載第5回> 植民地主義的日米妥協へ

季刊「変革のアソシエ」第34号発行

最近の記事

  1. ■ 編集後記 ●平成から元号が変わる。無論庶民の側からの願いに応えたと言う事ではなく、全て皇室…
  2. 七福神イラスト
    これからの革命興す年が明け 原発の次は辺野古も頓挫する 天皇をヨイショの記事があふれ出る…
  3. 笙野頼子『ひょうすべの国』
    笙野ワールド・魂の連作 汚辱世界と表現で対決 怨念の巫女の口伝のような…    追い詰められた…
  4.  12回目を数える「国際有機農業映画祭」が2018年11 月18日にに法政大学・市谷キャンパスで…
  5. アムネスティ 死刑制度反対
    安倍政権下で相次ぐ死刑執行 国際社会は死刑廃止に大きく前進している  日本で死刑執行が相次い…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. 新年天皇一般参賀(2019)

    2019-2-4

    天皇制と闘うとはどういうことか(6)/菅孝行(評論家) 第六回 象徴天皇制―権力・霊性・日本資本制

  2. F35Bステルス機

    2019-1-23

    新連載】要塞化すすむ南西諸島(1)/小西 誠(軍事評論家)

  3. 土砂投入阻止12・13辺野古集会

    2019-1-22

    2019 辺野古新基地反対闘争の前進へ!/安次富 浩

  4. 韓国・沖縄民衆と連帯しトランプ・安倍両政権を追い詰め、 東アジアから米軍を撤退させていく新しい扉を開こう! ーー日米安保破棄し対米隷従の「この国のかたち」変える時だーー

    2019-1-21

    年頭主張】激動する時代の基本認識と わたしたちの政治・運動戦略の重心

  5. 大阪府警本部前に翻る抗議の連帯旗

    2019-1-15

    獄中よりの新年挨拶/武建一(関生労組委員長)

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る