世界中で人権活動家への弾圧が強まっている
-「過去に例を見ないほど」国際人権団体が警鐘鳴らす

アムネスティニュースレター 国際人権団体アムネスティが世界で人権活動家に対する弾圧が強まっていると警告している。2017年5月18日のアムネスティ国際ニュースは「コミュニティのリーダーや弁護士、ジャーナリストなど人権擁護に取り組んでいる人びとが、世界中で過去に例をみないほどの脅迫、暴力、そして迫害にさらされている」と報じている。

 アムネスティの調べでは昨年、人権のために立ち上がった人びとが、少なくとも94カ国で脅迫や暴力を受け、63カ国で誹謗中傷にさらされ、22カ国で殺害された。
 NGOフロントライン・ディフェンダーの情報では、殺害された活動家は、2015年に156人だったのが2016年には281人と2倍近くに急増した。

 ロシアのプーチン大統領、中国の習国家主席、エジプトのエルシーシ大統領ほか、各国の指導者が、自由、公正、平等な社会の実現に欠かせない人権団体の解体に動いている。

 また今年は、人権活動家の迫害も多発している。
 最近の傾向としては、個人情報を扱う企業から個人の暗証キーを提供させて個人の通信情報を得るなど、テクノロジーとインターネットを駆使して、活動家らを威嚇し口を封じる手口も増えている。

 バーレーンでは、政府がスパイウエアを使って亡命した活動家を追跡、イギリスでは、警察がジャーナリストを監視下に置き、情報源を特定しようとする動きがあった。

 メキシコ、ロシア、スウェーデンなどでは、ネット上にジャーナリストや人権活動家の虚偽情報を流したり、テロリストや外国工作員呼ばわりして、その評判を落とし、社会からの反発を買うよう仕向けている。

 また、刑法、市民法など各種法規を利用した迫害、殺害や強制失踪などもある。

 国連は1998年に採択した「人権擁護者に関する宣言」で、各国に人権のために声を上げる人びとの役割と貢献を認識し、彼らを守る有効な手段を講じるよう求めている。アムネスティは今こそ、各国政府にこの宣言の履行を求めている。

「コモンズ」108号の目次にもどる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

  1. コモンズ最新号目次

特集記事(ランダム)

  1. 川口真由美さんの熱唱

    2018-1-25

    沖縄意見広告運動 第9期スタート!(1) スタート集会が熱気と盛況のうちに開催

緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

最近の記事

  1. 書評『中国の情報化戦争』ー米中戦争の熱い核心に迫る
    本書は、アメリカの保守系シンクタンクの中国系米国人研究者が人民解放軍の軍事戦略・情報化戦争を解析した…
  2. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」
    反安倍政権の大衆運動を展開してきた勢力の支配的言論は、何故かくも天皇に対して恭(うやうや)しいのだろ…
  3. 中国が建造した空母「遼寧」
    前号でのインタビューに続いて軍事専門家小西誠さんのお話を聞く。自衛隊基地は、具体的にどのような目的の…
  4. 不正ハンター・たかひら正明さん
    スーパー市民派 ウヨ・維新退治に挑む不屈の日々 ムラ型政治に新風吹込む たかひら正明さん  大…
  5. なかま イメージ写真
     昨年12月18日、関西「業種別職種別ユニオン運動」連絡会結成シンポジュームが、関西生コン支部が資本…

職場・労働相談はこちら(外部リンク)


連帯労組の闘い ↑ 映画「フツーの仕事がしたい」より 労働相談は連帯ユニオン

特集(新着順)

  1. ブリューゲル「野外での婚礼の踊り(部分)」

    2019-2-23

    天皇制と闘うとはどういうことか(7)/菅孝行(評論家) 幻想の共同性を踏み越えて隣人の相互信認へ

  2. 中国が建造した空母「遼寧」

    2019-2-22

    連載】要塞化すすむ南西諸島(2)/小西 誠 米軍の対中封じ込めに高まる緊張と自衛隊

  3. なかま イメージ写真

    2019-2-19

    関西「業種別職種別ユニオン運動」研究会発足の意義/木下武男

  4. ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?

    2019-2-18

    緊急出版「ストしたら逮捕されまくったけど それってどうなの…」

  5. 1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

    2019-2-14

    1・28衆院院内集会 関西生コン弾圧事件の真相を暴く

バックナンバー

カテゴリ一覧

本日
昨日
累計
FROM 2014/01/01
ページ上部へ戻る